日々のこととブログについて

読みやすい文章・ブログを書くために気をつけていること

読みやすい文章・ブログとは?

ブログを書くとき 読み手の目線を考えるのはとても重要です。前回の記事で、ひだまりさん。は自分の書きたいことを自由にアップする・・・と書きました。

ブログを長く続けるコツは? 気づいたら5年が経っていて文章力が上がっていたブログを始めて、気づいたら5年が経っていた。 こんにちは。 2014年2月に始めたこのブログも、今年で5年目を迎えました。FC2...

ブログは楽しんで書くというのが私のスタンスです。気ままに書いていますが、そんな私でも気をつけていることがあります。

なるべく読みやすい文章を書くこと。居心地の良いブログにすること。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも読みやすい文章って、どういうの?

今日は、ひだまりさん。が感じる読みやすい文章・ブログを考えてみたいと思います。

ブログを書く時に気をつけていること

まずは、ひだまりさん。がブログを書く時に気をつけていることです。

気をつけていること

  • 一文を短くする
  • 改行をしすぎない
  • 段落ごとにまとめる
  • 文字がかたまりすぎないようにする
  • 漢字を使いすぎない
  • まとまりがない時は箇条書き (リスト) にする
  • 装飾しすぎない
  • 文章にメリハリをつける
  • です。ます。・・・などの末尾に気を配る
  • 必ず1日~2日寝かせて添削をする

・・・こんなところでしょうか。では 詳しくみていきます。

一文を短く、改行の多用は避ける

その1

  • 一文を短くする
  • 改行をしすぎない

文章を書くときに一文を短くするようにしています。長々とした文章よりも短いほうが読みやすいし、スッキリまとまると思うからです。それから改行を多用しない。

例えば・・・

たまに文章の途中で改行している人がいますが、
これだと読みにくくないですか?
パソコン表示だとよくても
スマートフォンから見たときに変に感じます。

文章の途中での改行は、とても読みにくいです。パソコン表示とスマートフォン表示、どちらも確認しましょう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
今はモバイルファースト。パソコンで見る人よりも、スマートフォンで見る人の方が圧倒的に多いですよ。

段落ごとにまとめよう!

その2

  • 段落ごとにまとめる
  • 文字がかたまりすぎないようにする
ひつじくん。
ひつじくん。
これは少し分かれるかもね。

文章ごとの改行ではなくて、できるだけ段落ごとの改行にしています。他のブログを訪問していると一文ごとに改行している人が多い印象です。

実はブログを始めた初期のころは、私も一文ごとに改行をしていました。でも途中からやめたんです。・・・なぜかと言うと パソコン画面で見たときに端っこによってしまうから。

パソコンの画面って今は広くなっていますよね。短い一文ごとに改行していたら文章が右側によってしまい左側が空いてしまう・・・。

要はバランスの問題です。Akiraさんの記事にも詳しく書かれていますので良ければこちらも合わせてどうぞ。

始めは違和感がありましたが、読み慣れると段落ごとに改行した方が読みやすいです。でも一段落が長いと文章が固まってみえてしまいます。それはそれで読むのが億劫になる。そういう時は一行開けるようにしています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
文章を読み慣れた人だったら良いけど、そういう人ばかりじゃないですからね。

漢字とひらがなのバランスは最適?

その3

  • 漢字を使いすぎない。
  • まとまりがない時は箇条書き (リスト) にする

漢字とひらがなのバランスを考えるようにしています。漢字ばかりだと硬い文章になってしまう。逆にひらがなばかりだと読みにくい。なにごともバランスですね。

文章にまとまりがない時は 箇条書き (リスト) にしてみるとスッキリする場合があります。ul、ol、li タグです。長々と文章で書くよりは要点がわかって読みやすくなります。

カラフル過ぎるのは目が疲れる。適度にメリハリをつけよう

その4

  • 装飾しすぎない
  • 文章にメリハリをつける

たまにすっごくカラフルなブログを見かけます。強調したい気持ちはわかるけどカラフル過ぎるのは目が疲れてしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
マーカーの使いすぎ、文字の色がカラフルすぎなど。どの文章を強調したいのかわからない。

では何も装飾してない文章が良いのかというと、そうでもありません。今度は平坦な感じがして、これまた読みにくい。適度にメリハリをつけましょう。

よくありがちな動くアイコン。

SNSアイコンなどにアニメーションを加えてずっと動かしているのを見かけますが、控えめに言ってもうざい。記事を読むのに気が散ってしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どんなに良い記事でもそれだけで画面を閉じたくなってしまう。・・・もう少し読み手のことを考えましょう。

意外と忘れがちな文章の末尾

その5

です。ます。・・・などの末尾に気を配る

意外と忘れがちなのが文章の末尾です。同じ言葉が続くと文章を書き慣れていないのかな?と思ってしまいます。

例えば・・・

このトレンチコートは軽くて着やすいです。ストレッチがきいているので動きやすいです。シワにもなりにくいので旅行にも良いです。

ちょうどお店にトレンチコートが入荷したので、おすすめポイントをあげてみました。末尾が 「~です。」 と3回も続くと平坦な感じがしませんか?

同じ文章の末尾を変えてみました。

このトレンチコートは軽くて着やすいです。ストレッチがきいているので動きやすいですよ。シワにもなりにくいので旅行にも良いですね。

末尾に変化があった方が違和感がないです。ロボットのような文章 → 感情が込められた文章に変わりました。

1番重要なのは添削作業

その6

必ず1日~2日寝かせて添削をする

記事をアップするとき、書き終わったらすぐアップしますか? それとも1日寝かしますか?

ひだまりさん。は、必ず何日か記事を寝かせています。最低でも1日寝かせて3、4回は読み直して添削作業をする。手間がかかるけど これはけっこう重要だと思っています。

読み直すと

  • 誤字脱字なども発見できる
  • 文章の末尾にも気をくばれる
  • 無駄な文章を省ける

意外と無駄な文章が多いんですよね。いらないと思うものは削ったりして文字数を減らすとスッキリします。

ブログを書くときって一気にガーっと書くんです。でも次の日に読んでみると、この文章恥ずかしいわと思って削ったり・・・。1日置いて冷静になったときに、もう1度読み直すのも大切です。

まとめ

読みやすい文章・ブログを書くときに気をつけていることでした。

まとめ
  • 一文を短く、改行の多用は避ける
  • 段落ごとにまとめる
  • 漢字とひらがなのバランス
  • 装飾しすぎない。適度にメリハリをつける
  • 箇条書き (リスト) にして見やすく
  • 文章の末尾に気を配る
  • 必ず読み直して添削作業をする

一見面倒ですが慣れるとそうでもないです。こういう作業を繰り返すことで文章力がついたりするんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
参考にして頂ければと思います。
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA