絵本・児童文学

『あめのひのおるすばん』絵本の感想文|岩崎ちひろ|おかあさん、まだかな。

この記事に書かれていること
  • 岩崎ちひろさんの絵本『あめのひのおるすばん』あらすじと感想文
  • おるすばんの記憶
  • とつぜん鳴り響くベルの音

ほっこりと可愛い絵本。

岩崎ちひろさんの絵本『あめのひのおるすばん』感想です。淡くて繊細で、どこか懐かしくて小さい頃を思い出しました。ちひろさんの絵が好きです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
懐かしさを感じる絵本だよ。

『あめのひのおるすばん』あらすじ

ちひろさんが描く絵本

あらすじ

雨の日のお留守番。岩崎ちひろさんが描く繊細な絵と文。幼い頃の記憶がよみがえってくる絵本。

『あめのひのおるすばん』感想文

小さな頃、1人でお留守番をしたことありませんか?

絵本『あめのひのおるすばん』を読むと、その時の不安な気持ちや人恋しさが心をよぎるんです。

ひつじくん。
ひつじくん。
小さな頃は、雨の日にひとりだと不安になったものだ。

おるすばんの記憶

『あめのひのおるすばん』は、女の子が雨の日にお留守番をするお話。

ストーリーというストーリーはないけれど、心細い気持ちなどが絵や文を通して伝わってきました。

誰もいない家で、お母さんを待つ心細さ。

晴れの日ならまだしも雨の日だから、よけい寂しさが増しますね。ピアノを弾いてみたり、窓に願いごとを描いてみたり・・・。

淡いタッチの絵を見ていると、心がしんと静まってくるような感じがしました。

とつぜん鳴り響くベルの音

突然、電話が・・・。

電話のベル。子供の頃、大きな音にビクっとしたのを覚えています。誰かがいる時は怖くないけど、1人の時は怖かった。

今でも突然大きな音がするとびっくりして怖くなったりします。・・・私ってあまり変わってないのかも。

雨に浮かぶお魚。ぬれているお花。雨の日は、晴れの日には見えない不思議が見える。女の子が考えるのはお母さんのことばかりてす。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ちひろさんの絵は寂しげで、女の子の心がそのまま現れているんだ。

言葉は少なめたけど、絵を見ると気持ちが伝わってくるんですよね。

あっ おかあさん

おかあさんが帰ってきた時のイラストが素敵でした。

少女の嬉しい気持ちがひと目でわかります。お母さんに話したいことがたくさんありそう。最後の言葉がかわいいんですよね。思わず微笑んでいました。

ひつじくん。
ひつじくん。
ちひろさんが描くこどもは可愛い。
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
心に響いた絵本10選|大切なことを学べる本心に響いた絵本を10冊紹介しています。大切なことを教えてくれる本、切なくて泣ける、楽しくなる、想像で読む絵本です。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
本好きにおすすめ「本」と「ことば」にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
こちらは読んだ?