ミステリー・サスペンス

『三月は深き紅の淵を』恩田陸【あらすじと感想】「待っている人々」と読書について

この記事に書かれていること
  • 恩田陸さんの小説『三月は深き紅の淵を』あらすじと感想
  • 幻の本をめぐる4つの物語
  • 「待っている人々」 感想
  • たった一人に たった一晩だけ貸すことが許された幻の本
  • 読書が肯定される安心感
  • 本を読む人

幻の本をめぐるミステリー

恩田陸さんの小説『三月は深き紅の淵を』感想です。恩田さんの著作の中でも圧倒的に好きな1冊。タイトルも素敵ですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
表紙のイラストも好き。

でもこの本、好きな人と全くダメな人とでレビューの評価が割れているんです。・・・なぜだ?こんなに面白いのに。

『三月は深き紅の淵を』あらすじ

読書好きにおすすめの1冊。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
幻の本『三月は深き紅の淵を』をめぐるミステリー短編集。

幻の本をめぐる4つの物語

『三月は深き紅の淵を』は4つの章からなる短編集です。

本の目次
  • 第1章 待っている人々
  • 第2章 出雲夜想曲
  • 第3章 虹と雲と鳥と
  • 第4章 回転木馬

どれも 「三月は深き紅の淵を」 という幻の本が出てきます。

たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された本

私が好きなのは 「待っている人々」 です。「出雲夜想曲」 も心に残りました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ダントツ好きな1章とその理由についてのレビューです。

「待っている人々」 感想

『三月は深き紅の淵を』を読んでいるのに、その本が読みたくなってしまうのが不思議な感覚。初めて読んだとき衝撃を受けました。

読んでみたい!「三月は深き紅の淵を」

主な登場人物は 鮫島巧一、金子会長、会長のお友達が3人。会社の会長の別宅に招かれた主人公・鮫島巧一が、別宅のどこかにあるはずの本を探すお話です。

たった一人に たった一晩だけ貸すことが許された『三月は深き紅の淵を』という本。

恩田さんの描き方が上手いです。金子会長と友人たちは読んだことがあって、内容が小出しに書かれていました。

「黒と茶の幻想」 などは 恩田さんの他の著作に実際にあります。「待っている人々」 を読んでいると、読者もその幻の本にひきつけられる。

ひつじくん。
ひつじくん。
こんな感覚、他では味わえないね。

『三月は深き紅の淵を』の魅力はそれだけではありません。改めて好きだと思った理由は別のところにあります。

「本を読む」 ということが肯定されているから。

読書が肯定される安心感

「待っている人々」 の空気感が好き。

最初から最後までメインは 「三月は深き紅の淵を」 です。読書好きにはたまらない設定ですね。主人公を始め、ここに集う人たちがみんな読書を当たり前の習慣にしている。

こういう雰囲気、大好きです。

江國香織さんの『なかなか暮れない夏の夕暮れ』を思い出します。こちらも “本の中で本を読む” ということが描かれていました。

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』江國香織【あらすじと感想】ページをめくる官能と幸せなひととき江國香織さん『なかなか暮れない夏の夕暮れ』あらすじと感想です。この小説は3つの世界観が楽しめました。妻がいながらゾーヤにひかれてしまうラース。ミステリーでも男女の「愛」を描いているところが江國さんっぽいなと思いました。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
これらの本は 読書が肯定されているから安心感があるんです。

周りには 「本を読みます!」 と公言していますが、上司には堂々と言いづらい雰囲気があって。だからここで描かれている彼らを見ると共感するのかもしれません。

本を読む人って少数派?

第1章 「待っている人々」 には、こんな記述があります。

「今の若い人って、本読むのかなあ?」

この辺りの会話も、この章が好きな理由です。1冊の本をめぐる話だけじゃなく、”本を読む” ということについて深く追求している。

絵本『スイミー』のレビューに、”1人で過ごす大切な時間 ” ということで 少しだけ読書について書きました。

教科書作品『スイミー』レオ=レオニ【絵本のあらすじと感想】スイミーに学ぶ大切なことレオ=レオニの絵本『スイミー』の感想とあらすじを書いています。国語の教科書にも掲載されている『スイミー』。大人になって絵本を読むと、子どもの頃には気づかなかったことが見えてきました。『スイミー』には大切なことが書かれています。協調性と一人の時間です。一人になって初めて見えたものがありました。...

「本を読みます!」 と大っぴらに言いづらい現代。私はまわりの人と本について語り合う・・・というのがほとんどない環境で暮らしています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本を読む人って少数派?
ひつじくん。
ひつじくん。
どうだろう。アンケートとったことないからわからない。

こんなに面白い本が世の中にはいっぱいあるのに、それを読まないなんてもったいない!!・・・と思ってしまいます。読む読まないは自由ですけどね。

私は 本をよむ側で良かった。

『三月は深き紅の淵を』は 物語に没頭する楽しさを実感できた本

『三月は深き紅の淵を』は 物語に没頭する楽しさを実感した本です。

恩田さんの代表作になりつつある『蜜蜂と遠雷』も、そういう意味ではどんぴしゃなのですが こっちの方が恩田さんらしいなと思います。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
改めて本を読む自分と向き合えた。

初めて読んでからずいぶん経っているのに、今も変わらず印象深く心に残っている物語です。

こちらもオススメ

『蜜蜂と遠雷』恩田陸【あらすじと感想】音楽に満ちているこの世界恩田陸さんの小説『蜜蜂と遠雷』簡単なあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。芳ヶ江国際ピアノコンクールと登場人物、「春と修羅」のカデンツァ、風間塵、タイトルの意味について書いています。...
『ブラック・ベルベット』恩田陸【あらすじと感想】神原恵弥シリーズ/かつての恋人恩田陸さんの小説『ブラック・ベルベット』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。噂のクスリ、謎多き登場人物たち、たくさんの謎、絶景・トゥズ湖、すべてが一転する結末について書いています。...
『消滅』恩田陸【あらすじと感想】テロリストは誰?人工知能と人間の心理戦恩田陸さん『消滅 VANISHING POINT』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。登場人物をまとめました。テロリスト探し、ゆれ動く心理描写、人工知能キャスリン、意外な結末について書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA