おすすめ本特集

感動必須!絶対泣ける小説|ファンタジー・SF&ミステリー

感動必須!絶対泣ける小説

泣きたいときにオススメ

小説好きな私が、実際に読んで泣いた小説を集めました。切なくて号泣、ほっこりと心温まる・・・など感情が揺れ動いた小説ばかりです。

  • ファンタジー
  • SF
  • ミステリー
ひだまりさん。
ひだまりさん。
ジャンルに分けてご紹介。

泣ける小説、第2弾です。ちなみに以前紹介した第1弾はこちら。

思いっきり泣ける小説
【思いっきり泣ける小説】涙が止まらない!ファンタジー・恋愛からミステリーまで思いっきり泣ける、号泣間違いなしの小説を厳選して紹介します。絶対泣ける!ファンタジー&ヒューマン・恋愛小説と切なくて泣ける!ミステリー小説です。あらすじと感想も簡単に書いています。...

号泣必須!ファンタジー小説

まずは、号泣必須のファンタジー小説です。切なすぎて涙が枯れた『彼らは世界にはなればなれに立っている』と『52ヘルツのクジラたち』は超おすすめ。

ひつじくん。
ひつじくん。
めちゃめちゃ泣けるよ。

『彼らは世界にはなればなれに立っている』太田愛

切なすぎるファンタジー

あらすじ

“始まりの町”の初等科に通う少年・トゥーレ。ドレスの仕立てを仕事にする母は、“羽虫”と呼ばれる存在だ。町の住人たちは、他所から来た人々を羽虫と蔑み、差別している。町に客船がやって来た日、トゥーレの一家に向けて浴びせられた悪意。やがてトゥーレの母は誰にも告げずに姿を消した。

太田愛さんのファンタジー小説。「羽虫」と呼ばれる帰るべき故郷を持たない流民を主軸として、日常的に差別が行われる悲しく切ないストーリーです。切なすぎて号泣しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「差別」を「差別」と感じてない人々が怖かった。

集団だと間違いにも気づきにくくて・・・。みんながやってるからと日常的になってしまうのは怖いですね。

彼らは世界にはなればなれに立っている
『彼らは世界にはなればなれに立っている』あらすじ・ネタバレ感想文|差別を描いた切なく悲しい物語|太田愛太田愛さん『彼らは世界にはなればなれに立っている』あらすじとネタバレ感想文です。差別、自由な世界を求めたコンテッサ、トゥーレの後悔と作者のメッセージ、差別が起こる理由について書いています。切なく悲しいファンタジー小説でした。...

『52ヘルツのクジラたち』町田そのこ

届かない声に号泣!

あらすじ

自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれる。

届かない言葉、聞こえない声・・・。この世界には、52ヘルツのクジラのように声をあげても気づいてもらえない叫びがあふれているかもしれません。涙が枯れるかと思うくらい泣きました。本屋大賞受賞作です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストは愛を感じて、ほっこりしたよ。
52ヘルツのクジラたち
『52ヘルツのクジラたち』あらすじ・ネタバレ読書感想文|町田そのこ 泣ける小説町田そのこさん『52ヘルツのクジラたち』あらすじと読書感想文です。ネタバレあります。世界で最も孤独なクジラ、伝えたくて 伝えられない言葉、キナコの壮絶な過去、愛を感じたラストについて書いています。...

『デトロイト美術館の奇跡』原田マハ

実話を元にした感動秘話

あらすじ

ゴッホ、セザンヌ、マティス。綺羅星のようなコレクションを誇る美術館が、市の財政難から存続の危機にさらされる。市民の暮らしと前時代の遺物、どちらを選ぶべきか?全米を巻き込んだ論争は、ある男の切なる思いによって変わっていく―。

デトロイト美術館で起こった実話を元に描かれた小説。人々のアートへ寄せる思いに号泣しました。薄いのですぐ読めますが、濃縮された想いが詰まっていて、ほっこりと温かな気持ちになれます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
絵画に疎くても楽しめるよ。
『デトロイト美術館の奇跡』原田マハ【あらすじと感想】マダム・セザンヌへの想い原田マハさんの小説『デトロイト美術館の奇跡』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ポール・セザンヌ「マダム・セザンヌ」、絵画への想いについて書いています。...

『クスノキの番人』東野圭吾

人々の思いが交差するクスノキ

あらすじ

玲斗は 不当な理由で職場を解雇され、その腹いせに罪を犯し逮捕されてしまう。そこへ突然弁護士が現れ、依頼人の命令を聞くなら釈放してくれるというのだ。依頼人の待つ場所へ向かうと、年配の女性が待っていた。千舟と名乗るその女性からクスノキの番人を任されることに・・・。

クスノキをめぐる感動作。人々の思いが交差して、ほっこりと泣けました。言葉にできない思いはたくさんあるけど、言葉がなくても伝わる思いもあるんですよね。相手を大切に思う気持ちは尊いです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
不思議な物語だった。
クスノキの番人
『クスノキの番人』あらすじ・ネタバレ感想|結末に号泣!東野圭吾おすすめ感動作東野圭吾さんの小説『クスノキの番人』あらすじとネタバレ感想です。クスノキの番人・玲斗、預念と受念、言葉にできない思い、佐治喜久夫のピアノ、号泣した結末について書いています。...

ほっこりと泣けるSF感動作

続きまして、SF感動作です。心がホワホワと温まり、ほっこりと泣けました。

ひつじくん。
ひつじくん。
読んでよかった。

『イヴの時間 another act』水市恵

アニメのノベライズ版

あらすじ

ピアノの感想を求めると、ハウスロイドのサミィは一言「楽曲です」と言った。・・・わかってた。ロボットに感情はないことを。ある日、サミィの行動記録に不審を抱いたリクオは、親友のマサキとともに確かめにいく。たどり着いたのは、人間とロボットの区別をしない不思議な喫茶店「イヴの時間」だった。

吉浦康裕監督のアニメ『イヴの時間』のノベライズ版です。人間とアンドロイドが調和できる場所、喫茶店 「イヴの時間」 でのひとときに安らぎを感じました。アニメも良かったけど、小説もほっこりと泣けます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人間とアンドロイド、区別がつかない雰囲気が良いんだ。
『イヴの時間 another act』あらすじ・感想|心を持つアンドロイド|吉浦康裕×水市恵小説『イヴの時間 another act』あらすじと感想です。ネタバレあります。アンドロイドの心、ピアノを弾かなくなったリクオとピアノロボット・ケンゴ、サミィの気持ち、人間とアンドロイドの調和について書いています。...

『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう

一ヶ月後に地球が滅びる!?

あらすじ

一ヶ月後、小惑星が衝突し地球は滅びる。学校でいじめを受ける友樹、人を殺したヤクザの信士、恋人から逃げ出した静香。そして―荒廃していく世界の中で、四人は生きる意味を、いまわのきわまでに見つけられるのか。

地球が滅びるまでの一ヶ月を描いた物語。崩壊した世界で「幸せ」を見つけた登場人物に切なくもほっこりしました。設定はシリアスだけど「愛」を感じる温かな物語です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「幸せ」や「生きる意味」について考えたくなる一冊。
滅びの前のシャングリラ
『滅びの前のシャングリラ』あらすじ・ネタバレ感想文・結末|崩壊した世界で見つけた幸せ|凪良ゆう凪良ゆうさんの小説『滅びの前のシャングリラ』あらすじとネタバレ感想文です。タイトルの意味、壊れた日常と世界、最後に見つけた幸せ、結末について書いています。...

切なくて泣けるミステリー小説

最後は、切なくて泣けるミステリー小説です。重めミステリーが多いけど、どれも読みやすい小説ばかりでした。

ひつじくん。
ひつじくん。
シリアスで感動間違いなし!

『告解』薬丸岳

自分が加害者になったら?

あらすじ

飲酒運転中、何かに乗り上げた衝撃を受けるも、恐怖のあまり走り去ってしまった大学生の籬翔太。翌日、一人の老女の命を奪ってしまったことを知る。自分の未来、家族の幸せ、恋人の笑顔―。失うものの大きさに、罪から目をそらし続ける翔太に下されたのは、懲役4年を超える実刑だった。

もしも自分が加害者になってしまったら?『告解』は、加害者と被害者を通して罪と罰が描かれた小説です。重めミステリーですが、読みやすいのが薬丸岳さんの本の魅力。号泣しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「贖罪」って難しい。どれが正解っていうの、ないからね。
『告解』あらすじ・ネタバレ感想|号泣!加害者の罪と罰|薬丸岳薬丸岳さんの小説『告解』あらすじとネタバレ感想です。もしも自分が加害者になったらと考えてしまいました。罪から逃げ続ける翔太、被害者の夫・法輪二三久の真意、号泣した父の手紙、印象に残った言葉について書いています。...

『幻夏』太田愛

テーマは「冤罪」

あらすじ

12歳の夏、少年は川辺の流木に奇妙な印を残して姿を消した。23年後、刑事となった相馬は、少女失踪事件の現場で同じ印を発見する。相馬の胸に消えた親友の言葉が蘇る。「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」あの夏、本当は何が起こっていたのか。今、何が起ころうとしているのか。人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?

『犯罪者』に続き、トリオシリーズ2作目。登場人物以外の繋がりはないので、『幻夏』だけ読んでも大丈夫です。後味が苦いけど面白いんですよね。もう取り戻せない時間を思うと切なくなりました。号泣必須です。ハンカチを持って読みましょう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
太田愛さんの小説はどれも面白いよ。特に『幻夏』は絶品!
『幻夏』あらすじ&ネタバレ感想・解説|「冤罪」 と司法の闇|太田愛太田愛さんの小説『幻夏』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「冤罪」 に見る司法の闇、泣いたシーン、壊れた家族、タイトルの意味について書いています。結末は苦味が残りましたが、面白かったです。...

『青の炎』貴志祐介

きっと、切ない殺人者に涙する

あらすじ

秀一は、母と妹と3人で幸せに暮らしていた。そんなある日、かつて母の夫であった曾根が現れた。幸せな時間は壊される。警察も法律もあてにはならないと思った秀一は・・・。

切なくて泣けるミステリー小説、貴志祐介さんの『青の炎』です。映画にもなりましたね。悲しさや切なさ、悔しさといった気持ちが後をひく小説でした。重めですが読みやすかったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
切なさのオンパレードだった。
『青の炎』貴志祐介【あらすじと感想】壊れていく心と孤独な闘い貴志祐介さんの小説『青の炎』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。緻密な作戦、すさんだ心、守られるべきはずの存在、切ない結末について書いています。...


『フーガはユーガ』伊坂幸太郎

彼らには不思議なアレがある!

あらすじ

ユーガ (常盤優我) には、双子の弟・フーガ (風我) がいた。彼らの身に異変がおきたのは、誕生日の日だった・・・。ファミレスで1人の男と向き合ったユーガは、不思議な現象について語り出す。

『フーガはユーガ』は、双子の風我と優我の壮絶な日常と人間の 「悪」 を描いたお話です。伊坂幸太郎さんが描く「悪」が半端ない・・・。優しさと切なさの余韻があとをひいて、なんとも言えない気持ちになりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
切なかったけど、面白く読めたよ。
『フーガはユーガ』伊坂幸太郎【あらすじ&感想】とてつもない悪と切ない結末伊坂幸太郎さん『フーガはユーガ』あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。切ない結末でした。双子の不思議な力と、とてつもない悪が描かれていました。...

『閉鎖病棟』帚木蓬生

病院の内部を患者の視点から描く

あらすじ

とある精神科病棟。重い過去を引きずり、家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、明るく生きようとする患者たち。その日常を破ったのは、ある殺人事件だった…。彼を犯行へと駆り立てたものは何か?その理由を知る者たちは―。

精神科の医師・帚木蓬生さんが描いた小説です。重い過去を背負って生きている登場人物たちに癒やされつつ、切なくて泣きました。みんなピュアで一生懸命なんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
帚木さんの本は深い。
『閉鎖病棟』帚木蓬生【あらすじと感想】優しさと切なさと、生きていく強さ帚木蓬生さんの小説『閉鎖病棟』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。精神科の医師が描く患者目線の小説。登場人物と心の病、彼はなぜ罪を犯したのか、心に訴えてくるものについて書いています。...

『イノセンス』小林由香

「罪」と「救済」の物語

あらすじ

音海星吾は中学生時代、不良に絡まれた星吾を助けようとした青年を見捨てて逃げてしまう。青年はその後死亡。大学入学後も彼は心を閉ざしていたが、ある日、ホームから飛び降りようとした中年男性に心無い言葉をぶつけてしまう。そんななか、星吾を狙うように美術室の花瓶が投げ落とされ、車道に突き飛ばされるという事件が起こる。

小説のテーマは「罪」と「救済」です。主人公の大学生が背負った罪と、救済が描かれた苦しくも温かい物語でした。小林由香さんの小説は泣けますね。ハズレがないです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
最後は温かな思いにホロッときたよ。
「イノセンス」小林由香
『イノセンス』あらすじ・ネタバレ感想文|罪と救済、タイトルの意味を考察|小林由香小林由香さんの小説『イノセンス』あらすじ・ネタバレ感想文です。音海星吾の罪、SNSの恐怖、救済と優しい結末について書いています。タイトルの意味を考察しました。...

絶対泣ける小説まとめ

号泣必須の泣ける小説、紹介した本はこちら。面白さもピカイチなのでおすすめです。まだ読んでいなければ読みましょう。

紹介した本
  • 『彼らは世界にはなればなれに立っている』
  • 『52ヘルツのクジラたち』
  • 『デトロイト美術館の奇跡』
  • 『クスノキの番人』
  • 『イヴの時間 another act』
  • 『滅びの前のシャングリラ』
  • 『告解』
  • 『幻夏』
  • 『青の炎』
  • 『フーガはユーガ』
  • 『閉鎖病棟』
  • 『イノセンス』

この中でも涙が枯れるくらい泣いたのは『彼らは世界にはなればなれに立っている』、『52ヘルツのクジラたち』、『幻夏』でした。

彼らは世界にはなればなれに立っている
『彼らは世界にはなればなれに立っている』あらすじ・ネタバレ感想文|差別を描いた切なく悲しい物語|太田愛太田愛さん『彼らは世界にはなればなれに立っている』あらすじとネタバレ感想文です。差別、自由な世界を求めたコンテッサ、トゥーレの後悔と作者のメッセージ、差別が起こる理由について書いています。切なく悲しいファンタジー小説でした。...
52ヘルツのクジラたち
『52ヘルツのクジラたち』あらすじ・ネタバレ読書感想文|町田そのこ 泣ける小説町田そのこさん『52ヘルツのクジラたち』あらすじと読書感想文です。ネタバレあります。世界で最も孤独なクジラ、伝えたくて 伝えられない言葉、キナコの壮絶な過去、愛を感じたラストについて書いています。...
『幻夏』あらすじ&ネタバレ感想・解説|「冤罪」 と司法の闇|太田愛太田愛さんの小説『幻夏』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「冤罪」 に見る司法の闇、泣いたシーン、壊れた家族、タイトルの意味について書いています。結末は苦味が残りましたが、面白かったです。...

無料で本を聴いちゃお

Audible

読むのが疲れたら、本を聴くAudible(オーディブル)がおすすめです。Audibleは、Amazonが運営するオーディオブック。「読む」のも良いけど「聴く」読書も良い感じなんです♪

  • プロの朗読だから聴きやすい(サンプルも聴ける)
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)
  • 毎月1冊好きな本+月替りのボーナスタイトル→合計2冊聴ける
  • 購入した本は、Audible退会後も聴ける

特典を詳しくみる

Audible公式サイト

ひつじくん。
ひつじくん。
『幻夏』『青の炎』はAudibleで聴けるよ!
Audible
本を聴くAudible(オーディブル)メリット・デメリット|ボイスブックの特典と魅力ボイス(オーディオ)ブック本を聴くAudible会員特典、メリットとデメリット、休会、便利な使い方について書いています。...
思いっきり泣ける小説
【思いっきり泣ける小説】涙が止まらない!ファンタジー・恋愛からミステリーまで思いっきり泣ける、号泣間違いなしの小説を厳選して紹介します。絶対泣ける!ファンタジー&ヒューマン・恋愛小説と切なくて泣ける!ミステリー小説です。あらすじと感想も簡単に書いています。...
読書初心者におすすめ!読みやすい小説
【読書初心者におすすめ】読みやすい小説|サクサク読めて面白い本を厳選!読書初心者におすすめ小説。面白くてサクサク読める、読みやすい小説を集めました。心温まる感動作、短編・連作短編、SFとミステリーを紹介しています。...