絵本・児童文学

絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』あらすじ・感想文|大人には行けない世界|安房直子

この記事に書かれていること
  • 安房直子さんの絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』あらすじと感想
  • 閉じてしまった扉
  • ガラスのストーブ
  • 大人になるということ
  • 憧れの不思議な世界

大人には行けない世界

安房直子さんの絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』感想です。ちょっぴり切なくて素敵な絵本を読みました。ガラスのストーブが暖かそうで、ほっこりします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
風の子フーと ひめねずみの物語。

『ひめねずみとガラスのストーブ』あらすじ

大人には行けない世界。

あらすじ

暖かいガラスのストーブを手にいれた風の子・フー。やがて、そこに ひめねずみがやってきました。

『ひめねずみとガラスのストーブ』感想文

『ひめねずみとガラスのストーブ』は切なさがあとを引く物語でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
読後の余韻がなんとも言えなくて、しんみりした。

閉じてしまった扉

大人には行けない世界、というものがあります。

例えばピーターパンのネバーランド。私が好きなドラクエ5の妖精たちも大人になると見えなくなってしまいます。

大人になることは素晴らしいことだけど、夢の世界の扉は閉じてしまう。

風の子フーが大人になったとき。ひめねずみたちと一緒にストーブにあたれないと悟ったところが切なかったです。なんとも言えない気持ちになりました。

大人になったフーの手の先に広がる温かな光景。・・・もう決して届かない。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
その世界が輝いていればいるほど切なくなる。

心も体も温まるガラスのストーブ

風の子フーがひめねずみと友だちになり、ガラスのストーブにあたっている場面が好きです。

ひつじくん。
ひつじくん。
ほのぼのしたよ。

安房直子さんの世界観、良いですね。いっぺんに好きになりました。

赤くてあったかなガラスのストーブは、心も体も温まります。降矢ななさんのイラストも素敵でした。とても幸せを感じる温かな絵。

フーは、やはり風の子なんです。友だちを残して旅立ってしまいました・・・。

大人になるということ

フーを待つひめねずみ。でも彼はもう帰ってこないと悟ったときの言葉が心に刺さりました。

あああ

ひめねずみがついたため息です。この 「あああ」 に、寂しさと絶望がまじっていて切なくなりました。たった3つの平仮名なのに感情がつまっています。

大人になるってことは、言葉から様々な気持ちを読みとれるってことかもしれませんね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
切ないけど、大人になるって素晴らしい。

憧れの不思議な世界

安房直子さんが描く不思議な世界は、子どもが見ることの出来るネバーランドやドラクエの妖精たちに似通ったところがあります。

大人になった私には行くことができない世界。また好きな物語がひとつ増えました。

『空にうかんだエレベーター』あらすじ・感想文|幻想エレベーターとうさぎ|安房直子安房直子さんの童話『空にうかんだエレベーター』あらすじと感想です。幻想的なエレベーター、空想の世界、ともちゃんの夢と約束について書いています。...
『きつねの窓』安房直子【教科書掲載】あらすじ・感想文|桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...
『夕日の国』あらすじ・感想文|縄跳びとオレンジ色の世界|安房直子安房直子さん『夕日の国』あらすじと感想です。縄跳びと夕日の国、孤独なラクダについても書いています。...

もっと見てみる

こちらは読んだ?