ほっこり

藤城清治さんの絵本『銀河鉄道の夜』あらすじと感想 / 光と影の幻想的な世界

この記事に書かれていること
  • 藤城清治さんの絵本『銀河鉄道の夜』あらすじと感想
  • ジョバンニの孤独
  • 「ほんとうの幸せ」とは?
  • 杉井ギサブロー監督のアニメ映画『銀河鉄道の夜』

カンパネルラと一緒に、どこまでも。

原作 宮沢賢治
影絵・文 藤城清治

『銀河鉄道の夜』藤城清治さんの絵本。『銀河鉄道の夜』は 数多くの書籍があります。小説、絵本、漫画やアニメ映画など・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
多くの本の中から藤城清治さんの影絵本を紹介します。

『銀河鉄道の夜』あらすじ

光と影の幻想的な世界

『銀河鉄道の夜』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
孤独な少年ジョバンニとカムパネルラは、銀河鉄道の汽車に乗って旅をする。やがて様々な人たちと出会い、みんなの「ほんとうの幸い」を願う。

『銀河鉄道の夜』感想

影絵で有名な藤城清治さんが手掛けた映像を元にして作られたものです。『銀河鉄道の夜』の世界観にぴったりでした。

光と影の幻想的な絵本

藤城さんの描く影絵はとても繊細で幻想的です。

展覧会などには足を運ぶのですが、その素晴らしさに圧倒されます。藤城さんが描く『銀河鉄道の夜』。ため息が出るほど美しい。

この絵本の元には映像があるようなのです。まだ見たことがないのですが、そのうち見るつもりでいます。

ジョバンニの孤独

孤独な少年ジョバンニがたまらなく好きです。藤城さんの影絵からも寂しさが伝わってきました。独りぼっちのジョバンニ。クラスメイトからも からかわれてしまうんですよね。

・・・なんとかしてあげたい気持ちになりました。ジョバンニが愛おしい。カンパネルラだけはジョバンニの味方です。

銀河鉄道にのって

汽車に乗って銀河鉄道を旅するジョバンニですが、そこにはカンパネルラもいました。

ひつじくん。
ひつじくん。
どこまでもどこまでも一緒に行けたらいいのにね。

藤城さんの影絵を見ていると、一緒に銀河鉄道を旅しているような気分になります。ジョバンニとカンパネルラと一緒に。

そして切ないような、やるせないような気持ちにもなります。いてもたってもいられなくなる。

宮沢賢治さんの原作の素晴らしさが実感できる絵本です。文字数は少ないのですが様々な感情がわき上がり、読むのに時間を要してしまいました。

ほんとうの幸せ

『銀河鉄道の夜』を読むときに幾度も出てくる「ほんとうの幸せ」。この絵本でも何度も繰り返し描かれています。

賢治が考える「ほんとうの幸せ」とは何だろう。

「幸せ」じゃなく「ほんとうの幸せ」です。一時的に感じるものではなく、いつも心が健やかでいられるようなものという気がします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
宮沢賢治さんの作品を読むに当たって「ほんとうの幸せ」は最大のテーマですね。

読み解くには 賢治の生い立ちやその他の作品に触れてみる必要がありそうです。・・・もっと文章力もつけて賢治作品にふれて、いつかこのことについて書けたら良いなと思っています。

杉井ギサブロー監督のアニメ映画

『銀河鉄道の夜』を知ったのは、杉井ギサブロー監督のアニメ映画が最初でした。

細野晴臣さん作曲の音楽も素敵で サウンドトラックを買ってしまったほどです。宮沢賢治さんの「星めぐりの歌」のオルゴールバージョンとカムパネルラとの別れの曲「別離のテーマ」が切ないんですよね。

最初に見たのは猫のアニメだから『銀河鉄道の夜』といえば あの独特な世界がまず浮かんできます。世界観を壊すことなく、また違った幻想的な世界をこの絵本で味わえました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
マイベスト絵本です。

こちらもオススメ

本当の幸せを求めて ☆ 銀河鉄道の夜アニメ映画『銀河鉄道の夜』の感想です。映画のテーマ「本当の幸せとは何か」、猫のキャラ設定についても書いています。...
『セロ弾きのゴーシュ』藤城清治×宮沢賢治【あらすじと感想】生命力溢れる絵本藤城清治×宮沢賢治『セロ弾きのゴーシュ』絵本のあらすじと感想です。力強い影絵の世界が素敵でした。悩める訪問者、フィフティフィフティの関係、心境の変化について書いています。...
『ぶどう酒びんのふしぎな旅』藤城清治【あらすじと感想】アンデルセンとともに藤城清治さんの絵本『ぶどう酒びんのふしぎな旅』あらすじと感想です。アンデルセンの『びんの首』を元に作られた藤城清治さんの影絵本。藤城清治さん60年の想いについても書いています。...
『マボロシの鳥』絵本の感想とあらすじ/この世界は、きっとどこかとつながっているこの世界は、きっとどこかとつながっている〈影絵〉藤城 清治〈原作・文〉太田 光『マボロシの鳥』絵本今日 紹介するのは藤城さん ✕ 爆笑問...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    この絵本は手に取ったことがないのですが、今ここで見ただけで、この物語が伝えたい思いが感じ取れます。
    世界全体が幸せでなければ自分の幸せはありえない。
    これは私自身、大人になるごとにしみじみと感じて来る思いでした。

    中学の時に、銀河鉄道の夜を読んで、その感想文を書こうと思ったんですが、うまくいきませんでした。受け取ったものをどう表現していいか分からなくて。
    この絵本のなかには、その時表現できなかった思いが、全部詰まってるのかもしれません。
    いつか手に取ってみたいです。

  2. ひだまりさん。 より:

    ありがとうございます(*^_^*)
    藤城さんが描く『銀河鉄道の夜』、とても素敵なんです。
    ギュッと凝縮された文章ですが、ジョバンニの孤独感やカムパネルラとの銀河鉄道の旅、そして自分を犠牲にして他者を救おうとする精神。
    宮沢賢治さんの想いがたくさん詰まっているような気がして、時間をかけて丁寧に読んでしまいます。

    私も学生の頃に感想文を書こうとしたことがありました。
    limeさんと同じで上手くいきませんでしたが・・・。
    もっと文章力がついたら、今度は原作を読んだ感想を書けたら良いなと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA