懐かしの教科書・古典

『注文の多い料理店』宮沢賢治【あらすじと感想】山猫軒に学ぶ「命」と「想像力」

山猫軒に学ぶ「命」と「想像力」

学校の教科書でおなじみ、宮沢賢治さんの『注文の多い料理店』です。読書感想文の定番にもなっていますね。小さい頃以来、読んでいなかったのですがまた読み返してみました。

少しだけネタバレあります。

『注文の多い料理店』あらすじ

あらすじ

若い紳士が2人で猟にでて、山おくに西洋料理店を見つけました。お腹が空いていた2人はお店に入りますが・・・。

『注文の多い料理店』感想

物語の深さに感嘆しました。人間の傲慢さと命について描かれています。

ピリっとした怖さと面白さ

本書を読んで、ピリっとした怖さとマヌケな人間の面白さを感じました。

あらすじを簡単に言うと、お腹を空かせた2人の紳士が料理店に入り、逆に食べられそうになるというお話です。・・・怖いですね。『ポポロクロイス物語』の敵にも、確かそんなのがいたような・・・。

怖さを感じるストーリーだけど、紳士たちがマヌケすぎてちょっと可笑しいんです。・・・笑ってしまいました。何がマヌケなのかと言うと、可笑しな注文にも首をかしげず自分の都合の良いように納得してしまうところです。

彼らに欠けているもの。それは想像力です。

想像力が欠けている紳士たち

不思議な注文がありました。

クリームを顔や手足に塗ってください。

壺の中に入っていたのは牛乳クリーム。なにやら美味しそうですね。なぜ顔や手足に塗らなくてはいけないんでしょうか?なんかちょっと変な感じがします。でも彼らの解釈は不思議に思わない。たぶん読者は、薄々「何かおかしい」と思いながら読み進めるはずです。内心ハラハラしながら。

彼らはどうして気づかないのか?

紳士たちは、なんかおかしいぞとも思わない。最後の最後まで気づかないんです。

想像力が足りないんですよね。

助かったから良かったけど、想像することがいかに大切なことかと思います。・・・犬がいなかったら、食べられていたかもしれません。

ところで、彼らが入った料理店は実在するようです。

RESTAURANT 西洋料理店
WILDCAT HOUSE 山猫軒

岩手県花巻市にある、宮沢賢治記念館の一角にあるのだとか。クリームも置いてあるようです。・・・でもまさか、本当に食べられたりはしないですよね!?

軽視される命

『注文の多い料理店』で描かれているもの。
それは、人間の傲慢さと軽視される命です。

主人公の紳士たちに不快感を感じました。

たぶんそう感じる人も少なくはないんじゃないかと思います。彼らは自分より弱いもの (動物) の命を軽視していました。

連れていた犬が山で死んでしまったとき、その死を悼むでもなく「二千四百円の損害だ」と言い放つ。でも、最後には死んでしまったはずの犬が生き返って(?)、彼らを救うのだから面目ないですね。見下していたものに救われるんです。

この部分を読んだ時、彼らがとても哀れに思えました。物事を自分の都合でしか考えない。こうはなりたくないけど、ひょっとして宮沢賢治さんは彼らを人間の象徴として描いたのかなという気もしてきて複雑な気持ちになりました。

くしゃくしゃの顔

結局、紳士たちは食べられずにすんだのですが・・・。

恐怖のあまり紙屑のようにくしゃくしゃになった顔は、もう元には戻らない。一生消えない傷が残りました。・・・ちょっと残酷な気もしますが、これで彼らはもう命を軽々しく扱うことはしなくなるでしょうね。シュールな物語でした。

他にもあります

教科書の名作
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA