おすすめ本特集

行ってみたい!絵本の幻想世界|大人も癒やされるおすすめ作品を厳選

行ってみたい絵本の幻想世界

大人におすすめ絵本

絵本や児童文学を読むと、たまにその世界に行ってみたくなるときがあります。ちょっぴり不思議で幻想的な異世界に憧れるんですよね。

そんな異世界が描かれた絵本&児童文学の中から、大人におすすめの本を集めました。

  • 旅してみたい絵本の世界
  • 憧れる不思議な異世界
  • 安房直子さんが描く幻想世界
ひだまりさん。
ひだまりさん。
どれも癒やされるものばかりだよ。

旅してみたい【絵本の世界】

まずは、思わず絵本の世界を旅してみたくなるものをご紹介します。

学校の教科書に掲載されていた作品もあるので、懐かしい気がするかもしれません。

ひつじくん。
ひつじくん。
憧れるよね。

『ぴっぽのたび』刀根里衣

一緒に旅をしよう!

あらすじ

ぴっぽは、孤独なカエルでした。でも旅の途中でたくさんの素敵な夢と出会い・・・。

刀根里衣さんの『ぴっぽのたび』は色使いがキレイで、夢の世界が広がっている絵本。かえるのぴっぽと、夢の中を旅することができるひつじが一緒に旅をする物語です。

季節の移ろいが感じられるイラストが素敵。

部屋に飾っておきたいくらい素敵なイラストでした。私もぴっぽたちと一緒に旅をしたくなります。

『ぴっぽのたび』(絵本) 刀根里衣【あらすじと感想】かけがえのない友情刀根里衣さんの絵本『ぴっぽのたび』あらすじと感想です。ひとりぼっちのぴっぽひつじの出会い、季節の旅、大切なともだち、夢を見ることについて書いています。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
ふたりの友情を感じてほっこりしたよ。

『スイミー』レオ=レオニ

レオ=レオニが描く海の世界

あらすじ

小さな黒い魚・スイミーは、仲間がみんな大きな魚にのみこまれてしまい、ひとりぼっちに。残されたスイミーは 仲間を助けようと海を旅するうちに、さまざまな素晴らしいものを見る。そして再び大きな魚に出会い・・・。

『スイミー ちいさな かしこい さかなの はなし』は、学校の教科書でおなじみですね。独りぼっちになったスイミーが仲間を助けようと海を旅する物語です。

レオ=レオニが描く海の世界が壮大でワクワクする。

力強いイラストで描かれた海の世界は、見とれてしまうほどに圧巻です。スイミーと一緒に体験したくなる世界でした。

『スイミー』あらすじと感想文|教科書・絵本から学んだこと|レオ=レオニレオ=レオニの絵本『スイミー』の感想とあらすじを書いています。国語の教科書にも掲載されている『スイミー』。大人になって絵本を読むと、子どもの頃には気づかなかったことが見えてきました。『スイミー』には大切なことが書かれています。協調性と一人の時間です。一人になって初めて見えたものがありました。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
壮大な世界だね。

『三人の旅人たち』ジョーン・エイキン

旅に出掛けたくなる!

あらすじ

とほうもなく大きな砂漠の真ん中にある、ちっぽけな駅「さばく」。そこには3人の男が住んでいました。ある時、貯金を貯めた男が1週間の旅に出ると言い・・・。

『しずくの首飾り』の中に収められている「三人の旅人たち」は、旅に出掛けたくなる物語です。知ってるところではなくて、どこか知らないところがよいですね。

3人の男たちが旅に出た結果、今までとは違う未来になりました。

旅に出掛ける(行動をおこす)ことの楽しさと大切さを学べる物語。

「三人の旅人たち」は学校の教科書に掲載されていた作品です。純粋にストーリーが楽しくて、同時に学べる物語でした。

『三人の旅人たち』ジョーン・エイキン|幸せの旅路|しずくの首飾りジョーン・エイキン『三人の旅人たち』「しずくの首飾り」より、あらすじと感想です。教科書作品。心が満たされない三人の男、自分の知らない世界と旅路、幸せのありかについて書いています。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
「さばく」駅で降りたくなっちゃう。

憧れる【不思議な異世界】

続きまして、ちょっぴり不思議な異世界が描かれた絵本です。

ファンタジー感があって、幻想的な世界が心地よい。ふと、迷い込みたくなるところでした。

ひつじくん。
ひつじくん。
楽しそう。

『真昼の夢』セーラ・L・トムソン&ロブ・ゴンサルヴェス

不思議で奇妙な世界

著:セーラ・L. トムソン, イラスト:ロブ ゴンサルヴェス, 原著:Sarah L. Thomson, 原著:Rob Gonsalves, 翻訳:金原 瑞人
あらすじ

本をひらくと、そこは奇妙な世界―。じっくり眺めたくなるだまし絵本。

『真昼の夢』はちょっぴり奇妙な世界が描かれた絵本です。ロブ・ゴンサルヴェスさんのイラストには夢があって、どんなことでもありえるんですよね。

不思議で奇妙な世界を体験できる。

想像をめぐらすのが楽しくなりました。不思議な世界に行ってみたくなります。

『真昼の夢』絵本の感想文|セーラ・L・トムソン&ロブ・ゴンサルヴェスの不思議な世界ロブ・ゴンサルヴェスさんの絵本『真昼の夢』の感想です。絵本の中から私が好きだなと思った絵をレビューとともに2つ紹介しています。ロブ・ゴンサルヴェスさんの絵には夢がありました。心が疲れた時におすすめの絵本です。癒されました。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
現実の世界と物語の世界がつながっている絵が好き。

『みち』阿部海太

心が共鳴する絵本

あらすじ

書かれているのは「あるく」と「はしる」の2語。そして幻想的な絵が織りなす物語。ともに歩んでいく誰かと読みたくなる絵本。

『みち』は、ただひたすら幻想世界を「あるく」または「はしる」ふたりの人物が描かれた絵本です。阿部さんが描く幻想世界が素敵なんですよね。

一緒に幻想世界を歩きたくなる一冊。

どこまでも続く「みち」は 人生のようでした。ふたりの人物に心が共鳴する絵本です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
書店で見つけて、あまりの美しさに思わず買った一冊。

『マボロシの鳥』太田光&藤城清治

幻想的な影絵世界

あらすじ

いつの時代か、どこの国のことかはわからない。町外れのオリオン劇場には、あふれかえるほどの観客がつめかけていた。魔人チカブーの芸、「マボロシの鳥」を見るために…。

『マボロシの鳥』は、藤城清治さんと太田光さんのコラボ絵本です。幻想的で力強い影絵と、素敵な文章で物語にひきこまれました。

幻想世界に行って、マボロシの鳥を見たくなる。

太田さんが描く「マボロシの鳥」は、誰もを幸せにする鳥なんですよね。誰かのためにマボロシの鳥を手放す勇気や、他者への愛情が描かれた一冊です。

『マボロシの鳥』絵本の感想とあらすじ|この世界は、きっとどこかとつながっている|太田光藤城さん × 爆笑問題・太田さんコラボ絵本『マボロシの鳥』あらすじと感想です。生命力あふれた力強い影絵、同時に存在する2つの世界、『マボロシの鳥』と『朝のリレー』の共通点について書いています。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
世界や人の繋がりを感じたよ。

『アライバル』ショーン・タン

想像で読む絵本

著:ショーン・タン, 翻訳:小林 美幸
あらすじ

新たな土地に移民した者が、その土地で生まれ変わり、新生児のように成長していく。そこには過去の自分を捨てなければならない辛さと、新しい人生を歩むチャンスを手にした幸せとの両面がある。一切の文字を使用せず表現した究極の文字なし絵本。

『アライバル』は想像しながら読む絵本です。文字が一切なくて、絵だけで表現された文字なし絵本。頭の中で物語が展開されていく、不思議な感覚が味わえます。

人々の感情表現が豊かなんですよね。登場人物たちが語りかけてくるようで、深く物語にひきこまれました。

不思議で幻想的なファンタジー世界が魅力。

絵本で描かれている新天地は不思議な生き物がいるファンタジックな世界です。モノトーンの絵に温かみがあり、どこか懐かしい気分にもなりました。

『アライバル』感想文とあらすじ|文字のない絵本、想像の世界へ・・・|ショーン・タンショーン・タン『アライバル』感想です。1文字もない想像で読む絵本。新天地を求めて旅に出た男、ファンタジックな世界観、絵本のテーマ 「移民」、新たな出会いについて書いています。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
素敵な世界だよ。

安房直子が描く【幻想世界】

最後に、安房直子さんが描く幻想世界をご紹介します。

安房さんの異世界はちょっぴり怖くも憧れるんですよね。ほんのひととき、幻想世界を体験できます。

ひつじくん。
ひつじくん。
切なさも感じるのが良いんだ。

『きつねの窓』安房直子

窓に映ったものは・・・

あらすじ

山で道に迷った男は、キツネの「そめもの ききょうや」にたどり着きます。指をききょうの花で青色にそめてもらいました。その指で窓をつくってみたら・・・。

『きつねの窓』は学校の教科書にも掲載されていた馴染みある絵本です。この物語を読んで「ききょうの花」と「青」が好きになりました。

きつねに指を染めてもらいたい!

ききょうの花で青色に染まった指でつくる窓には、なにが映るんだろう。

安房さんの物語は日常と非日常の境目があいまいで、ふとした瞬間に幻想世界に入り込めるんですよね。・・・その感覚が心地よくて。

『きつねの窓』安房直子【教科書掲載】あらすじ・感想文|桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
好きなんだなぁ。

『夕日の国』安房直子

なわとび飛んだら夕日の国へ

あらすじ

なわとび50回とんだら、夕日の国が見えてきて、70回で夕日の国に行ける。そして100回で、こっちの世界に戻って来れる。咲子が言っていた通りに、なわとびを飛んでみたら・・・。

『風と木の歌』のなかの一話「夕日の国」。なわとびを50回飛ぶとオレンジ色の世界が見えてきます。辺りいちめんの砂漠世界には、一匹のラクダがいるんですよね。

頑張って70回飛んで、夕日の国に行ってみたい。

オレンジ色の幻想的な世界です。そこに行けば、もしかしたら咲子に会えるかな。

『夕日の国』あらすじ・感想文|縄跳びとオレンジ色の世界|安房直子安房直子さん『夕日の国』あらすじと感想です。縄跳びと夕日の国、孤独なラクダについても書いています。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
まずは、なわとびの練習をしないと・・・。

『空にうかんだエレベーター』安房直子

うさぎと一緒に空の旅へ

あらすじ

子ども服のショーウィンドウに飾られた可愛いうさぎ。ともちゃんは、このうさぎが大好きでした。ある日、ショーウィンドウを見ていると、うさぎの声が聞こえてきたのです。

『夢の果て』のなかの一話「空にうかんだエレベーター」は、ともちゃんとウサギの友情を感じる物語です。空に浮かぶ透明のエレベーターに乗ってると、風の音や雲の動く音、月の光がゆれる音までも聞こえてきて幻想的でした。

ウサギと一緒に空に行ってみたい。

たくさんの音に耳をすませて、地上の夜景をながめられたら素敵ですね。

『空にうかんだエレベーター』あらすじ・感想文|幻想エレベーターとうさぎ|安房直子安房直子さんの童話『空にうかんだエレベーター』あらすじと感想です。幻想的なエレベーター、空想の世界、ともちゃんの夢と約束について書いています。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは体験してみたい。

幻想的な世界が魅力の絵本&児童文学まとめ

思わず行ってみたくなる幻想世界が描かれた絵本&児童文学でした。気になる作品、ありましたか?

紹介した本
  • 『ぴっぽのたび』
  • 『スイミー』
  • 『三人の旅人たち』
  • 『真昼の夢』
  • 『みち』
  • 『マボロシの鳥』
  • 『アライバル』
  • 『きつねの窓』
  • 『夕日の国』
  • 『空にうかんだエレベーター』

どれも心がほっこりと温まる本ばかりです。疲れたときや、癒やされたいときにもおすすめ。

ひつじくん。
ひつじくん。
大人が読んでも心に響くよ。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

安房直子おすすめ絵本と童話
【安房直子】絵本・童話おすすめ|教科書掲載&切なくてほっこりする作品安房直子さんの絵本と童話を紹介しています。教科書の名作、ほっこりと癒やされる幻想的な異世界、ちょっぴり怖い物語、切なくて物悲しい作品など・・・。どれも心に残る短編ストーリーです。...
刀根里衣おすすめ絵本
【刀根里衣】おすすめ絵本|幻想的でほっこり癒される&切なくて泣けるものを厳選刀根里衣 (とねさとえ) さんの おすすめ絵本を紹介。幻想的でほっこり癒される、切なくて泣ける絵本です。大人から子どもまで楽しめます。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
こちらは読んだ?