ほっこり

『サンタのおばさん』東野圭吾【あらすじと感想】ほっこりと愛情に溢れた絵本

この記事に書かれていること
  • 東野圭吾さんの絵本『サンタのおばさん』あらすじと感想
  • 大人にオススメの絵本
  • 女性サンタと反対派の意見

女性サンタ登場!!

東野圭吾さん『サンタのおばさん』感想です。東野さんは絵本も書いていた!! よく訪問するブログ様のレビューで発見して 早速買っちゃいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
大人向け絵本です。

『サンタのおばさん』あらすじ

サンタクロース会議は大騒ぎ。

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
アメリカ・サンタの後任に立候補したのは前代未聞の女性のサンタ。会議は大騒ぎに・・・。東野圭吾さんのほっこりと癒される絵本。

『サンタのおばさん』感想

サンタクロースのお話です。東野圭吾さんの絵本。ちょっぴり切なく心がホカホカになりました。可愛らしい絵は杉田比呂美さんが描かれています。

【大人にオススメ】ほっこりする絵本

『サンタのおばさん』は 読んだあとにほっこりと心が温まる物語でした。

たくさんのサンタさんが集まり、恒例のサンタクロース会議が行われます。いろんな国のいろんなサンタさんがいる。ちょっぴりおかしくて切ない気持ちも味わえるんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは大人にも読んでもらいたい!!

イラストにもほっこりと癒されました。

女性サンタと反対派の意見

なぜサンタクロースは男性だと決めてかかるのかね

アメリカ・サンタの後任に立候補したのは前代未聞の女性のサンタでした。

サンタクロース会議では、様々な議論がくり広げられ揉めに揉めます。そこがまた何とも面白いんです。

サンタクロースというと 赤い帽子に赤い服、白い髭のふくよかなお爺さんというイメージがあります。女性のサンタさんが現れるというのはドキドキしました。

ひつじくん。
ひつじくん。
女性サンタ、いてもいいと思うな。

反対派の意見に切なくなってしまいました。

反対派の意見

女性のサンタクロースを採用することにより、父親の権威が落ちてしまうというものです。

少しだけ肯けるものがあり、ちょっぴり切なくなってしまいました。お父さん、がんばれ!!と応援したくなります。

様々な議論がくり広げられるのですが、なるほどと感嘆のため息。・・・さすが東野さんですね。

子供への愛情を感じられる絵本

女性サンタ誕生の裏には、悲しい過去と確かな子供への愛情があったんです。ジーンとします。最後は ほっこりと優しい気持ちになりました。

『サンタのおばさん』は 子供への愛情を感じられる絵本です。おすすめです。

こちらもオススメ

東野圭吾『ダイイング・アイ』あらすじと感想(ネタバレあり)瑠璃子の正体は!? 結末は怖くて衝撃だった東野圭吾さんのミステリー小説『ダイイング・アイ』のあらすじと感想です。ネタバレもあります。WOWOWのドラマで謎の女・瑠璃子を高橋メアリージュンさんが演じます。結末は怖かったけど面白い小説でした。...
『沈黙のパレード』東野圭吾【あらすじと感想】ガリレオシリーズ9の魅力東野圭吾さん『沈黙のパレード』のあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ガリレオシリーズの魅力も書いています。どんでん返しあり、清々しい結末でした。...
ジェンダーを描いた『片想い』東野圭吾【あらすじと感想】悲しき結末とメビウスの帯東野圭吾さんの小説『片想い』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ジェンダー、美月の告白と苦しみ、メビウスの帯、『片想い』に込められた意味について書いています。...
『カッコウの卵は誰のもの』東野圭吾【あらすじと感想】スポーツ遺伝子は誰のもの?東野圭吾さんの小説『カッコウの卵は誰のもの』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。WOWOWドラマ原作小説。遺伝子パターンと育成計画、才能は努力か遺伝か、父の苦悩と愛情について書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA