SF・ファンタジー

『イヴの時間 another act』あらすじ・感想|心を持つアンドロイド|吉浦康裕×水市恵

この記事に書かれていること
  • 『イヴの時間 another act』ノベライズあらすじと感想・レビュー
  • アンドロイドの心
  • ピアノを弾かなくなったリクオ
  • サミィの気持ち
  • ピアノロボット・ケンゴ
  • 人間とアンドロイドの調和

少しだけネタバレあります。

人間とアンドロイドを区別しない!?

水市恵さんの小説『イヴの時間 another act』感想です。吉浦康裕監督のアニメ『イヴの時間』のノベライズ版。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
めちゃめちゃ良かった。

アニメから入り、その空気感に魅了されて小説にも手を出しました。アニメの雰囲気を壊すことなく、小説ではオリジナルの1話が追加されています。

『イヴの時間 another act』あらすじ・評価

人気アニメのノベライズ版

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ピアノの感想を求めると、ハウスロイドのサミィは一言「楽曲です」と言った。・・・わかってた。ロボットに感情はないことを。ある日、サミィの行動記録に不審を抱いたリクオは、親友のマサキとともに確かめにいく。たどり着いたのは、人間とロボットの区別をしない不思議な喫茶店「イヴの時間」だった。

『イヴの時間 another act』感想

アニメ『イヴの時間』小説版。アニメの空気感を壊すことなく描かれていて、とても良かったです。

アニメはこちら

アニメのストーリーをそのままなぞっているけど、マサキとハウスロイドのお話、リナ&コージのお話がカットされていました。その代わり、オリジナルでリクオのピアノの話が追加されています。

『イヴの時間 another act』のメインは、ピアノを弾かなくなったリクオの過去と現在。

リクオの心情と、ピアノに対しての思いが細かく描写されていました。オリジナルの1話が追加されて、アニメの延長線上で繋がっているような感じです。

心を持つアンドロイド

『イヴの時間 another act』テーマは 「アンドロイドの心」 です。

アンドロイドたちは、みんな人間と同じように 「心」 を持っていました。彼らの 「心」 に触れることで、主人公のリクオの気持ちにも変化が訪れる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「イヴの時間」 では 人間もアンドロイドも調和していて、とても心地が良かった。

人間とアンドロイドが調和できる場所、喫茶店 「イヴの時間」 でのひとときに安らぎを感じます。そして様々な思いが交差してて濃い。

  • アンドロイドだったアキコ
  • 名前を名乗れない、かとらん
  • ハウスロイド・サミィ
  • チエの里親・シメイ
  • ピアノロボット・ケンゴ
ひつじくん。
ひつじくん。
アンドロイドなのに、みんな大切な誰かを思っているんだね。人間と変わらないや。

ピアノを弾かなくなったリクオ

高校生のリクオは、かつてジュニアピアノコンクールで優勝した経験を持つ少年。でも彼の心は あることをきっかけに傷ついていました。

「グランプリになっても仕方ないんだよ。僕より巧いアンドロイドがいるんなら、僕が弾く意味なんてない」

コンクール会場で余興として出演・演奏したピアノロボットの方が、優勝したリクオよりもピアノが上手だった。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
せっかく優勝したのに・・・。私も同じ立場だったらイヤになるかも。

人間とアンドロイド。人間の生活を豊かにするために作られたロボットですが、いつしか人間を超えてしまう。そうなったとき、人はどうするのか。

ひつじくん。
ひつじくん。
これからの未来を見据えた課題。複雑な気持ちになる。

前に読んだ逸木裕さんの小説『電気じかけのクジラは歌う』を連想しました。

『電気じかけのクジラは歌う』あらすじ&感想・レビュー|逸木裕|ヒトはAIと共存できるのか?逸木裕さんの小説『電気じかけのクジラは歌う』あらすじと感想・レビューです。ネタバレあります。運命を狂わされた作曲家たち、『Jing』アプリ、タイトルの意味と52ヘルツの鯨、AIとの共存について書いています。...

人工知能が作曲をするアプリが普及し、作曲家が絶滅した社会を描いたお話です。創作に意味はあるのか?と問いかけていました。

作曲もピアノ演奏も、その意味を問うのはダメなんです。大切なのは自分の気持ち。それについては後ほど・・・。

人間がピアノを弾くよりもアンドロイドの方が心に響く演奏をした時から、リクオはピアノを弾くのをやめました。

ハウスロイド・サミィの気持ち

「イヴの時間」 でのサミィは表情豊かでした。リクオの家のハウスロイド。家にいるときは感情を一切出さないから別人のようです。

「イヴの時間」 に寄り道していた彼女は、そのことをリクオには内緒にしていました。リクオを傷つけたくないという気持ちからです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
サミィの気持ちが温かい。

コンクール以来、ピアノを弾かなくなったリクオ。アンドロイドの方が上手かったけど、サミィにはある思いがありました。

「私……、昔リクオさんが弾いていたのを、その……好きだったんです」

リクオが弾くピアノが好きだったと言うサミィ。アンドロイドだけど気持ちがしっかり描かれていました。

ピアノを弾けなくなったアンドロイド・ケンゴ

オリジナルの章では、ピアノロボット・ケンゴが 「イヴの時間」 に訪れます。コンクールで人間よりも上手くピアノを弾いたアンドロイド。

でもケンゴもリクオと同じで、ピアノを弾けなくなっていたのです。

私はピアノを弾くとき、何も考えていなかったのです。演奏が誰かを悲しませることになるなんて思いもしなかった。誰かを悲しませるのがこんなにも辛いことだったなんて、考えもしなかった。

ケンゴは コンクールでピアノを弾いて、リクオを悲しませたことを後悔していました。だからケンゴもそれ以来、ピアノを弾けなくなっていた。

相手を思い、悩むこと。

「心」 があって、相手を思いやる気持ちもあって。「イヴの時間」 では 人間もアンドロイドも変わらないんですね。

ケンゴの気持ちにふれたリクオは、彼を励まして仲直りしようとします。「イヴの時間」 を訪れる前は アンドロイドに心はないと思っていたけど、彼らにも心があるとわかりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
リクオの気持ちの変化にも注目。

人間とアンドロイドの調和

大切なのは

ピアノの演奏が 「好き」 という気持ち。・・・たとえ、アンドロイドの方が上手くても。そして人間とアンドロイドが調和すること。

『電気じかけのクジラは歌う』も、本作『イヴの時間』でも、人間よりも優れたアンドロイドが出てきました。

人間よりもアンドロイドの方が優れているなら、人間が演奏する意味はあるのか?

ひだまりさん。
ひだまりさん。
意味を問うと、分からなくなるんだよね。

でも、なぜ演奏をするのか。・・・そう考えると自ずと答えは見えてきます。

演奏するのが好きだから。

ひつじくん。
ひつじくん。
初心に帰れ・・・ということか。

リクオがピアノロボット・ケンゴに自分の気持ちをうち明けたこと、ケンゴがリクオに話したこと。『イヴの時間』では アンドロイドも人間と同じように感じました。

人間とアンドロイドが調和することで、お互い吹っ切れる思いもあるんですね。

『イヴの時間 another act』アニメも小説もオススメ!

小説版『イヴの時間 another act』は、リクオの心と、アンドロイドの心が詳細に描かれていました。では、アニメでは描かれていないのか?というと、そうではありません。

アニメにはアニメの、小説には小説の良さがそれぞれ出ていました。どちらもオススメです。

アニメのレビュー

こんな記事もあります

面白いおすすめSF小説
面白いから読んでみて!SF小説おすすめ|初心者にも読みやすい短編からハード長編まで面白いおすすめSF小説を厳選しました。初心者向け読みやすい日本のSF小説、ヒヤリとするホラーSF小説、ガッツリ読みたい海外ハードSF小説を紹介します。読書の参考に。...
読まなきゃ損!心に残った本
読まなきゃ損!心に残った本15選|2019年に読んだ面白かった小説読まなきゃ損!2019年に読んだ心に残った本を紹介しています。SF・ファンタジー、ミステリー、名作・ほっこり癒され小説から15冊を厳選しました。読書の参考にして下さい。...
アニメ化してほしい小説を厳選
アニメ化してほしい小説|アニメにピッタリな本 (ラノベ以外) を厳選してみた実際に読んだ小説から、アニメ化したら面白そうなものを集めました。ファンタジー、SF、ミステリー・ホラー小説です。どれも逸品なので本もおすすめ。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら