切ない

『おもいで星がかがやくとき』(絵本の感想) 刀根里衣/ピナと夜空に輝くお星さま

かけがえのない人を喪ったとき―。

刀根里衣さん『おもいで星がかがやくとき』。
図書館で借りてきました、刀根さんの絵本です。順番が回ってきたので、さっそくカウンターに受け取りに行くと・・・、

で、でかい!!

いつも見なれた絵本の大きさよりも大きくて (縦長で) 面食らってしまいました ^_^; でもこの大きさで見る刀根さんのイラストは格別です。

『おもいで星がかがやくとき』あらすじ

かけがえのない人を喪ったとき・・・。

『おもいで星がかがやくとき』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ある日、ピナの大切なひとがいなくなってしまいました。そのひとは、お星さまになったといいますが・・・。

『おもいで星がかがやくとき』感想

刀根さんのことばが優しくて泣いてしまいそうになりました。

お星さまになった、そのひと

大切な人が突然いなくなってしまいました。

ピナはお星さまになったという、その人を探しに思い出の場所を訪ねます。一緒に泳いだ海、2人で遊んだ水辺、かくれんぼをした花畑・・・。

可愛いネズミのピナとともに、刀根さんの淡く幻想的な風景イラストが楽しめます。でもピナの大切な人はいなくて、ちょっぴり切なく心に残りました。

夜 夜景 街

泣きたいとき

この絵本は大切な人をなくした喪失感と、それを乗り越えていくピナの姿が描かれています。

悲しいときは思いっきり泣くと良いよと、言いますよね。中途半端に悲しむよりも思いっきり泣いてしまった方が、気持ちがスッキリする場合があります。

お星さまの言葉が優しくて私も泣いてしまいそうになりました。そんなに大きなことではないけど、泣きたいのに我慢してしまうときが ひだまりさん。にはあります。そんなことを思い出してしまう・・・。

泣きたいときは、泣いてもいいんだよ。

途中から自分に言い聞かせるように読んでいました。いつも思うのですが、刀根さんの言葉は優しいですね。ストンと心に落ちて温まる。

かけがえのないもの

やがてお星さまはピナに、探している人はもういないと言います。

・・・残酷だけど、いずれは知らないといけないこと。喪失感で打ちひしがれているときって、楽しい思い出ほど思い出すのが辛いものです。でもきっとその思い出は、時とともにかけがえのないものに変わっていくはずです。

「あなたは、そのひとが この世に 生きていたあかし。あふれるおもいでで、大切なひとを てらしつづけてあげて」

この言葉、ステキだなと思いました。私は、その人が生きていたあかし。そう言われると、胸を張って生きていこうという気になります。・・・大切な人の分まで。

思い出を持つことで、亡くなった人もいつまでも輝き続けることができる。

それは とても素晴らしいことですよね。

空にかがやく たくさんのおもいで星

亡くなったひとは星になる・・・とはよく言いますね。

残された人はその星をながめながら彼らを思います。手が届きそうで届かない星。切なく寂しい気持ちになったり、穏やかな気持ちになったりもしますよね。 そういう思いを馳せている時間って、とても大切なんだと思います。

星の数だけたくさんの想いがあって、夜空に輝く星のひとつひとつが誰かの思い出。

・・・そう考えて星空を見上げると、いつもとはまた違った感情がわきあがってきそう。感慨深いです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA