ヒューマン・ラブストーリー

ジェンダーを描いた『片想い』東野圭吾【あらすじと感想】悲しき結末とメビウスの帯

オレは男だったんだ。ずっと前から。

東野圭吾さん『片想い』
WOWOWドラマ化されました。読んだのかなり昔だったから記憶が曖昧でした ^_^;

ネタバレはさけますが、本の内容にふれますのでご注意ください。

『片想い』あらすじ

ジェンダーを描いた長編ミステリー。

『片想い』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
哲朗は10年ぶりに、かつての仲間と再開した。でも女性であるはずの彼女は男の姿だった・・・。

『片想い』感想

東野圭吾さん、社会テーマを扱うと逸品ですね。さすがです。ミステリーだけど、それよりもそっちの方に重きを置いた作品。

本作のテーマはズバリ、ジェンダーです。

そもそもジェンダーって何?

ジェンダーって?

昔に比べると最近では耳にするようになったジェンダーという言葉。

簡単に言うと、男らしさや女らしさを指しています。昔は男女差別が当たり前でしたが、最近では徐々にそれも無くなっていますよね。でも・・・

男らしくとか女らしくとか言うけど、その境界線ってどこなの?

・・・と、思いませんか?
本書を読んでいるとそれは曖昧で、境界線などないんだなということに気づくんです。

美月の告白と苦しみ

物語は、帝都大アメリカンフットボール部 出身だった仲間たちを主軸に進んでいきます。

主な登場人物
  • 主人公の哲朗。
  • 哲朗の妻であり、元女子マネージャーの理沙子。
  • 同じく女子マネの日浦美月。
  • 大学時代の美月の恋人、中尾功輔。
  • 新聞記者の早田。
  • ちょいちょい登場する須貝。

6人とも同じ大学のアメフト仲間です。

飲み会の帰りに哲朗は10年ぶりに美月と再会するのですが・・・、彼女は男の姿をしていました。

美月は 性同一性障害だったんです。

自分の生まれ持っている性に違和感を抱く。彼女は女として生まれてきましたが心は男。心と体の性別が一致しないことです。
前に見たドラマ『ラストフレンズ』を思い出しました。性同一性障害で悩むルカと本書の美月がダブります。体は女でも、心は男。

自分の心なんてよく分かってないのに、性別の違和感まであったらと思うと たまらなくなる。

美月の痛々しいまでの心理描写が描かれていました。

QB (哲朗のこと、クォーターバックの略) に憧れる美月。その苦しみは本人じゃないと理解できないものですよね。ひだまりさん。は、想像することしかできませんが胸がキリキリと痛みました。そんな彼女を演じるのは女優の中谷美紀さんです。

美月の告白はまだ続きます。事もあろうか人を殺してしまったと・・・。

メビウスの帯にいる私たち

深く共感したこと。

この物語のテーマでもある “ジェンダー” に関することです。東野圭吾さんは、本書の登場人物を介して男と女の関係をこう書いています。

男と女はメビウスの裏と表の関係にある

馴染みがあるのはメビウスの輪ですかね。前に読んだ 岡嶋二人さんの『クラインの壺』でも書きましたが、表だと思っていたら裏になっていたりするやつです。

そして、この世のすべての人はこのメビウスの帯の上にいるということ。

男だからこうとか、女だからこうでなければならないとか。そんな境界線を引くこと自体がナンセンス。・・・というか、人って様々だから境界線など引けないですね。

ただ単に男や女と一括りにしても、彼らの中には異性の部分もあったりします。本書の登場人物、美月もそうです。

ちょうど真ん中にいる彼女は、男心と女心を持ち合わせています。世の中の人間を境界線で分けてしまうと、それで苦しむ人たちもいるんですよね。そのことに今更ながらに気づきました。

『片想い』に込められた意味

この物語のタイトルに込められた意味。それは深く重いものでした。

受け入れられたいという我々の思いは、たぶんこれからも伝わらない。

受け入れられたい・・・。

こんなにも真摯で切ない片想いは他にないかもしれません。人間は未知のものを恐れて排除しようとするから。・・・現実的なとらえ方です。本書で取り上げられているジェンダー、性同一性障害、半陰陽・・・。彼らの思いを受けて、少しでも苦しみが軽減される社会になれば良いなと思います。まずは知ることから。

それから他にも 「片想い」 が描かれています。
美月の理沙子への切ない恋心、殺された戸倉の一方的な想い。

人って、さまざまな片想いをしているんですね。

このタイトルしっくりくるなと、しみじみ思いました。

『片想い』悲しき結末

ラストは殺人事件の真相が明らかになります。

まさか、あの人が・・・!?

彼とは誰のことか。やっぱりミステリーも上手い東野さん。そして背後には驚くべき組織が・・・。

ミステリーのポイントは2つです。

  • 美月は本当に殺人を犯したのか
  • 性同一性障害のウラにひそむ事件の真相

切ない結末でした。読んだ後に悲しさがジワジワときます。彼らを通して友情も感じる。・・・何ともほろ苦い物語ですね。

本書にでてくる『サンタのおばさん』。
劇団金童の芝居として登場するのですが、実はこれ、絵本になっているんですよね。東野圭吾さん初の絵本・・・ということで、以前このブログでも紹介しました。

『サンタのおばさん』東野圭吾【あらすじと感想】ほっこりと愛情に溢れた絵本東野圭吾さんの絵本『サンタのおばさん』あらすじと感想です。ほっこりと癒されました。大人にオススメの絵本です。女性サンタと反対派の意見についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. ふなきあきら より:

    こんにちわ
    私も以前読みました。

    作家によって、色ってあると思うのですが、
    東野さんは、作品ごとに色が様々あり、
    今、一番のお気に入りです。

    なので、今、東野作品を読み漁っています。

    ほんと、どれも楽しめます。

    また遊びに来ますね。

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちわ。
    コメントありがとうございます(*^o^*)

    私も東野さんの本好きで、短編以外はほとんど読みました!
    確かにいろんな色を持つ作家さんですよね。

    流星の絆、手紙、白夜行、大好きです。
    あとパラドックス13も東野さんには珍しくSFっぽくて印象に残っています。
    プラチナデータも面白かったし、変身、分身とかも好きです。
    ・・・と、キリがないのでこの辺にしておきます(^_^;)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA