絵本・児童文学

『永遠の出口』森絵都【あらすじ&読書感想文】苦い過去を振り返って思ったこと

この記事に書かれていること
  • 森絵都さんの小説『永遠の出口』あらすじと感想
  • 思い出さずにはいられない黒歴史
  • 「黒い魔法とコッペパン」
  • 「恋」 と 「卒業」
  • タイトルの意味
  • 『永遠の出口』を読んで気づいたこと

少しだけネタバレあります。

限りあるものほど、いとおしい。

森絵都さんの小説『永遠の出口』感想です。児童文学。ひとりの少女の成長記を描いた物語です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
昔のことを思い出しました。

黒歴史・・・。読み終わってから しばらくボーッと過去に思いを馳せてしまいました。

『永遠の出口』あらすじ

紀子の成長記

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
誕生日会の小さな事件、恐ろしい担任との闘い、グレかかった中学時代、高校での切ない初恋・・・。どこにでもいる普通の女の子・紀子の、小学3年から高校3年までの9年間を描いた成長記。

本の目次
  • 第一章 永遠の出口
  • 第二章 黒い魔法とコッペパン
  • 第三章 春のあなぼこ
  • 第四章 DREAD RED WINE
  • 第五章 遠い瞳
  • 第六章 時の雨
  • 第七章 放課後の巣
  • 第八章 恋
  • 第九章 卒業
  • エピローグ

思い出さずにはいられない黒歴史

黒歴史。子供の頃や青春時代って、意外と思い出したくないことが多い。

若気の至り・・・というか、今考えると恥ずかしいことを堂々としていたなと。忘れてしまいたくて、あまり思い出したくない思い出です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『永遠の出口』を読むと 蘇ってきてしまうんですよね。

独りよがりなあの頃。世界は自分が中心に回っていると よく分からない自信に満ちていたあの頃。

ひつじくん。
ひつじくん。
みんな そういうものだよね、青春時代って。

『永遠の出口』感想

森絵都さんの本、読むのは5冊目です。『カラフル』『つきのふね』『リズム』『宇宙のみなしご』そして本作『永遠の出口』。

どれも面白くて深い作品。でも『永遠の出口』は 今まで読んだ森さんの小説とは ひと味違いました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
紀子を見ていると 心がザワつく。

初めは 理由がわからず 「この本 ハズレ?」 と思いましたが、あることに気づきました。

主人公・紀子と 自分を重ね合わせて読んでいた。

紀子を見ているとイライラしたり、心が穏やかになれないんです。紀子を通して自分の過去を見ているようだったから。

その理由に気づいたとき、この小説 深いと思いました。

リアルな成長記

『永遠の出口』は 主人公・岸本紀子の 小学3年から高校3年までを描いた成長記です。

苦いお誕生会、黒魔女のような担任の先生との対立、グレかかった思春期、恋に恋した高校時代・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
痛々しい。

特に後半、グレかかった思春期や恋を描いた高校時代に 心がチクチクします。リアルな心情が描かれていて 切なくなりました。

「黒い魔法とコッペパン」 黒魔女担任・深沢サヨ子

第二章 「黒い魔法とコッペパン」 が 面白かったです。黒魔女のような怖い担任・深沢サヨ子との対立。

小学生のときは 担任の先生が誰になるかで明暗が別れます。良い先生に当たれば良いけど、世の中には サヨ子みたいな人もいるから。

成績至上主義、えこひいき。

小学5年生になった紀子。担任の先生は 良い意味で教育熱心なのかもしれません。でもクラスの空気感がヤバイ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは パワハラだよね。

恋に恋した高校時代

1番印象に残ったのは、恋に恋をしていた紀子の高校時代。第八章 「恋」 と、第九章 「卒業」 です。

本当は安田くんが好きだった紀子。「ヤスダ」 違いで周りにハヤシ立てられ、保田くんと付き合うことになります。

初めは意識していなかった男の子でも 周りの影響で好きになり、舞い上がってしまう。

やがて その恋は終わりを迎えることになります。紀子は 相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先してしまって ドロドロになる。

恋をしてがんばって、失恋してがんばって、いったい私は何をやってるんだろう・・・・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
苦いけど、紀子の気持ちがわかる。

世界は自分が中心に回っていると思っていたあの頃です。一生懸命が空回りしてしまうあの頃。

心がチクリとしました。

タイトル『永遠の出口』に込められた意味

『永遠の出口』とは 「永遠が終わるとき」 を意味しています。

人によってはホッとするかもしれないし、名残惜しいかもしれません。「永遠」 という言葉に 儚さと愛おしさを感じました。

苦いお誕生会、黒魔女のような担任の先生との対立、グレかけた思春期、恋に恋した高校時代にも やがて出口は訪れます。

こんな文章がありました。

永遠の、限りないものに憧れる。でも、限りあるものほど、いとおしく思える。

限りない 「永遠」 は存在しないんです。カタチあるものは崩れ、どんなことにもいつかは終わりがくる。

  • 終わりが待ち遠しいときは 「永遠」 がなくてホッとする。イヤなこともいつかは終わりがくるから。
  • 幸せなときは 「永遠」 という言葉が 愛おしく感じる。ずっと続けば良いのにと思うけど そうはいかない。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
永遠に出口があるから 世界は成り立っているのかな。

紀子が歩む人生には 様々な出口が訪れます。ホッとしたり、愛おしく思えたり。そのたびに彼女は成長していく。

幸せな時ほど 永遠が終わる時は名残惜しいものですが、その先 (出口) には、新たな出会いが待っているんです。

ひつじくん。
ひつじくん。
限られた 「永遠」 を繰り返して 人は成長していくんだね。

「永遠」 については こちらの小説にも取り上げられていますので どうぞ。

『スロウハイツの神様』辻村深月【あらすじと感想】チヨダ・コーキとスロウハイツの住人辻村深月さんの小説『スロウハイツの神様』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「二十代の千代田公輝は死にたかった」、チヨダ・コーキと登場人物、コーキの天使ちゃん、長すぎる序章について書いています。...
『ホテル カクタス』江國香織【あらすじと感想】過ぎゆく時と切なくも楽しい日常江國香織さんの小説『ホテル カクタス』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「帽子」と「きゅうり」と 数字の「2」、安心感と憧れの無謀さ、不変なるもの、日常の楽しさと切なさについて書いています。...

『スロウハイツの神様』は 公輝のことばに救われる気分になりました。『ホテル カクタス』は 帽子のことばに切なくなりました。

『永遠の出口』を読んで気づいたこと

『永遠の出口』を読んで (思い出したくもない黒歴史を思い出して) 気づいたことがあります。

気づいたこと

恥ずかしいことも全て含めて 「わたし」。それでも一生懸命 生きていた。

読後は 過去の恥ずかしいことを振り返りました。今まで記憶のスミに追いやっていたことを、ひとつずつ。

そうしていると 今までの恥ずかしかったことが受け入れられるような気持ちになるから不思議です。

肯定はできないけど、一生懸命だったから それはそれで良かったのではないかと。

苦い過去がよみがえる『永遠の出口』

児童文学だからって バカにしちゃいけません。なんなら 普通の小説よりも心が揺さぶられます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
森絵都さんの本は やっぱりすごかった。

改めて認識した1冊でした。

こちらもオススメ

『宇宙のみなしご』森絵都【あらすじと感想・解説】ぼくたちは宇宙のみなしご森絵都さんの小説『宇宙のみなしご』あらすじと感想・名言と解説です。少しだけネタバレあります。すみれちゃんと不登校の理由、子どもと大人のちがい、屋根のぼり、七瀬さんの気持ちとキオスクの飛び降り騒動について書いています。...
『リズム』森絵都【あらすじと感想】何気ない日常と自分のリズム森絵都さん『リズム』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。小説を読んで、自分のリズムが大切だと思いました。他人と自分を比べてしまいがちですが、人は人、自分は自分です。そう思うと心が軽くなりました。...
『つきのふね』森絵都【あらすじと感想】みんな必死に生きている!森絵都さんの小説『つきのふね』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。みんな必死に生きていること、宇宙船を設計する智さん、月の船、グサリとくるリアル感、素敵なラストについて書いています。...
『カラフル』森絵都【あらすじと感想】世界は想像以上に愛があふれていてカラフル森絵都さん『カラフル』のあらすじと感想です。世界は愛で溢れていてカラフル。いつも人の優しさや愛を感じれる人間でいたいなと思いました。結末は心が温かくなりました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA