ふしぎな世界

『終わらない夜』セーラ・L・トムソン&ロブ・ゴンサルヴェス/想像の世界

セーラ・L・トムソン (文)
ロブ・ゴンサルヴェス (絵)

絵本『終わらない夜』
この絵本すごい!!鳥肌がたってしまいました。絵本で鳥肌が立つなんて初めてです。・・・といっても、怖くはありません。いや、少しだけ怖いか。でもすごいんです!!不思議な絵です。

『終わらない夜』あらすじ

眠りとめざめのあいだの時間―

『終わらない夜』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
あなたをふしぎな世界へと誘う、だまし絵本。

『終わらない夜』感想

この絵本は、ロブ・ゴンサルヴェスさんの絵に詩をつけたものになっています。詩も素敵ながら、私が感嘆したのは幻想的な絵の世界です。

幻想的な雪のシーツ

不思議な絵

エッシャーやマグリットのような・・・。騙し絵というやつでしょうか。それが幻想的で素敵なんです。

ページをめくると、不思議な絵と詩で始まります。

シーツが雪になっている。ザク、ザクと歩く音が聞こえてきそうですね。現実と物語の世界観が一体化したような世界。不思議で幻想的です。想像してごらん……と言われると、想像してみたくなります。

そら高く

こちらも素晴らしいです。部屋のベッドから飛びあがると、はるか上空にいるかのような感覚になります。キルトの布団が畑や林になっている。

この絵本は想像がすべて。
飛行機のように、さながら天使のように空を飛んでいる気持ちを想像してしまいます。自由気ままです。ヒンヤリとして、とても気持ちよさそう。

どこまでも続く夜

この絵本で描かれているのは「夜」です。しかも、終わらない夜。

本の中から2つほど紹介しましたが、どれもすべてが夜の世界でした。だからでしょうか、夢が膨らむと同時に少しヒンヤリともしてしまう。想像したが最後、現実に戻れないような不安な気持ちにもなります。想像の世界がずーっと続いていきます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
あまりの凄さに鳥肌が立ちました。

先日読んだ森見登美彦さんの『夜行』も、永遠の夜が描かれていて、やっぱり少しヒヤリとしました。(森見さんのは、また別の怖さもあったのですが・・・)

『夜行』森見登美彦【あらすじと感想】永遠に続く夜と、ただ一度きりの朝彼女が姿を消してから10年―。 森見登美彦さん『夜行』 森見さんの本、初めて読みました。表紙が可愛く恋愛ものなのかな?と勝手に思...

「夜」って奇妙なことが起こっても不思議じゃない気がします。この絵本を見て『夜行』が思い浮かびましたが、真っ先に連想したのは、実は違うものでした。

宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』です。

想像がかき立てられる世界観

『銀河鉄道の夜』

私が思い浮かべたのはアニメ映画の方です。ジョバンニやカムパネルラが猫のやつ。現実世界にいたのに、いつの間にか幻想世界に入っている・・・というような感覚になるのが魅力のアニメです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
この絵本も同じ。それが心地よくて、ちょっとヒヤリとした冷たさを感じる。不思議な感覚です。

2作品に共通しているのが、どこまでも想像がかき立てられるということと、すんなりとその世界に入っていけること。

まるで絵に吸い込まれてしまうようです。しばらく目が離せませんでした。

いま始まる冒険の旅

ヒンヤリと同時にワクワクもする不思議な絵本。これから冒険の旅に出るかのような気持ちです。ドラクエの主人公みたいですね。そう思うと楽しくなってきちゃいました。

もしも「終わらない夜」に朝がきたら・・・、現実世界に戻ってきてしまうのかな。

がっかりするけど少し安心もする。ふと、そんなことを考える私はひねくれている?そして、あした仕事だから夜が永遠に続けばいいのに・・・とも思うひだまりさん。でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA