ミステリー・サスペンス

『太陽は動かない』あらすじ&感想 (ネタバレ解説) 吉田修一 / 産業スパイ小説の結末は?

この記事に書かれていること
  • 吉田修一さんの小説『太陽は動かない』あらすじと感想・ネタバレ
  • 『太陽は動かない』原作小説の登場人物と映画のキャスト
  • 鷹野&田岡コンビの過酷な活動
  • 宇宙太陽光発電をめぐる暗躍
  • 簡単な解説とアンディ・黄の企み
  • ハマれなかった理由
  • 結末と続編について

ネタバレあります。ご注意ください。



裏で糸を引くのは―。

吉田修一さんの小説『太陽は動かない』感想です。ハードボイルド小説、産業スパイものです。展開が早くスピード感がありました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
映画&連続ドラマ化になるんですね。

鷹野一彦シリーズは『太陽は動かない』『森は知っている』『ウォーターゲーム』の3部作。

映画は2020年5月に公開予定。(『太陽は動かない』と『森は知っている』を基に制作) ドラマ版は WOWOWにて放送予定です。

『太陽は動かない』あらすじ・評価

産業スパイ小説

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
新油田開発利権争いの渦中で射殺事件がおきた。AN通信の鷹野一彦は、部下の田岡と共に背後関係を探っていた。ウイグルの反政府組織による爆破計画の噂もあるなか、田岡が何者かに拉致された・・・。陰で糸引く黒幕の正体は?

『太陽は動かない』原作小説の登場人物とキャスト

原作小説の登場人物とキャストをまとめました。

登場人物とキャスト
  • 鷹野一彦 (藤原竜也)・・・AN通信情報部の情報員
  • 田岡亮一 (竹内涼真)・・・AN通信情報部の情報員 (鷹野の部下)
  • 青木優・・・AN通信上海支局の文化記者
  • 風間武・・・AN通信情報部の部長
  • AYAKO・・・謎の美女
  • デイビッド・キム・・・鷹野の商売敵
  • アンディ・黄・・・香港トラスト銀行の頭取
  • 五十嵐拓・・・民主党の代議士
  • 丹田康祐・・・五十嵐の秘書
  • 広津陸・・・太陽光パネルの改良版を作った人物
  • 河上満太郎・・・MET (日本の大手電気メーカー) の取締役

登場人物が個性的でした。主人公・鷹野や田岡もそうですが、ハンサムなデイビッド・キムに、謎の美女・AYAKO。

ひつじくん。
ひつじくん。
みんな、アクが強い。

代議士・五十嵐と丹田コンビも良い味だしています。最初は登場人物があまり好きになれなかったけど、最後まで読むと愛着が持てました。

『太陽は動かない』感想・レビュー (ネタバレ)

様々な要素がてんこ盛りでした。正直、リアル感に欠ける展開です。でも読んでいくうちに面白くなってきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラスト、鷹野の生い立ちが分かるシーンは切なくて泣けました。
ひつじくん。
ひつじくん。
終わりよければ全てよし。

【産業スパイ】AN通信・鷹野&田岡コンビの過酷な活動

『太陽は動かない』は 産業スパイ小説です。

産業スパイとは

企業の秘密情報を不正に入手して高値で売りつける人たち。

情報を欲しがっている人はたくさんいますからね。

AN通信は 表向きアジアの情報を発信していますが、裏ではスパイ活動をしていました。主な諜報員は鷹野と田岡です。

危険な状況にあると分かれば、俺たちは一瞬で消される。

彼らの胸に埋め込まれている爆破装置。タイムリミットは24時間です。連絡が取れなければ爆発します。

恐ろしいですね。

1番の読みどころは過酷なスパイ活動

田岡が拉致されて爆破会場で放置されたり、鷹野が乗ったヘリが撃ち落とされたり、沈んでいく船の中に置き去りにされたり・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
めちゃくちゃハード。
ひつじくん。
ひつじくん。
命がいくつあっても足りないよ。

映像化が不可能と言われていた本作。原作小説を読んで納得でした。ハードすぎますもの・・・。

これが映画になるのだから楽しみです。

宇宙太陽光発電をめぐる暗躍

香港トラスト銀行頭取のアンディ・黄と中国のCNOXが暗躍を繰り広げます。

アンディ・黄と中国のCNOXが手を組んで、油田より魅力的なものを狙ってるってことですか?

油田より魅力的なもの → 宇宙太陽光発電です。

宇宙太陽光発電(うちゅうたいようこうはつでん、英:Space-based solar power、略記 SBSP)とは、宇宙空間上で太陽光発電を行い、その電力を地球上に送る、というコンセプト、アイデアである。―Wikipediaより

すごい技術ですね。裏で糸を引くアンディ・黄の思惑に気づかずに、日本では国家プロジェクトが進んでいました。



簡単な解説とアンディ・黄の企み

少し展開に混乱したのでまとめました。

簡単な解説

MET (日本企業) は CNOX (中国企業) と手を組み普通の太陽光発電事業を進めていました。政治家も絡んだ国家プロジェクトです。

でもアンディ・黄と裏で繋がっているCNOXは、METの蓄電池技術が欲しかっただけなのです。

METとの計画はフェイクだ。・・・・・・最初から、旧式の太陽光発電になんて興味がない。ただMETが開発した新型蓄電池の技術が欲しかっただけだ

アンディ・黄の企み

CNOX は MET と組んで普通の太陽光発電事業を進めるが、実はフェイク計画 (蓄電池技術を手に入れるのが目的) だった。全ては CNOX と裏で手を組んだアンディ・黄が宇宙太陽光発電事業で他を出し抜くため。

ひつじくん。
ひつじくん。
この情報を鷹野は METの取締役・河上に伝えるんだよね。

産業スパイと聞くと顔をしかめてしまうのですが、鷹野たちが抜いた情報は日本の役に立つんです。それによって計画が破綻したりと、様々な人の思惑が渦巻いていました。

世の中に存在している貴重な情報。取扱いは慎重にしないといけませんね。

AN通信の彼らを見なおしました。

ハマれなかった理由

面白かったけどハマれなかった理由を考えてみました。

良かったところ

  • スピーディだからドキドキした
  • 鷹野の生い立ちが泣ける

イマイチだったところ

展開がワンパターン

  1. 誰かが敵に捕まる
  2. 助け出す

これが3回繰り返されます。捕まるのは田岡、鷹野、謎の美女・AYAKOの順でした。

鷹野と田岡の絆が強くなるのが実感できたのには ジーンとしました。・・・が、3回も似たような展開だと もういいかなと。

ホッとした結末と続編『森は知っている』

鷹野&田岡コンビに加え代議士・五十嵐らによって中国の出し抜きは阻止されました。結末にホッとします。

『太陽は動かない』は 続編『森は知っている』『ウォーターゲーム』と続きます。『森は知っている』は 鷹野の過去が描かれているようなのでエピソード0的なお話かな。

気が向いたら読んでみます。

他にもあります

WOWOWドラマ原作本のレビュー

こちらもオススメ

一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
薬丸岳 おすすめミステリー小説 / 迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA