絵本・児童文学

『アライバル』感想文とあらすじ|文字のない絵本、想像の世界へ・・・|ショーン・タン

この記事に書かれていること
  • ショーン・タンの絵本『アライバル』感想
  • 新天地を求めて旅に出た男
  • ファンタジックな世界観
  • 絵本のテーマ 「移民」
  • 新たな出会い

想像で読む絵本

ショーン・タンの絵本『アライバル』は、想像で読む文字なし絵本です。絵だけで深い感動を味わえました。

人物の表情が豊かで、感情移入できる!

ひだまりさん。
ひだまりさん。
思わずジーンとしたよ。

普通の絵本の大きさを想像していたのだけど、大型絵本でびっくりしました。

・・・まぁ、これくらいの大きさの方が良いのかもしれませんね。絵がコマ割りになっていたりするから、あまり小さいと見づらいのかも。

『アライバル』あらすじ

想像で読む絵本

著:ショーン・タン, 翻訳:小林 美幸
あらすじ

新たな土地に移民した者が、その土地で生まれ変わり、新生児のように成長していく。そこには過去の自分を捨てなければならない辛さと、新しい人生を歩むチャンスを手にした幸せとの両面がある。一切の文字を使用せず表現した究極の文字なし絵本

『アライバル』ネタバレ感想文

『アライバル』は、新たな地を目指して移民した者が新天地で人生を切り開いていくお話です。

ひつじくん。
ひつじくん。
言葉がないのに、たくさんの物語がつまっていたよ。

新天地を求めて旅に出た男

主人公は新天地を求めるひとりの男。愛する家族のために見知らぬ地へと足を踏み入れます。

愛する家族の写真。折り鶴。娘が描いた家族の絵・・・。

一つ一つに思い出がつまっていて胸がキュンとなりました。家族の写真を大事に包んでカバンの中へ入れる絵や、娘のために折った折り鶴からは家族への愛が感じられるんですよね。

たった1枚の写真を持って男は旅立ちます。家族と離れ遠い異国へ・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人の表情がとても豊か。

登場人物たちが語りかけてくるようでした。絵自体は色がなくモノトーンなんだけど、温かさを感じます。繊細でしっかりしたタッチなのに少しも硬さは感じなくて。

すうっと絵本の世界にひきこまれますね。コマ割りになっているから映像を見ているようです。

ひつじくん。
ひつじくん。
言葉がなくても、温かい気持ちになったりするものなんだ。

ファンタジックな世界観とテーマについて

絵本で描かれている新天地は不思議な生き物がいるファンタジックな世界。独特な世界観が素敵です。不思議がたくさんつまっていて懐かしさを感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ショーン・タンが描くファンタジックな世界観が好き。

『アライバル』のテーマは「移民」です。

過去を捨てて、そこで生活しないといけないという重圧と期待。

ショーン・タンの作品は、マレーシアから西オーストラリアに移住した経験を持つ父親の影響を受けているようですね。

文化も暮らしも全然ちがうから、ポツンとひとり紛れ込んでしまったような不安な気持ちになってしまう。主人公の男の戸惑いが感じられました。

新たな出会い

初めての地に戸惑う男ですが、新たな出会いがありました。

右も左も分からない彼に優しく手を差し伸べてくれる人々に温かさを感じます。その人たちも故郷を追われて、そこに住み着いた人たちで・・・。人々の苦難と優しさの両方を感じました。

本の登場人物ひとりひとりに物語がある。

主人公の男だけじゃなくて、様々な人々の過去も描かれていて、しみじみするんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
自分が苦労した分、人の痛みがわかるから人に優しくできる。

『アライバル』想像で味わう悲しみと喜び

『アライバル』は悲しみと喜びが描かれています。そして家族と暮らせる幸せな気持ちも。

絵を眺めるだけなのに、たくさんの感情や物語が伝わってくる。

読み終わってから、しばらく目を閉じてその世界の余韻に浸っていました。とても心に染みる絵本。言葉がない分、とらわれずに自由に読むことができます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人によって様々な感想がありそう。
著:ショーン・タン, 翻訳:小林 美幸
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!徹夜本・おすすめ小説|ミステリー、SF、ホラー作品面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
本好きにおすすめ「本」と「ことば」にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
クリスマスに読みたい本
クリスマスに読みたい!人気絵本&小説|プレゼントにもおすすめ!クリスマスに読みたい人気絵本と小説を厳選しました。子どもにおすすめの絵本、大人も楽しめる小説をご紹介します。子どもや友達のプレゼントにもオススメです。...
こちらは読んだ?