懐かしの教科書・古典

『ごんぎつね』悲しいラストの解釈・解説、教科書あらすじと感想文 / 新美南吉が伝えたいこと

ごんぎつね
この記事に書かれていること
  • 教科書作品 新美南吉『ごんぎつね』あらすじと感想・レビュー
  • 悲しみを誘う『ごんぎつね』
  • ごんの後悔
  • ごんの償い
  • 【解釈】「ごんぎつね」 のラストと ごんの気持ち
  • 【考察】作者が伝えたいことは 「贖罪」
  • 兵十の気持ち

ネタバレあります。

悲しいラストが意味するのは?

新美南吉さん『ごんぎつね』感想です。小学4年生の教科書に掲載されている作品。ラストが悲しいので、トラウマになっている人もいるかもしれませんね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
大人になてから読むと、感じ方が違うことに気づきました。

ごんも可哀想だけど、実は 兵十も辛いのではないかと。

『ごんぎつね』あらすじ・評価

泣ける!教科書の名作

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
イタズラばかりしている小ぎつね・ごん。ある日、兵十が川で魚を捕っているのを見つけ、イタズラ心から 彼が捕った魚やウナギを逃がしてしまう。それから十日ほど後、兵十の母は亡くなった。ごんはウナギを逃がした後悔から、鰯、栗や松茸などを兵十の家に届け続ける。やがて、ごんが家に忍び込んだ気配に気づいた兵十は 悪戯に来たのだと思い、ごんを撃ってしまうのだった・・・。

『ごんぎつね』感想・レビュー

私が読んだのは『もう一度読みたい 教科書の泣ける名作』に収められている『ごん狐』です。

ラストだけは強烈に印象に残っていました。後味が悪いというか、切ないというか・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
楽しい話じゃないから、子どもの頃は あまり好きじゃなかった。

でも大人になって読んでみると なかなか深いお話だと感じました。ごんの気持ちと 兵十の気持ちの両方を想像できるからです。

悲しみを誘う『ごんぎつね』

『ごんぎつね』が こんなにもインパクト大なのは、兵十がごんを火縄銃でうってしまうラストにあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
兵十の最後の言葉は、未だに忘れられない。

呆然とする兵十と倒れたごん。イタズラをしたごんの贖罪の気持ちは、彼が死んではじめて兵十に伝わったワケです。知らなかったとは言え、兵十は・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
悲しさを誘うラスト。

そう言えば、以前に小学生が書いた感想文が話題になりました。

「ごんがかわいそう」 という感想の一方で、「やったことの報いは必ず受けるもの」 と、ごんに対してシビアな感想を持った子もいたという記事。

様々な感想がでてくる『ごんぎつね』。悲しみの余韻が後をひきます。

イタズラ好きの小狐・ごんの後悔

ごんは兵十にいたずらをします。兵十が捕まえた魚やうなぎを逃がしてしまう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ごんは寂しかったのかな。

いたずらをするのは 裏を返せば、誰かに構ってもらいたいからです。

ごんは一人ぼっちでした。ごんの気持ちがわかるから、悪戯はいけないことだけど赦したくなってきます。

やがて兵十のお母さんが亡くなり、彼も一人ぼっちになる。

ちょッ、あんないたずらをしなけりゃよかった。

ごんが後悔したのは兵十が捕ったうなぎを逃がしたこと。分かりやすく まとめました。

ごんが後悔したこと
  • 兵十のお母さんは床についていて、うなぎが食べたいと言ったにちがいない
  • イタズラをしたために、うなぎを食べさせてあげることができなかった
ひつじくん。
ひつじくん。
ちょっとした悪戯だけど、後悔することってあるよね。

ごんは申し訳ない気持ちでいっぱいになります。兵十も一人ぼっちになって、ごんは親近感がわいたのかもしれません。

ごんの償い

ごんは うなぎを逃がしたかわりに、鰯 (いわし) を盗んで兵十の家に放り投げました。・・・でも 兵十は盗人と思われて ぶん殴られてしまったようです。

兵十の顔に傷がついてるのを見て、今度は山で拾った栗や松茸を届け始めました。

反省して償う気持ちが大切。

少しの過ちは誰にでもあるものです。やってしまったことは消せません。だから後悔して、自分がやったことに ちゃんと向き合うことが大事です。

たとえ相手に伝わらなくても、償う気持ちは尊く感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
償いって 見返りを求めるものではないけど、ごんの気持ちが兵十に伝わっていたら思うと切なくなった。

そうしたらまた違った結末になっていたかもしれませんね。

【解釈】「ごんぎつね」 の悲しいラストと ごんの気持ちを解説

小学生のとき、教科書で初めて『ごんぎつね』を読んで、ごんが可哀想に思いました。

ごんを見かけた兵十は また悪戯をしにきたと思い込み、戸口を出ようとするごんを火縄銃でうちました。でも そには栗や松茸が置いてあったのです。

「ごん、お前だったのか。いつも栗をくれたのは。」

この言葉を言ったときの兵十の気持ちを思うと、いたたまれなくなります。

悪戯しにきたと思っていたら違った。栗や松茸を届けてくれていたのは、ごんだった。

ひつじくん。
ひつじくん。
ここで やっと気づくんだね。

ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。

頷いたごんは どういった気持ちだったのか。・・・実は 教科書に掲載されている『ごんぎつね』は、少し書き換えられています。

本当は ごんが撃たれたあと、ごんの気持ちに気づいた兵十に対して 「うれしくなりました」 という一文があったようです。その一文をカットして、「うなずきました」 とした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
その方が ごんの気持ちを想像できるから 教科書にしては良いのかな。

最後に兵十に気づいて貰えたことで、ごんは嬉しかったのかと思うと、救われる気持ちになりました。

【考察】作者・新美南吉が伝えたいことは 「贖罪」

『ごんぎつね』テーマは?

作者が伝えたいことと、テーマは 「贖罪」 です。罪を償うこと。

  1. ごんが悪戯をして、魚やうなぎを逃がした (ごんの罪)
  2. 兵十の母が亡くなった (もしかしたら、うなぎを食べたかったのかも?)
  3. ごんは 悪い事をしたと反省する (後悔)
  4. 栗や松茸を兵十に届ける (償い)
ひつじくん。
ひつじくん。
悪い事をしたら反省して償いをすることの大切さを伝えているんだね。

もう一度読んで考えた兵十の気持ち

大人になって『ごんぎつね』を読むと、子どものときには考えなかった兵十の気持ちを想像できました。

撃たれたごんは もちろん可哀想なことに変わりはないのですが、撃った方の兵十は どうだろうか。

後悔しているんじゃないだろうか。

しかも兵十は これからも生きていくんです。重い十字架を背負ったままで。それを想像すると心が重くなりました。

重松清さんの『十字架』が思い出されます。いじめを扱った小説。いじめた方も重い十字架を背負うことになる。それも一生です。

『十字架』重松清【小説のあらすじと感想文】いじめの代償と命の重さ重松清さんの小説『十字架』あらすじと読書感想です。少しだけネタバレあります。『十字架』のテーマ 「いじめ」 について、ナイフの言葉と十字架の言葉、スコーグスシュルコゴーデン (森の墓地)、いじめの代償はあまりにも重いことについても書いています。...

死んでしまったごんも、死なせてしまった兵十も救われない。命を奪うということは、そういうことなんですよね。

小学生のときには考えることもなかった兵十の気持ち。大人になった今だから想像できる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『ごんぎつね』は 子どもが読んでも、大人が読んでも深い物語でした。

他にもあります

教科書の名作

こちらもオススメ

大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
思いっきり泣ける小説
【思いっきり泣ける小説】涙が止まらない!ファンタジー・恋愛からミステリーまで思いっきり泣ける、号泣間違いなしの小説を厳選して紹介します。絶対泣ける!ファンタジー&ヒューマン・恋愛小説と切なくて泣ける!ミステリー小説です。あらすじと感想も簡単に書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA