絵本・児童文学

『リズム』あらすじ・ネタバレ感想文|何気ない日常と自分のリズム|森絵都

この記事に書かれていること
  • 森絵都さん『リズム』あらすじと感想文
  • 幸せな日常と変わっていくもの
  • 自分のリズム
  • 独特のリズムとリアル感

少しだけネタバレあります

自分だけの自分のリズム。

森絵都さんの小説『リズム』感想です。デビュー作なのですね。ページ数が少ないからすぐに読めました。

森さんの本は、最後に心がほわほわと温まるから良いです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かったよ。

『リズム』あらすじ・評価

自分だけのリズム

あらすじ

中学生のさゆきは、いとこの真ちゃんが大好きだった。ある日、彼の両親が離婚するかもしれないと耳にしたさゆきだったが・・・。第31回講談社児童文学新人賞受賞作。

『リズム』ネタバレ感想文

子ども目線で描かれた『リズム』は、心が温まる物語です。

中学生のさゆきちゃんと、いとこの真ちゃん。2人のやりとりが微笑ましいんですよね。

幸せな日常と変わっていくもの

何気ない日常がとても幸せだと感じました。

楽しいことばかりじゃなくていろんな悩みもあるけど、過ぎ去った時はもう戻ってきません。そして物事は少しずつ変わっていく・・・。

さゆきちゃんも大人になっていくし、真ちゃんも東京に行ってしまうんです。

ひつじくん。
ひつじくん。
変わっていくのは、ちょっぴり寂しくもある。

ふと、江國香織さんの『ホテル カクタス』が思い浮かびました。そこに登場する帽子が「世の中に、不変なるものはない」と言っていたんですよね。

『ホテル カクタス』江國香織【あらすじと感想】過ぎゆく時と切なくも楽しい日常江國香織さんの小説『ホテル カクタス』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「帽子」と「きゅうり」と 数字の「2」、安心感と憧れの無謀さ、不変なるもの、日常の楽しさと切なさについて書いています。...

切なくなるけど、これが世の道理です。まわりは刻一刻と変わっていく。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも、私は?

時々、不安になることがあります。周りが成長してて、1人だけ取り残されているような焦りを感じたり・・・。歳はとりたくないけど成長はしたいですね。

自分のリズム

心に響いた言葉がありました。

おれのリズム。まわりの音なんて関係ない、おれだけのリズム

自分だけの自分のリズム。

私にとってはこれが大事です。・・・たまに人と比べて落ち込むときがあるんですよね。自己嫌悪に陥って、でもふと気づく。

「私は私、人は人」ということに。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
落ち込んだときに呪文のように唱えている言葉なんだ。

独特のリズムとリアル感

森さんの小説は、会話に独特のリズムを感じました。

ひつじくん。
ひつじくん。
それが楽しい。

真ちゃんの両親が離婚すると聞いて、さゆきちゃんが自宅のトイレに一泊したのは、クスクスと笑ってしまいました。・・・可愛いです。

心がホワホワとしながらも、けっこうリアルにグサっとくるところもあって深い一冊でした。

『カラフル』あらすじと読書感想文・名言|愛にあふれた世界と天使のプラプラ|森絵都森絵都さん『カラフル』のあらすじと読書感想文です。小説の名言も書いています。世界は愛で溢れていてカラフル。いつも人の優しさや愛を感じれる人間でいたいなと思いました。結末は心が温かくなりました。...
『つきのふね』あらすじ・読書感想文|みんな必死に生きている|森絵都森絵都さんの小説『つきのふね』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。みんな必死に生きていること、宇宙船を設計する智さん、月の船、グサリとくるリアル感、素敵なラストについて書いています。...
『宇宙のみなしご』あらすじ・ネタバレ感想文と解説、名言も!森絵都森絵都さんの小説『宇宙のみなしご』あらすじと読書感想文・名言と解説です。ネタバレあります。すみれちゃんと不登校の理由、子どもと大人のちがい、屋根のぼり、七瀬さんの気持ちとキオスクの飛び降り騒動について書いています。...
『永遠の出口』あらすじ・ネタバレ読書感想文|苦い過去と黒歴史|森絵都森絵都さんの小説『永遠の出口』あらすじと読書感想文です。思い出さずにはいられない黒歴史、「黒い魔法とコッペパン」、「恋」 と 「卒業」、タイトルの意味について書いてます。少しだけネタバレあります。...
こちらは読んだ?