絵本・児童文学

『夢の果て』あらすじ・感想文|青いアイシャドウの幻想|安房直子

この記事に書かれていること
  • 『夢の果て』あらすじと感想
  • 青いアイシャドウの魅力と比喩
  • 夢で出会う若者
  • 青いアイリスと花言葉
  • ヒヤリとするラストと青い海

あたしの目が、きっとあたしの運命をひらいてくれる

安房直子さんの童話『夢の果て』感想です。タイトルは可愛いのに、ちょっぴり怖い。でも大好きな1話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
幻想にのまれた少女の物語。

『夢の果て』のイメージカラーは青。読むと青色が好きになります。

安房直子『夢の果て』あらすじ・評価

安房直子さん短編集

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【夢の果て あらすじ】
あるところに、とても美しい目をした娘がいました。彼女はやっと13歳でしたが、大人に褒められるたびに、誰が見ても自分は美しいんだと思うようになりました。ところが、ある日のこと。彼女は電車の中で これまで見たことがないほど素敵な目の人に出会ったのです。

安房直子『夢の果て』感想

『夢の果て』を はじめて読んだとき、「青いアイシャドウ」 がめちゃくちゃ魅力的なアイテムに感じたのを覚えています。それをつけたくなるくらいに。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「比喩」 と 「色」 の表現が素晴らしい。

安房直子さんの童話で目を引くのが 「比喩」 と 「色」 の表現です。

アイシャドウが比喩によって魅力的に描かれていました。そして物語に登場する色。海の青からは冷酷だけど開放感が感じられます。

ひつじくん。
ひつじくん。
『夢の果て』は 比喩と色のイメージも楽しめる童話。

青いアイシャドウの魅力|安房直子が描く比喩

安房さんが描く 「青いアイシャドウ」 は 私だけじゃなく、主人公の女の子をも虜にさせてしまう魅惑的なものです。

物語の主人公は美しい目をした13歳の女の子。周りにチヤホヤされて、高慢に育ちました。

あたしの目が、きっとあたしの運命をひらいてくれるわ

ひつじくん。
ひつじくん。
この言葉どおり、美しい目が彼女の運命をひらいたワケだけど・・・。

女の子は電車の中で、彼女よりも綺麗な目をした若い女性に出会う。その人のまぶたは青かったのです。

青いアイシャドウがその人を、「古い絵の中のなぞめいた肖像のように」 みせていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
安房さんの、~のように・・・などの比喩表現が好き。

他にも、「スポットライトをあびた芝居のヒロイン」 「どこか遠い国の妖精」 という比喩が描かれています。

青いアイシャドウの比喩
  • 古い絵の中のなぞめいた肖像
  • スポットライトをあびた芝居のヒロイン
  • どこか遠い国の妖精

青いアイシャドウは 女性をこんなに素敵に見せてくれます。憧れないワケがありません。

夢で出会う若者

女の子は青いまぶたの女性から青いアイシャドウを買いました。そしてあることに夢中になります。

青いアイシャドウをつけたまま眠ると毎晩同じ夢をみる。

辺りはいちめんの青い花畑。女の子はアイリスの花畑の中を毎晩走っています。花畑の終わりに近づいたとき、その先には1人の若者がいました。

あの人に会うために、あたし、きょうまで走っていたんだ。毎日毎日、いっしょうけんめい走っていたんだ

夢の果てで、彼に出会うために。

こういう夢って、たいがい良いところで目が覚めるものなんですよね。彼の姿が見えたところで目が覚めてしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アイシャドウ、もうなくなっちゃったみたい。

彼女は諦めきれず、青いアイシャドウの販売元 「ドリーム化粧品株式会社」 を訪ねます。

でもそこに行くまでに目にしたのは、夢の中と同じアイリスの花畑でした。そして花畑の先には夢で見た彼がいたのです。

ひつじくん。
ひつじくん。
夢と現実が溶けた瞬間。この後の展開が冷酷なんだけどね・・・。

青いアイリスと花言葉

『夢の果て』には アイシャドウの他にも、青いアイリスの花が出てきます。2つ目の青。

なぜアイリスなのか。

アイリスはアヤメ科で、鮮やかできれいな色の花が咲きます。アヤメ、アイリス、花菖蒲、ジャーマンアイリスなど多種類。

花言葉は 「希望」、「信じる心」、「知恵」、「吉報」 など。

安房さんの『夢の果て』では連想しにくい言葉ですね・・・。不思議に思っていたら、花の色によって花言葉が異なってました。

青いアイリスは、ジャーマンアイリスというのがあって、花言葉は 「燃える思い」、「情熱」。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
この物語にピッタリな花言葉、発見。彼女の恋心が花言葉に表れてる。だからアイリスなのかな。

アイリスを調べてると、黄色いアイリスの花言葉が怖いことにも気づきました。「復讐」 ・・・だそうです。

『夢の果て』で描かれているアイリス、黄色じゃなくて良かった。

ひつじくん。
ひつじくん。
安房さんは青い花が好きなんだね。・・・というより 「青」 が好き?

青い花で思い出すのは 安房さんの代表作『きつねの窓』。桔梗の花が出てきます。

『きつねの窓』安房直子【教科書のあらすじと感想】桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...

他にも安房さんの幻想的な 「青」 が描かれている作品は多数。『鳥』『青い花』『だれも知らない時間』もそうですね。

安房さんの童話を読むとき 「色」 を連想することが多い。合わせて色のイメージも楽しめます。

ヒヤリとするラスト|青い海

ラストがまたヒヤリとします。安房さんの童話は幻想的でほっこりするものが多いけど、意外と現実的なんです。

若者と女の子が手を取りあったとき突風が吹き、そのまま2人は崖から落ちて海にのまれて消える。

アイリスの花畑の果てにあったのは、若者と崖と海でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
うわぁ、けっこう衝撃なラスト。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
ピリッとするけど、この結末が物語に深みを出していて好きなんだ。

そして ここでも青が登場します。『夢の果て』では3つ目、海の青。

アイシャドウ、アイリス、そして海。

海の青からは 冷酷だけど開放感も感じました。安房さんの童話を読むと色のイメージが広がって、好きな色も増えますね。

ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら