絵本・児童文学

『なんにもできなかったとり』(絵本) 刀根里衣【あらすじと感想】幸せを求めて

この記事に書かれていること
  • 刀根里衣さんの絵本『なんにもできなかったとり』あらすじと感想
  • 刀根さんの思い
  • 不器用な鳥と私 (共感)
  • チャレンジする気持ち (勇気)
  • 生きることとは? (切なさ)
  • ほんとうの幸せ (喜び)
  • 自己犠牲の愛

少しだけネタバレあります。

ぼくにも できることが、きっとある!

刀根里衣さんの絵本『なんにもできなかったとり』感想です。

実はこの本を読んで泣いてしまったんです。なぜ泣いてしまったんだろう?と考えていると、自分に照らし合わせて読んでいたということに気づきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
イタリアデビュー作。不器用なとりのお話です。

『なんにもできなかったとり』あらすじ

切なくて涙する!

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
何をやってもうまくできない鳥のおはなし。生きるとはどういうことか。幸せとは・・・? 心が震える感動作。

主人公に自分を重ねてみてしまう。涙が止まらなくなりました。可愛いイラストにほっこりするのですが究極に切なかったです。評価は満点でした。おすすめの1冊。

刀根里衣さんの思い

『なんにもできなかったとり』は 作者の思いがたくさん詰まっているように感じます。絵本ナビというサイトの刀根さんインタビュー記事を読みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ここで描かれているのは刀根さん自身なんです。

当時の彼女の思いが絵本にそのまま描かれているんですよね。何をやっても中途半端な自分でも出来ることはある。胸が熱くなりました。

『なんにもできなかったとり』感想

本書から感じたのは、共感、勇気、そして喜びと切なさでした。そして1羽の鳥を通して見えてくるものがあります。

生きるって、どういうことか? 幸せって、どういうことか?

絵本を読んでいるとその答えが見えてくるんです。

不器用な鳥と私 (共感)

主人公は1羽の不器用なトリです。

「なんにもできなかった」というタイトルからも想像できるのですが、何をやっても満足にできませんでした。

尻尾がお花になっている主人公の「ぼく」。可愛いイラストにほっこりします。でも切ない気持ちにもなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私も何でも器用にできる方ではないから主人公に共感してしまうんです。

失敗ばかりを繰り返して、たまに自分がイヤになったり。トリに昔の自分を照らし合わせて読んでいました。

みんなは上手くできるのに私だけ。そう思うとよけい惨めな気持ちになります。

チャレンジする気持ち (勇気)

なんにもできない「ぼく」。でも何もしなかったわけではありません。現状を変えようと努力する姿が描かれていました。

網を使って魚を釣ろうとします。でも網が大きすぎて失敗してしまいます。風船を使って飛ぼうと試みます。でも空気が抜けて失敗してしまったようです。

頑張って!!と応援していました。チャレンジする主人公に勇気を貰えます。

結局は全て失敗してしまいますが、何もしないのと何かをするのでは大きな違いがあります。刀根さん自身もそうだったのではないかな。

上手くいかなくても諦めない。結果ではなく過程を経てきたからこその今。

だからこの絵本はこんなにも心が震えるんですね。

生きることとは? (切なさ)

全て上手くいかなかった鳥は深く傷ついてしまいます。

ああ、どうしてぼくだけ なんにも上手に できないの?

ひだまりさん。
ひだまりさん。
この言葉がガツンときました。胸が痛いです。

頑張って努力しても報われないことがあります。その方が多いかもしれません。

でも鳥を見ていると生きるってそういうことかなとも思うんです。少なくとも彼は一生懸命いきている。

ひつじくん。
ひつじくん。
一生懸命頑張っている姿は素敵だと思うよ。

ほんとうの幸せ (喜び)

絶望のどん底にいた彼は、あるものと出会います。何と出会ったのかは書きませんが、気づくんです。

誰かの役に立てることが、きっとあるということ。

ひつじくん。
ひつじくん。
誰かの役に立てることの喜び。それによって他者の幸せと自分の幸せを実感するのかもしれないね。

もう「なんにもできなかったとり」ではなくなりました! でも実は結末に切なさを感じてしまいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これでいいの?

主人公にとっては最上の幸せなのかもしれませんが、これでいいの?・・・と問いかけたくなります。

自己犠牲の愛

ほんとうの幸せって?

宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』を読んだ時にも感じたことです。ここで描かれているのは自己犠牲の愛でした。

自分を犠牲にしてまでも他者の幸福を願う精神。

他人がどうこう言うことでもないのですが、違う形の幸せを望んでしまいます。私が「ほんとうの幸せ」に行き着くのは まだまだ先なのかもしれません。

鳥が幸せになった最後の絵がとても好きです。切ないけれど美しい。ぜひ読んで確かめてみてください。

こちらもオススメ

『ぼくのともだち』とね さとえ【絵本のあらすじと感想】離れていても一緒だよ刀根里衣さんの絵本『ぼくのともだち』あらすじと感想です。憧れのリンゴのおうち、大切なお友達、絵本の魅力、相手の幸せ、うさぎとたまごの絆について書いています。...
『わたし、お月さま』(絵本の感想)青山七恵&刀根里衣 / 寂しがりやのお月さま刀根里衣さんの絵本『わたし、お月さま』あらすじと感想です。宇宙飛行士を探しに、チョコレートのドーナッツ、宇宙と月のない空、おじいさんと女の子について書いています。...
『おもいで星がかがやくとき』(絵本のあらすじと感想) 刀根里衣/ピナと夜空に輝くお星さま刀根里衣さんの絵本『おもいで星がかがやくとき』あらすじと感想です。お星さまになったそのひと、泣きたいとき、かけがえのないものについて書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA