学び

『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン&村上春樹 / 無償の愛を描いた絵本

わたしにはもうなにもないの。あなたにあげられるものが―

シルヴァスタインの絵本『おおきな木』です。
シンプルな絵とことばが描かれていました。シンプルなのに、心がゆれる。描かれていたのは無償の愛です。

以前にこのブログでもレビューを書きました『ぼくを探しに』。

『ぼくを探しに』(絵本) シルヴァスタイン /【感想】欠けたカケラ絵本『ぼくを探しに』―the missing piece― シルヴァスタイン (作)倉橋由美子 (訳) 自分には何かが足りな...

『ぼくを探しに』も、今回よんだ『おおきな木』も、読み終わったときに感じる思いがありました。

『おおきな木』あらすじ

無償の愛に心が奪われる。

『おおきな木』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
少年の成長を健気に見守るおおきな木。子どものことを無条件で愛することのできる強さと優しさ。無償の愛を描いた絵本。

とてもオススメな1冊です。可愛いイラストにほっこり。そして切なくて泣けてきます。最後まで読むと心に残るものがきっとあるはず。

『おおきな木』感想

1本の木と少年のふれあいを描いた物語です。少年は木のことが大好きで、そして木も少年のことが大好き。前半は微笑ましく読めます。

でも 時がたてば気持ちは変わりゆくもの。木の愛情はそのままですが、男の子は・・・。読んでいて少し切なくなりました。

変わらぬ愛

いつまでも変わらぬ愛をそそぎ続ける木と、身勝手な少年。男の子は成長して木よりも大切なものができます。どちらかというと、私は少年の方に当てはまるのかな。

身勝手な男の子。

・・・と思いながら読んでいましたが、いや、待てよ。少年=私かも・・・と思い直します。そして木の深い愛情を感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
男の子に変わらぬ愛を与え続ける木は、母のようです。

子どものことを無条件で愛することのできる強さと優しさ・・・。子どもの心が離れても変わらぬ愛を捧げます。

与え続ける木

村上春樹さん訳の絵本を読みましたが、 原題を『The Giving Tree』というようです。「与える木」 です。原題の通り、自分の持っているものを彼に与え続けるんです。

彼がお金がほしいと言えば、はっぱとりんごを与えて、それを売りなさいと。自分を犠牲にしながらも、男の子の幸せを一心に願う・・・。無償の愛です。

無償の愛

・・・正直、私は木のようにはできないなと思いました。自分を犠牲にしながらも、相手の幸せを願う。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ほんとに、木は幸せなの?

これまで こういった無償の愛 (自己犠牲の愛) を描いた絵本を何冊か読みました。
刀根さん『なんにもできなかったとり』、オスカーワイルド × 清川あさみさん『幸せな王子』、宮沢賢治さん『銀河鉄道の夜』・・・。

なかなか理解できずにいましたが、今回 シルヴァスタインの絵本をよんで、母が子に注ぐ愛情だなと思ったら、なんとなくですが無償の愛もわからなくもないかなと思いました。

男の子に自分が持っているもの全てをあげ尽くして、きりかぶになってしまった大きな木。彼女 (?) のひとことが切なくてジーンとしました。

他者の幸せを願う気持ちに “真実の愛” を感じます。

この絵本を読んでいたら『銀河鉄道の夜』のジョバンニを思ってしまいました。

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に “本当の幸い” というのが何度も出てくるのですが、ジョバンニが思うそれと、本書で描かれている愛情が同じような気がします。・・・でも本音を言うと、自己犠牲の愛は 認めたくない自分もいるんですけどね。

心に響く絵と文

シルヴァスタインの絵本、ここがすごい!!

絵も文も あっさりしているんです。それなのに心に響くものがあります。よけいな言葉がなくてシンプル。それで読み手の心を動かすのだから、すごいなと思います。

読み手によって表情がかわる絵本。

ラストは少しだけほっこりしました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA