ふしぎな世界

『夢にめざめる世界』(絵本)ロブ・ゴンサルヴェス/つながる夢と現実世界

絵本『夢にめざめる世界』
ロブ・ゴンサルヴェスさんの絵本 (画集)、4作目です。やっぱり素晴らしい。

夢と現実が溶けあい、幻想的な世界が描かれています。

今回も、私が特に気に入った2枚を紹介したいと思います。

『夢にめざめる世界』あらすじ

幻想的な世界へ。

『夢にめざめる世界』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
想像すると奇妙な世界がみえてくる。不思議なだまし絵の絵本。

『夢にめざめる世界』感想

1枚ずつ物語が浮かびそうな絵。すっかり、ロブ・ゴンサルヴェスさんのファンになってしまいました。

言葉と言葉のあいだ

「言葉と言葉のあいだ」

本に書いてある文字が、次第に風景へと変わってゆく。素敵な絵だなと思いました。現実の世界と本の世界が、みごとに溶けあっています。それは「言葉でつながるとき」。

本を読むことが好きなひだまりさん。は、この絵を見て、本の世界にひたる幸せを感じました。言葉には魔力がある。そして言葉がない絵にも魔力がある。

浮かんで想像する世界

「浮かんで想像する世界」

広大な宇宙が感じられて、とても好きな1枚です。

湖にプカプカと浮いて目を閉じれば、そこは宇宙。見上げていた青い空が地球になっています。まるで宇宙をただよっているような気分。

ロブ・ゴンサルヴェスさんの絵は、だまし絵みたいで、不思議を探すのが楽しいんですよね。

私も想像してしまいます。この絵の女の子になったような気持ちで、宇宙にただよっている自分を。

想像の旅へ

『夢にめざめる世界』は、夢と現実が一緒になった世界でした。

ステキなところです。本当にこんな場所、あったら良いのに。『終わらない夜』『どこでもない場所』『真昼の夢』『夢にめざめる世界』と読んでいきましたが、本作が1番好きかも。

私が好きな宇宙を感じることができました。

先ほど紹介しました「浮かんで想像する世界」がとても気に入りましたが、この本の中にはもう1枚、宇宙が感じられる絵があります。

絵のタイトルは「黒板の宇宙」

そちらも素敵なんですよね。ここでは紹介しませんが、興味がありましたらぜひ手に取ってみて下さい。想像の世界へ連れて行ってくれます。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA