懐かしの教科書・古典

『スイミー』(絵本)レオ=レオニ&谷川俊太郎 / 1人になって見えた世界

『スイミー』
ちいさな かしこい さかなの はなし

レオ=レオニ (作)
谷川俊太郎 (訳)

スイミーと一緒に、広大な海の世界をどうぞ。

学校の教科書でおなじみの『スイミー』。小学生の時に読んで以来、久しぶりに読みました。谷川俊太郎さん訳の絵本です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
たしか、みんなで力を合わせて大きな魚に立ち向かう・・というお話だったっけ?

それで間違いないのですが、今読むとその事よりも深く印象に残ったことがありました。

『スイミー』あらすじ

レオ=レオニが描く海の世界

『スイミー』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
海の中では思わぬハプニングがいっぱい。スイミーの仲間が大きな魚に食べられてしまい、残されたスイミーは・・・。

『スイミー』感想

まるで生きているかのような・・・

ひだまりさん。が レオ=レオニの絵本を読むのは2冊目です。前に読んだ『じぶんだけのいろ』でも思ったのですが、色彩豊かで素敵なんですよね。その絵本では、保護色に染まるカメレオンが鮮やかに描かれていました。

『スイミー』も たくさんの色が描かれていて、思わず見入ってしまいます。まるで生きているかのような生命の力強さを感じました。

絵本を読んで深く印象に残ったことがありました。

主人公が 「1人になって見つけたもの」 です。

1人になって見つけた素晴らしいもの

仲間たちがマグロに食べられてしまって、ひとりぼっちになってしまった主人公。とても怖くて寂しくて・・・。けれど、海の中には素晴らしいものがいっぱいありました。今まで海で暮らしながら、見えていなかったものです。

それは壮大な海の世界。

レオ=レオニの絵に、力強さを感じます。

“にじいろの ゼリーのような” だとか、”すいちゅうブルドーザーみたいな” という比喩が面白い。

絵本『スイミー』には、海に存在する素晴らしいものが壮大に描かれているんです。

みんなで力を合わせる・・・という結末ばかりに気を取られていましたが、もう一度読んで印象が変わりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
スイミーと一緒に壮大な海の世界を体験できる!!

そしてこの物語を読みながら感じた、大切なことがあります。

『スイミー』から学ぶ大切なこと

ひだまりさん。は、この物語には 「みんなで力を合わせる」 というような協調性が大切なんだということが描かれているんだと認識していました。・・・たしかに結末を読めばそう思うし、それも大切なことに間違いありません。でも、実はもう一つ大切なことが描かれているんです。

「ひとりぼっちの時間」 について。

ひとりぼっち・・・と聞くと良くないイメージが浮かぶかもしれません。仲間はずれだとか、寂しい、可哀想だとか・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも 1人だからこそ広がる世界というのが確かにあるんです。

・・・例えば、ひだまりさん。も 大好きな本の世界。読書は1人でするものだから。空想や想像の世界ですが、そこから学ぶことは決して少なくありません。スイミーが発見した 「素晴らしいもの」 もそうです。

ひとりぼっちになって初めて、海の中にはたくさんの面白い生き物がいるんだとわかる。世界が広がるんです。

レオ=レオニの絵本『スイミー』は見開き数ページに渡って、壮大な海の世界が描かれているんですよね。すっかり記憶から抜け落ちていました。

少しだけ余談

本を読むのが好きなひだまりさん。は、1人の時間がとても大切です。

趣味は読書・・・と言うと、なんとなく生きづらくなっている現代。『スイミー』を読んでいて、「ひとりぼっちの時間」 のことを考えた私は 、前にTwitterのタイムラインに流れてきたツイートを思い出しました。

“1人の時間 ” を否定するかのような教師の記事について、コメントを載せたツイートでした。たくさんの共感の声が寄せられています。

友だちを作るとか、協調性というのも大切なことです。でもそれと同じくらい1人で過ごす時間というのも学ぶことはあるわけで、否定して欲しくないなと思いました。

ガラリと印象が変わった『スイミー』

もう一度この絵本を読んで感じたことがあります。

今まで印象的だった結末よりも、海の世界がより印象に残ったということです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
レオ=レオニの絵と谷川俊太郎さんの訳で描かれた海の世界はとても面白くてキレイ。そして繊細です。

子供のとき以来 読んでいなければ、ぜひ読んでみてほしい1冊。スイミーと一緒に、面白い海の世界を体験してみませんか?

こちらもおすすめ!

『じぶんだけの いろ』レオ=レオニ×谷川俊太郎 / 鮮やかな絵本の世界『じぶんだけの いろ』絵本 レオ=レオニ (作・絵)谷川俊太郎 (訳) 自分の色がほしいカメレオンの話 「スイミー」で...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA