懐かしの教科書・古典

『平家物語』古川日出男(訳)【あらすじと感想】栄華から没落へ・・・

この記事に書かれていること
  • 古川日出男さん (訳)『平家物語』あらすじと感想
  • 平氏の栄華と没落の物語
  • 幼帝・安徳天皇の入水
  • 読み終わって感じたこと

平家の栄華と没落の物語

古川日出男さん (訳)『平家物語』感想です。『平家物語』って、ちゃんと読んだことなかったんですよね。有名な敦盛の最期や、弓の名手・那須与一のところは学校の教科書で習ったので知っていましたが。

古川日出男さんの完全訳で発売されたときに買おうか迷い、けっきょく図書館で借りることにしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
2回に渡り、古川さんの『平家物語』のレビューを書いています。

『平家物語』あらすじ

都を追われはじめた平氏は・・・

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
時代は平安末期。平清盛を主として栄華を極めた平氏一門。しかし、それも長くは続かなかった。源氏により都を追われはじめるのだった・・・。

『平家物語』感想 (1)

これは手元においてじっくり読みたい類の本です。800ページ越え、2週間で読みきれるかしら・・・と思いつつも面白くて読み切れちゃいました。

源平合戦のあたりは、一気に読んでしまいました。

平氏の栄華と没落の物語

『平家物語』はひとことで言うと、平氏の栄華と没落の物語です。

源氏なども出てきますが、スポットが当たっているのは やはり最後まで平氏。平清盛 (たいらのきよもり) の時を盛りに徐々に没落してゆく。盛者必衰です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
壇ノ浦の入水で全て滅んだと思っていたのですが、そうではなかったんですね。

最後に生きのびた平家のその後が語られていました。ある者は生きたまま捕えられて斬られ、流され・・・。

始まりが平清盛による栄華の絶頂期だっただけに、なんとも哀れ・・・というか切なくなってしまいました。

建礼門院 (けんれいもんいん) について語られているところは心が折れそうになります。彼らの栄華は終わってしまえば夢のような儚いもののように思えました。

年齢について

最後にあとがきを読んだのですが、最初に読めば良かった!と思いました。そう思ったわけは 年齢についてなんです。

数え年です。全く気にせず読んでいましたが、これから読まれる方は年齢にも注目するとよいですね。

check!

数え年とは お腹の中にいるときに0歳、生まれた時に1歳とする数え方です。そして新年には+1歳、すなわち2歳となります。

ひつじくん。
ひつじくん。
実際はみんなその年齢よりも幼い!!ということだね。

幼帝・安徳天皇の入水

あとがきを読んで心に浮かんだのはただ1人、安徳天皇でした。

安徳天皇というひとを知っているでしょうか?

高倉天皇と徳子 (後の建礼門院) の子供です。かぞえ年3歳(満1歳4か月)で即位しなければならなかった幼少の天皇です。

壇ノ浦で 二位尼 (にいのあま) に抱かれながら入水するところは有名ですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
おぼろげながら幼子とは知っていたのですが、わずか6歳だったとは・・・。

平清盛が亡くなり衰退の一途をたどる平家。やがて木曽義仲により都を追われ、義経などの源氏軍に追い詰められる。壇ノ浦の戦いで彼らの多くが海に沈んだといいます。

平知盛 (たいらのとももり) も。そして幼帝・安徳天皇と祖母・二位尼の言葉に胸がきゅっと締めつけられました。

「尼ぜ、私をどこへ連れてゆこうとするのか」「波の下にも都がございますよ」

・・・(涙) 無常です。
母の建礼門院も入水しますが助かるんです。平家が滅び鎌倉の時代になっても ひっそりと亡くなった人を弔いながら生きる。

最後は 建礼門院と付き添いの女房たちが亡くなって幕を閉じます。・・・まさに最初から最後まで平家の物語なのですね。

読み終わって感じたこと

この物語には、たくさんの人々が出てきます。

平家だけでも盛り盛りづくしなのに、源氏サイド、藤原氏、法皇の系統、更には白拍子なども・・・。

英雄のように描かれていれば 人間の弱さをそのまま描いているところもあって、登場人物たちが身近に感じられました。

平清盛の勝手気ままな傍若無人ぶりには眉をひそめましたが、重盛の温情ある人柄にはジーンときました。でもイイ人ほど早く亡くなってしまう・・・。世の常なんですかね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
たまらなく悲しくなりました。

最後が建礼門院のお話だったからかもしれません。面白いエピソードや心温まるものもあったんですが。

『平家物語』が親しまれるのは 人間の弱さがそのまま描かれているから。

ひつじくん。
ひつじくん。
美談にしていないところが良いね。

*次回のレビューに続きます。源氏サイドから1人、平氏サイドから2人をピックアップしました。前々から好きな人物たちです。

木曽義仲、平敦盛、平知章、それぞれの最期『平家物語』古川日出男(訳)『平家物語』のあらすじと感想です。木曽義仲や平敦盛、そして平知章の最期にもふれています。平家の繁栄から没落までが書かれていました。かなり面白かったです。読み終わってみると平家の栄華は儚く思えました。...

他にもあります

教科書の名作
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA