絵本・児童文学

『つきのふね』あらすじ・読書感想文|みんな必死に生きている|森絵都

この記事に書かれていること
  • 森絵都さんの小説『つきのふね』あらすじと感想文
  • みんな必死に生きている
  • 宇宙船を設計する智さん
  • 月の船
  • グサリとくるリアル感
  • 素敵なラスト

少しだけネタバレあります

みんな必死に生きている!

森絵都さんの小説『つきのふね』感想文です。森さん2冊目『カラフル』に続き『つきのふね』を読みました。友だちとの関係、進路のこと・・・。中学生は悩みがつきません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とても心に響く物語だよ。

最近、子どもの目線で書かれた本をよく読んでいます。辻村さんの『かがみの孤城』、森さんの『カラフル』、そして本作。

その影響か学生時代に思いを馳せてしまいました。

『つきのふね』簡単なあらすじ

ファンタジーのようでリアルな物語。

あらすじ

親友を裏切ってしまったさくら。悩みながらも必死に生きていく姿を描いた青春小説。

『つきのふね』読書感想文(ネタバレあり)

私も中学生だったころは色んなことで悩んでいました。自分のこともよく分からなくて、周りの目も気にしていて。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
あれから歳を重ねて、ずいぶん神経がずぶとくなったな。

みんな必死に生きている

森さんの『つきのふね』を読んでいて感じたのは、みんな必死に生きているということ。

主人公のさくらも、勝田くんも、梨利も、へび店長も、智さんも。物語なのに、それが伝わってくるのはすごいですね。

1999年のノストラダムスの予言。大ブームになりました。地球が滅びるなんて嘘だと思いながらも、どこかで信じていた自分がいて。

ひつじくん。
ひつじくん。
あの予言は何だったんだろうね?
ひだまりさん。
ひだまりさん。
当時は少しだけ怖かったよ。

宇宙船を設計する智さん

さくらのよりどころ

友だちとうまく行かなくなった主人公のさくら。彼女のよりどころは智さんのお家でした。造ることのない幻の宇宙船の設計を書いていた智さんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私ものりたいな、智さんの宇宙船に。

彼は静かに、けれど確実に精神を病んでいく・・・。智さんの家に入りびたるさくらの気持ちがわかります。2人の会話を読んでいると不思議と心が休まるんですよね。

月の船

さくらの後をついてくる勝田くんが良いですね。智さんを救いたい一心で古文書を発見したとうそぶく勝田くん。

さりげなく、さくらと梨利のことも仲直りさせようとします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
月の船、ほんとに来ればいいね。

そうしたら、さくらと梨利は仲直りできて智さんも幻の宇宙船の設計をしなくてよくなる。勝田くんの願いが痛いほど伝わってきました。

グサリとくるリアル感

『つきのふね』はリアルな物語

『つきのふね』というタイトルからしてファンタジーっぽいけど、これはファンタジーではないです。わりとリアルな物語。痛いくらいに心に刺ささりました。

だれだって自分の中になんか怖いもんがあって、それでもなんとかやってるんじゃないのかよ

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私もあるなぁ。自分の怖い (嫌いな) ところ。それを自覚してたまに落ちこんだりもするし。

ここで描かれている中学生のさくらや梨利も同じです。幼いから、その気持ちをどうしたら良いのかわからずに持て余してしまう。

大人になった私は切り替え方も心得ているから、落ち込みっぱなしにはならずに済んでいるけれど。それでも勝田くんの言葉にハッとしてしまいました。

ひつじくん。
ひつじくん。
なんとかやってるんだよね、みんな。落ちこんだりしてても。

素敵なラスト|満月の夜に・・・

満月の夜に水城小学校の屋上で

智さんの家によりどころを求めるさくら。未来に希望が持てなくなった梨利。幻を追いかける智さん。空回りしてばかりの勝田くん。

素敵なラストでした。生きていくためにはお互い助けあう。そうすれば間違った方向に行ってもまたやり直せます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人って支えあいながら生きているんだよね。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

『リズム』あらすじ・ネタバレ感想文|何気ない日常と自分のリズム|森絵都森絵都さん『リズム』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。小説を読んで、自分のリズムが大切だと思いました。他人と自分を比べてしまいがちですが、人は人、自分は自分です。そう思うと心が軽くなりました。...
『カラフル』あらすじと読書感想文・名言|愛にあふれた世界と天使のプラプラ|森絵都森絵都さん『カラフル』のあらすじと読書感想文です。小説の名言も書いています。世界は愛で溢れていてカラフル。いつも人の優しさや愛を感じれる人間でいたいなと思いました。結末は心が温かくなりました。...
『宇宙のみなしご』あらすじ・ネタバレ感想文と解説、名言も!森絵都森絵都さんの小説『宇宙のみなしご』あらすじと読書感想文・名言と解説です。ネタバレあります。すみれちゃんと不登校の理由、子どもと大人のちがい、屋根のぼり、七瀬さんの気持ちとキオスクの飛び降り騒動について書いています。...
『永遠の出口』あらすじ・ネタバレ読書感想文|苦い過去と思ったこと|森絵都森絵都さんの小説『永遠の出口』あらすじと読書感想文です。思い出さずにはいられない黒歴史、「黒い魔法とコッペパン」、「恋」 と 「卒業」、タイトルの意味について書いてます。少しだけネタバレあります。...