ほっこり

『あめのひのおるすばん』(絵本の感想) 岩崎ちひろ / おかあさん、まだかな。

ほっこりと可愛い絵本。

岩崎ちひろさん『あめのひのおるすばん』
ちひろさんの絵が好きです。淡くて繊細で可愛くて、小さい頃を思い出す。今日 紹介するのは『あめのひのおるすばん』です。記憶に引っかかる、どこか懐かしさを感じる絵本でした。

『あめのひのおるすばん』あらすじ

ちひろさんが描く可愛い絵本

『あめのひのおるすばん』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
雨の日のお留守番。岩崎ちひろさんが描く繊細な絵と文。幼い頃の記憶がよみがえってくる絵本。

『あめのひのおるすばん』感想

小さな頃、1人でお留守番をしたことありませんか? この絵本を読むと、その時の不安な気持ちや人恋しさが心をよぎるんです。

おるすばんの記憶

女の子が雨の日にお留守番をするお話。

ストーリーというストーリーはないけれど、心細い気持ちなどが絵や文を通して伝わってきました。

誰もいない家で、お母さんを待つ心細さ。

晴れの日ならまだしも雨の日だから、よけい寂しさが増します。ピアノを弾いてみたり、窓に願いごとを描いてみたり・・・。淡いタッチの絵を見ていると、心がしんと静まってくるような感じがしました。

とつぜん鳴り響くベルの音

突然、電話が・・・

電話のベル。子供の頃、大きな音にビクっとしたのを覚えています。誰かがいる時は怖くないけど、1人の時は怖かった。今でも突然大きな音がするとびっくりして怖くなったりします。・・・私ってあまり変わってないのかも。

考えるのはお母さんのことばかり。雨に浮かぶお魚。ぬれているお花。雨の日は、晴れの日には見えない不思議が見える。

ちひろさんの絵はどこか寂しげで、女の子の心がそのまま現れています。言葉は少なめですが、絵を見ると気持ちが伝わってくるんですよね。

あっ おかあさん

おかあさんが帰ってきた時のイラストが素敵

少女の嬉しい気持ちがひと目でわかりました。お母さんに話したいこと、たくさんありそう。最後の言葉がかわいいんですよね。思わず微笑んでしまいました。やっぱり、ちひろさんが描くこどもは可愛いです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA