教科書・古典

『やまなし』あらすじと読書感想文・考察「クラムボン」の正体と宮沢賢治の幸福論

やまなし
この記事に書かれていること
  • 教科書『やまなし』あらすじと読書感想文・考察
  • クラムボンの正体
  • 宮沢賢治の幸福論
  • 5月と12月の対比
  • タイトルの意味
  • 大人と子どもを魅了し続ける理由

クラムボンはわらったよ。

宮沢賢治の童話『やまなし』を読んで考えたこと・思ったこと (考察と読書感想文) です。小学校6年生の教科書に掲載されていますね。

私が読んだのは『もう一度読みたい教科書の泣ける名作』に掲載されている1話。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
賢治の幸福論が頭をよぎった。

「クラムボン」の正体など様々な解釈があげられていて、大人も子どもも魅了され続ける物語です。

『やまなし』教科書 あらすじ・評価

宮沢賢治『やまなし』

あらすじ

小さな谷川の底を写した2枚の青い幻灯。季節は5月と12月。5月の昼、2匹の蟹の子どもたちが、青白い水の底で話しています。『クラムボンはわらったよ。』そのとき、1匹の魚が頭の上を過ぎていきました・・・。12月の夜、大きくなった蟹の子どもたちは、あまりに月が明るく水がきれいなので外に出て、しばらくだまって泡をはいていました。そのとき、黒くて円い大きなものが落ちてきたのです・・・。

登場するもの
  • 3匹のカニ(弟・兄・父)
  • クラムボン
  • 鳥(カワセミ)
  • やまなし

「クラムボン」 の正体|考察と解説

クラムボンの正体

『やまなし』を読んだときに誰もが気になることがあります。

「クラムボン」って何?

賢治の造語「クラムボン」が何かは語られていません。想像の域をでないけど、ネットで検索すると様々な意見がでてきます。

例えば
  • カニの母親
  • プランクトン
ひだまりさん。
ひだまりさん。
初めて読んだときは泡で、今はプランクトンだと思ってるよ。物語を追いながら理由をみていくね。

『やまなし』に登場する「クラムボン」。川の底にいる幼ないカニの兄弟が下から「クラムボン」を眺めているところから物語は始まります。

『クラムボンはわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』
『クラムボンは跳ねてわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

「かぷかぷわらった」や「跳ねてわらった」などの表現が楽しい。ここだけ見ると「クラムボン」は泡のような気がしました。

そこへ魚が泳いできます。

『クラムボンは死んだよ。』
『クラムボンは殺されたよ。』
『クラムボンは死んでしまったよ・・・・・・。』
『殺されたよ。』

楽しそうな光景が一転、「死んだ」「殺された」に変わりました。

泡が割れた?

続く兄の言葉で「クラムボン」は泡じゃなくてプランクトンなんじゃないかと感じました。

『何か悪いことをしてるんだよとってるんだよ。』

ひつじくん。
ひつじくん。
プランクトンだと、兄が言った「とってる」という言葉がしっくりくるからだね。

真相はわかりません。泡でもプランクトンでもなく、賢治の世界でのみ存在する生物かもしれないし・・・。賢治にしか答えはわかりません。

でもここでは「クラムボン」はプランクトンということで話を進めていきます。

『やまなし』に描かれた宮沢賢治の幸福論

『やまなし』と言うと必ず「クラムボンは何か」問題がでてきますね。でもそれよりももっと興味深いことがあるんです。

宮沢賢治の幸福論「世界がぜんたい幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない」が垣間見えること。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
宮沢賢治の小説では、彼の幸福論は外すことができないもの。

『やまなし』も例外ではありません。賢治の幸福論を連想せずにはいられない物語でした。

賢治が考える 「みんなのほんとうの幸い」

みんなのほんとうの幸い

宮沢賢治が言う「世界がぜんたい幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない」。その幸福論は『やまなし』でも垣間見ることができます。

私がこの言葉に初めて出会ったのは『銀河鉄道の夜』でした。

『銀河鉄道の夜』では、「みんなのほんとうの幸い」と「自己犠牲の愛」がセットで描かれています。

サソリの話

1匹のサソリがイタチに襲われたとき、逃げて井戸に落ちたサソリは思う。こんなに虚しく命を捨てるのだったら、わたしの体をイタチにくれてやれば良かった。そうしたらイタチは一日生き延びただろう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
サソリのように自分を犠牲にして他者の幸せを願うことは、私にはムリ・・・。

正直、自己犠牲うんぬんは肯定できないけど、『やまなし』でも賢治の幸福論が透けて見えてきます。

5月と12月の対比にみる幸福論

5月と12月の川底

『やまなし』で描かれているのは、5月と12月の川底。2つに抱くイメージは真逆でした。

  • 5月→「死」を連想。心が落ち着かず不安なイメージ
  • 12月 →「生」を連想。希望に満ちている

5月では「クラムボン」は魚に食べられ、魚はカワセミに食べられる食物連鎖が描かれていて「死」を連想します。

自然界では当たり前の光景ですが、カニの兄弟にとっては違いました。

『何か悪いことをしてるんだよとってるんだよ。』

「クラムボン」をとって(食べて)いる魚は「何か悪いことをしている」のです。自分が生きるために必要なことが悪いこととされていました。

ひつじくん。
ひつじくん。
これは、賢治の「みんなのほんとうの幸い」じゃない行為だからかな。

では真逆に描かれている12月はどうか。

12月には「やまなし」がカニのいる川に落ちてきます。ちなみに「やまなし」とは山梨、果物のナシですね。

「やまなし」はいい匂いのするもの、熟すと美味しいお酒になるものとしてカニに尊がられている存在。希望に満ちて「生」を連想します。

みんなに幸せをもたらす「やまなし」は「みんなのほんとうの幸い」の象徴のように感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
川底にいい匂いをさせて、もう少し待てば美味しいお酒ができる。カニたちの世界では みんなが幸せ。

「やまなし」は「世界がぜんたい幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない」という幸福論に当てはまります。

カニの住む世界は「やまなし」のおかげで幸福になる。5月も12月も真逆ながら、そこには賢治の幸福論が感じられるのです。

なぜ『やまなし』なのか|タイトルの意味

なぜ『やまなし』なのか

ところで、なぜこの童話のタイトルは『やまなし』なのでしょうか。

5月には「やまなし」は登場しないし、それがでてくるのは12月の最後の方です。「クラムボン」に比べると印象が薄いイメージ・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
ぶっちゃけ「クラムボン」でも良いんじゃないの?

5月は「クラムボン」で、12月は「やまなし」。別々にタイトルをつけれそうなくらい、お互いどちらかにしか登場しません。

ではなぜ 『やまなし』にしたのか。

「クラムボン」よりも幸福を象徴する「やまなし」をタイトルにすることで希望が感じられる。

これも真相はわかりません。でもカニたちを幸せに導く「やまなし」は、賢治の考える幸福論そのもの。未来の幸福を願う思いが感じられました。

宮沢賢治「みんなのほんとうの幸い」について思うこと

『銀河鉄道の夜』、『やまなし』を読んで再び賢治の幸福論にふれました。

最近思うことがあるのです。

自己犠牲がない世界が「みんなのほんとうの幸い」に近づくということ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
死に繋がる自己犠牲は自己満足だよ。

本人は良いかもしれないけど、その人が犠牲になることで悲しむ人がいます。悲しむ人は幸福とは言えません。「みんなのほんとうの幸い」を願うなら自己犠牲がないことが大前提です。

教科書『やまなし』が大人と子どもを魅了し続ける理由

学校の教科書にも掲載されて、今でも様々な解釈が絶えない『やまなし』。それはひとえに、全てが謎のままだからでしょうね。

もしも「クラムボン」の正体がわかっていたら?

とっても知りたいことですが、想像する楽しみが半減しちゃいます。いくつかの謎が大人と子どもを魅了し続ける理由。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
童話や小説もそうだけど、物語には想像する楽しみがある。

想像力が身につく、考察力がつくなど堅苦しいことは抜きにして、ただただ想像する楽しさが味わえるのが『やまなし』の魅力です。

他にもあります

教科書の名作
面白い短編集
スキマ時間におすすめ短編集|サクッと読めて面白い小説を厳選サクッと読めて面白い短編集を紹介しています。ほっこりする小説、SF短編&ショートショート、ミステリー、ホラー短編小説などです。ぜひ読書の参考にしてください。...
癒されたい時におすすめの小説
癒されたいときに読みたい!ほっこり心温まる小説|日常に疲れたときにオススメほっこり・心温まる小説を厳選しました。癒されたい時、疲れた時におすすめです。読むと元気になれて心に染みる本を紹介。ほのぼのと心が温まります。読書の参考にして下さい。...
ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...