ほっこり

『ぐりとぐらの おきゃくさま』あらすじと感想/素敵なクリスマスプレゼント

『ぐりとぐらの おきゃくさま』

中川 李枝子 (作)
山脇 百合子 (絵)

クリスマスにオススメの絵本。世界中で大人気「ぐりとぐら」シリーズです。小さな頃に一度読んだことがあって、懐かしながら微笑んでしまいます。可愛いですよね。そのシリーズのクリスマスバージョンです。

『ぐりとぐらの おきゃくさま』あらすじ

ほっこりする絵本

『ぐりとぐらの おきゃくさま』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
大きな足跡を見つけたぐりとぐら。それを辿っていくと・・・。

『ぐりとぐらの おきゃくさま』感想

小さな双子ちゃん

青い服を着ているのが、ぐり。赤い服を着ているのが、ぐら

好きなことは、「おりょうりすること」と「たべること」です。「たべること」は、私も同じ (*^^*) このシリーズの絵本って食べ物がとても美味しそうに描かれていますよね。お腹が空いてきちゃいました。

大きな足跡の先には・・・

森で雪合戦をしていたぐりぐらは、大きな「あな」を見つけます。

小さな2匹には、足跡が落とし穴に見えたようですね。微笑ましくなります。その足跡を辿っていくと・・・。

どうやら自分たちの家にたどり着いたようです。気づかずに辿っていくところが何だかマヌケで可愛い。この絵本を読んでいると、時間がゆるりと流れている気がして心が和みます。

クリスマスな夜

家の中には、大きな長靴や、真っ赤なオーバーに帽子、手袋と靴下がありました。誰かがいるみたいです。部屋の隅にはとても大きな袋が置いてあります。

誰だか、わかりますね?白いおヒゲの・・・。

ぐりぐらはその人物を探しますが、どこにもいません。寝室にも、お風呂場にも。そのときです。とてもいい匂いがしてきました。

美味しそう。甘くて美味しいカステラを想像してしまいます。しかも焼きたて。慌ててキッチンに向かい、見た光景は・・・

「クリスマス おめでとう」

とても素敵なプレゼントでした。その夜はみんなでクリスマスパーティ。賑やかで楽しそうです。

ほっこりと癒される

『ぐりとぐらのおきゃくさま』はシンプルな言葉と絵で、読みやすい絵本でした。ホワホワと温かさが伝わり、微笑んでしまいます。

保育園に務めていた作者の中川李枝子さん。子供たちを喜ばせたい一心で作られたお話とのことです。余計なものがない言葉は、子供にも理解しやすいようにとの配慮なのでしょうね。

大人も癒されます。第1作目の『ぐりとぐら』も読みたくなっちゃいました。
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA