おすすめ本特集

【森絵都】おすすめ小説・児童文学|中学生に読んでほしい!読書感想文にも・・・

森絵都おすすめ小説

サクッと読めて心温まる児童文学

森絵都さんの小説が好きです。読みやすくてリアルに心に刺さる。森さんの作品の中から心に響いた本をご紹介します。

大人も子どももオススメ!森絵都さんの児童文学。

思春期の中学生や子ども目線で描かれた小説は学生さんに、ぜひ読んでほしい。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
心にグサグサくるよ。

【森絵都】癒やされる!中学生&大人にもおすすめ児童文学

森絵都さんの小説の中で、サクッと読めて心温まる本をピックアップしました。

おすすめ児童文学
  • 『カラフル』
  • 『宇宙のみなしご』
  • 『永遠の出口』
  • 『リズム』
  • 『つきのふね』
ひつじくん。
ひつじくん。
子ども目線で描かれた小説だけど、大人が読んでも心に刺さるよ。

心が疲れたとき、自分に余裕がないときや自信が持てなくなったときにおすすめ。ほっこりと癒やされて元気になれます。

『カラフル』

心が疲れたときにオススメ

あらすじ

死んだはずのぼくの元に現れた天使。抽選に当たったおかげで 別の人の体にホームステイすることに・・・。

『カラフル』は心が温まるハートフルな青春小説。自分に余裕がない時は、独りで生きているような孤独感を感じたりします。そんな時は世界が一色に見える。でも、ほんとうは優しさや愛で溢れていて世界はカラフルなんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
世界は自分に向けられた愛であふれているのを実感したよ。

心が疲れたとき、落ちこんだときに読みたい一冊。大人にもおすすめです。

『カラフル』あらすじと読書感想文・名言|愛にあふれた世界と天使のプラプラ|森絵都森絵都さん『カラフル』のあらすじと読書感想文です。小説の名言も書いています。世界は愛で溢れていてカラフル。いつも人の優しさや愛を感じれる人間でいたいなと思いました。結末は心が温かくなりました。...

『宇宙のみなしご』

思春期の中学生を描いた物語

あらすじ

中学2年生の陽子と1つ歳下の弟・リンは いつも2人で自己流の遊びを生み出してきた。新しく見つけた遊び。それは真夜中に近所の家に忍び込んで屋根にのぼること。同じクラスの七瀬さんも加わり、3人で屋根にのぼっていたら、いじめられっ子・キオスクに見られてしまい・・・。

『宇宙のみなしご』は思春期の中学生を描いた物語です。憧れの人がいて背伸びをする子や、自分が好きになれずに変わりたいと思う子・・・。思春期の子どもたちは悩みがたえません。私もそうだったかもと懐かしい気持ちを味わえました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
結局は自分は自分なのであって、憧れの人にはなれないんだよね。

自分の個性を大切にしたくなる一冊。自分に自信が持てないときにおすすめです。

『宇宙のみなしご』あらすじ・ネタバレ感想文と解説、名言も!森絵都森絵都さんの小説『宇宙のみなしご』あらすじと読書感想文・名言と解説です。ネタバレあります。すみれちゃんと不登校の理由、子どもと大人のちがい、屋根のぼり、七瀬さんの気持ちとキオスクの飛び降り騒動について書いています。...

『永遠の出口』

少女の成長記

あらすじ

誕生日会の小さな事件、恐ろしい担任との闘い、グレかかった中学時代、高校での切ない初恋・・・。どこにでもいる普通の女の子・紀子の、小学3年から高校3年までの9年間を描いた成長記。

『永遠の出口』は主人公の少女・紀子の成長記を描いた小説。・・・私にとって衝撃の一冊でした。次から次へと、恥ずかしい過去の黒歴史がよみがえってきたからです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
紀子を見ていると心がザワついた。

初めは、なぜだろうと不思議な気持ちになりました。紀子と自分を重ね合わせて読んでいたのです。この小説、すごい。

『永遠の出口』あらすじ・ネタバレ読書感想文|苦い過去と黒歴史|森絵都森絵都さんの小説『永遠の出口』あらすじと読書感想文です。思い出さずにはいられない黒歴史、「黒い魔法とコッペパン」、「恋」 と 「卒業」、タイトルの意味について書いてます。少しだけネタバレあります。...


『リズム』

何気ない日常が幸せに感じる本

あらすじ

中学生のさゆきは、いとこの真ちゃんが大好きだった。ある日、彼の両親が離婚するかもしれないと耳にしたさゆきだったが・・・。

『リズム』は、中学生のさゆきと真のやりとりが微笑ましい一冊。物事は少しずつ変わっていきます。楽しいときも永遠ではないんですよね。何気ない日常がとても幸せだと感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
そういう気持ち、大切にしたいよね。

自分は自分のリズムで。人と自分を比べて落ち込んでしまうときにもオススメの一冊です。

『リズム』あらすじ・ネタバレ感想文|何気ない日常と自分のリズム|森絵都森絵都さん『リズム』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。小説を読んで、自分のリズムが大切だと思いました。他人と自分を比べてしまいがちですが、人は人、自分は自分です。そう思うと心が軽くなりました。...

『つきのふね』

リアルな青春小説

あらすじ

親友を裏切ってしまったさくら。悩みながらも必死に生きていく姿を描いた青春小説。

『つきのふね』は中学生の子ども目線のリアルな青春小説です。痛いくらいに心に刺ささりました。友だちとうまくいかなくなった子や、精神を病んでいく大人が描かれています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
それでも、みんな必死に生きているんだと実感したよ。

わりとリアルに心がチクチクしたけど、ハートフルな物語。ラストはほっこりしました。

『つきのふね』あらすじ・読書感想文|みんな必死に生きている|森絵都森絵都さんの小説『つきのふね』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。みんな必死に生きていること、宇宙船を設計する智さん、月の船、グサリとくるリアル感、素敵なラストについて書いています。...

【森絵都】小説の魅力|落ちこんだときに読みたい!

森絵都さんの小説の魅力をあげると・・・

  • 読みやすくて懐かしい気持ちになる
  • 子ども目線でリアルに心に刺さる
  • 心が疲れたとき、落ちこんだときに元気をもらえる

ファンタジーのようでいて、わりとリアルなんですよね。思春期の子どもたちは悩みが多くて心にグサグサきました。自分の過去を思い出したりも・・・。

でも安心してください。読了感はどれも良かったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ほっこりと癒やされるよ。

心が疲れたときや、自分に自信が持てなくなったときに読むと元気になれます。そんなときにオススメ。

【森絵都】おすすめ小説・児童文学まとめ

サクッと読めて心温まる森絵都さんの小説でした。どれも読んでほしい本ばかりです。

紹介した本
  • 『カラフル』
  • 『宇宙のみなしご』
  • 『永遠の出口』
  • 『リズム』
  • 『つきのふね』

最初の一冊はコレがおすすめ

Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

恒川光太郎おすすめ小説
【恒川光太郎】おすすめ短編&長編小説|絶対よむべき!美しいホラーファンタジー恒川光太郎さんの小説で面白くてハマった作品を厳選。最高傑作・絶品すぎるホラーファンタジー「夜市」、閉じ込められたくなる魅力的な世界「秋の牢獄」、おすすめ長編小説「滅びの園」などを紹介しています。...
小林由香おすすめ小説
小林由香おすすめ小説|切なくて号泣!読みやすいミステリー小林由香さんのオススメ小説を紹介しています。重めミステリーから感動作まで、切ないけど読みやすい本ばかりでした。...
上田早夕里おすすめ小説
【上田早夕里】おすすめ小説|オーシャンクロニクルシリーズ順番|SF短編&長編上田早夕里さんのおすすめ小説をご紹介しています。重厚で完成された世界観のオーシャンクロニクルシリーズ、ヒヤリとするSF短編&長編小説など。どれも面白かったです。...
こちらは読んだ?