懐かしの教科書・古典

『鳥』安房直子【教科書のあらすじと感想】一途な恋と素敵な秘密

この記事に書かれていること
  • 安房直子さん『鳥』あらすじと感想
  • 耳の中のひみつ
  • 心に浸透する恋心

けっして聞いてはいけないひみつ。

安房直子さん『鳥』感想です。『鳥』は『きつねの窓』と同じく小学校の国語の教科書にのっていたお話です。あらためて読んでみると授業で習ったときよりも一層好きになりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
恋のお話です。

『鳥』あらすじ

彼のひみつ。

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ある日、耳のお医者さんの元に駆け込んできた一人の少女。少女の耳の中には、ある 「ひみつ」 が入ってしまったようなのです。

『鳥』感想

懐かしいです、安房さんの『鳥』。これは恋のお話なんですよね。

耳の中のひみつ

少女の耳にはいってしまったひみつ。

少女は聞いてはいけない話を聞いてしまいました。・・・それは好きになった男の子のひみつでした。

好きになった男の子は、実は鳥だったのです。

そのひみつを日が沈むまでに忘れないと、人間の姿をした男の子は鳥に戻ってしまいます。少女は恋をしていました。

心に浸透する恋心

安房直子さんの童話には、よく恋のお話がでてきます。

甘く切ない恋や、美しく残酷な恋、一途な恋。それは色で例えるなら淡く甘いピンクや、夕日が沈む瞬間のオレンジ、澄み渡る青と言ったところでしょうか。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『鳥』を読んでいて「青」を感じました。

空の澄み渡る青です。
少女の一途な想いに胸が打たれ、果てがない空のように好きな気持ちにも果てがない。まだ幼かった頃の人を好きになった気持ちを思い出します。

お医者さんの診察

耳の中に広がった安房直子さんの不思議な世界。目を閉じると私にも海と砂浜が見えてくるようです。そしてそこには1羽の鳥がいる。

お医者さんはひみつを取り逃すのですが、もう一つの素敵なひみつに気づくんです。

少女もカモメなんだということ。

嬉しくなってしまいました。お話は少女に素敵なひみつを伝える前に終わってしまいます。目を閉じると青い空に仲良く飛んでいる2羽のカモメが思い浮かぶようです。

ひだまりさん。のつぶやき

Twitterをやっています。

他のツイートも見てみる

こちらもオススメ

『きつねの窓』安房直子【教科書のあらすじと感想】桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...
『みどりのスキップ』安房直子【あらすじと感想】みみずくの一途な恋安房直子さん『みどりのスキップ』あらすじと感想です。みみずくの恋と 花かげちゃん、儚いひととき、印象に残ったラストについて書いています。...
絵本『雪窓』安房直子【あらすじと感想】心も体も温まる 「おでん・雪窓」 三角のぷるぷる? 安房直子さんの絵本『雪窓』感想です。ほっこりしました。山本さんのイラストも安房さんの世界観とマッチしてい...

もっと見てみる

他にもあります

教科書の名作
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA