SF・ファンタジー

ディストピア小説『うそつき、うそつき』清水杜氏彦 / 小説のあらすじと感想

この記事に書かれていること
  • 清水杜氏彦さんの小説『うそつき、うそつき』あらすじと感想
  • 「首輪」で管理されたディストピア社会
  • 首輪除去技術を持つ少年・フラノ
  • 嘘と真実
  • 結末について

少しだけネタバレあります。

残酷な嘘と真実

清水杜氏彦さんの小説『うそつき、うそつき』感想です。表紙のイラストが可愛いのに中身はとても残酷。初めて読む作家さんでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かったけど、残酷。

『うそつき、うそつき』あらすじ

近未来を描いたディストピア小説

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
首輪型嘘発見器で国民を管理する近未来。少年・フラノは、首輪を除去する仕事をしていた。でもそれは違法・・・。ディストピア世界で必死に生きる少年の物語。

『うそつき、うそつき』感想 (ネタバレあり)

すごく残酷なお話でした。ラストが・・・。面白くて読むのを止められなかったのですが、救いがなくてショックを受けました。

ディストピア青春ミステリ

まさにディストピア青春ミステリ。最初 SFなのかなと思って読み始めましたが、ミステリー感が強かったです。ここで描かれている世界が斬新でした。

国民が嘘発見器 「首輪」 で管理されたディストピア社会。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
首輪で国民を管理?ずーっと嘘発見器をつけて生活するってどうなの?

想像するとゾッとします。首輪を付けるのを義務化されて、人々は心の内を他人に知られることを余儀なくされる・・・。

  • 嘘なら → 首輪は赤。
  • 真実なら → 首輪は青。
ひつじくん。
ひつじくん。
嘘がバレバレだね。

心の中が相手に知れてしまう社会。『うそつき、うそつき』では、喋らなければ首輪が赤く光ることはありません。でもそんなことムリです。

外そうとすると首輪が締まる設定になっていて、首輪によって殺されてしまう人たちも続出します。こんな不便で恐ろしい世界は絶対ありえないけど、すんなり物語に入れました。

首輪除去技術を持つ少年・フラノ

主人公はフラノ、首輪除去技術を持つ少年です。

こういう社会では 必ず首輪を外したくなる人たちが出てくる。非合法ですが フラノは除去技術で生計を立てていました。

首輪を外したいと願う人も外してあげるフラノも危険と隣り合わせです。一歩間違えれば2人とも死んでしまう可能性もあるから。

失敗した時の人を死に至らしめてしまった時のフラノの心情が痛いほど胸に刺さりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
マミの除去シーンが辛かったです。泣いてしまいました。

首輪には種類があります。

  • ルル・・・4歳~中学生まで。
  • ブルーノ・・・中高生~中年まで。
  • パルファン・・・70歳以上の高齢者など。
  • ロールシャハ・・・前科者や犯罪者予備軍。
  • レンゾレンゾ・・・謎が多い。時限装置付き。

その中でも、ある特定の人にしか付けてない 「レンゾレンゾ」 。滅多にお目にかかれない、そして外すことが不可能な首輪です。

フラノには願いがありました。

ある人のために 「レンゾレンゾ」 を外す技術を身につけること。

その思いがあったからこそ彼は首輪除去をし続けていたのですね。

出会いと別れ

ピッピと出会ったフラノは疑心暗鬼にかられます。

父親はあの男に殺された?

混乱しました。・・・みんな嘘ばかりです。ピッピも、師匠も、サクラノさえも。嘘の中にも真実があったりするからタチが悪い。

どれが嘘でどれが真実なのかわからなくなりました。

クールハースとフラノのひとときは真実に満ちていたと思います。彼らが 「レンゾレンゾ」 のカラクリを解き明かそうとしているシーンは心温まりました。

嘘と真実

嘘は必要不可欠なもの。

嘘がない世界になんて暮らしたくないです。心のうちを読まれてしまうなら 接客業なんて成り立たないかも・・・。人間関係もギクシャクしそうです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人との関係を上手く保つために私も嘘をつきます。・・・というかバレなければ嘘ではない、と。

三谷幸喜さんの舞台 「君となら」 を連想しました。

主人公・あゆみを竹内結子さんが演じておられます。1つ嘘をつくと辻褄を合わせるためにたくさんの嘘をつき続ける。その連鎖を面白可笑しく描いたお話です。

嘘をつく時って、たいがい自分のための嘘ですね。でも人のためなら構わない (・・・と思っています)

嘘があふれた世界では本当のことを知りたいと願う。たとえ嘘だったとしても、最後の最後までつき続けたものは真実になり得るんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
嘘と真実って紙一重ですね。

哀しい結末

ラストは 賛否両論かもしれません。

ショックを受けました。フラノが行っていたことは非合法で人殺しで倫理から外れています。でも それを言うならこのクレイジーな世界はどうなの? と。

国民を 「首輪」 で支配するディストピア。こんな世界では暮らしたくない。哀しい結末でした。

オススメ小説集めました

一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
薬丸岳 おすすめミステリー小説 / 迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら