懐かしの教科書・古典

『初雪のふる日』安房直子【あらすじと感想】白い雪うさぎと教科書の教え

この記事に書かれていること
  • 安房直子さん『初雪のふる日』あらすじと感想
  • 石けりと白いうさぎについて
  • ちょっぴり怖い異世界
  • 『初雪のふる日』イメージカラー
  • 安房さんが伝えたかったこと

白い雪うさぎと教科書の教え。

安房直子さん『初雪のふる日』あらすじと感想です。小学校の国語の教科書にも載っているようですね。私の小さい頃の記憶が おぼろげながら浮かんできました。

『初雪のふる日』あらすじ

教科書の物語

『初雪のふる日』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
少女が石けりをして遊んでいた秋の終わりの日。雪が降り始めたと思ったら、後ろから不思議な声が聞こえてきました。

『初雪のふる日』感想

ケンケンパ。
小さなころ地面にチョークで丸を書いて飛び跳ねながら遊んでいたことを思い出しました。私の住んでいる所は、石けりではなくて「ケンケンパ」と言っていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
懐かしい。

『初雪のふる日』は、小さな女の子が石けりをしながら異世界に連れて行かれそうになる物語です。・・・ちょっぴり怖さもありました。

白いうさぎ

石けりをしている少女の後ろには、たくさんの白うさぎがいました。後から後から少女を追いかけてきます。気づいたときには前にも後にも白うさぎ。

うさぎの白は、雪の白 片足、両足、とんとんとん

うさぎが呟く途中途中に書かれているこの言葉はリズム感があり楽しくなってきます。でもそのとき少女は昔おばあさんから聞いた話を思い出すんです。・・・女の子といっしょに私もヒヤリとしました。

白い異世界

ちょっぴり怖い異世界

うさぎの群れにまきこまれたら帰って来られなくなるかもしれない。

安房さんお得意の異世界への入口です。彼女の描く童話には、ちょこちょこ こう言った異世界がでてきます。異世界に入ったまま戻らない物語もあれば、ちゃんと現実世界に戻ってくる物語もあって・・・。

結論を先に言うと『初雪のふる日』は ちゃんと戻ってくる物語の方です。・・・ちょっとホッとしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
安房さんの物語をよむと、いつも色を意識してしまうんです。

この物語のイメージカラーは白でしょうか。

白=異世界=死。

・・・そんな風に考えてしまいました。戻って来れて良かったです。

『初雪のふる日』教科書の教え。ポイントをまとめてみた

『初雪のふる日』は ちょっとパンチがきいた怖い物語です。

なぜそんな物語が小学校の教科書に載ったのでしょうか? ポイントをまとめました。

主人公の女の子は まだ成長過程にある少女です。そしてこの物語を読む生徒も同じ。少女は、おばあさんの教えを思い出してうさぎの列から離れることができました。

ポイント
  • 道に迷いそうになったら人生の先輩であるおばあさんのいうことを聞き敬いなさいということ。
  • これから社会に出るときに間違った方向にいかないように流されないように自分の考えをしっかり持ちなさいということ。

・・・安房さんの想いが伝わってくるようでした。

こちらもオススメ

『きつねの窓』安房直子【教科書のあらすじと感想】桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...
『鳥』安房直子【教科書のあらすじと感想】一途な恋と素敵な秘密安房直子さん『鳥』あらすじと感想です。国語の教科書に掲載されていた物語。耳の中のひみつ、心に浸透する恋心についても書いています。素敵な結末でした。...
『空にうかんだエレベーター』安房直子【あらすじと感想】幻想エレベーターとうさぎ安房直子さんの童話『空にうかんだエレベーター』あらすじと感想です。幻想的なエレベーター、空想の世界、ともちゃんの夢と約束について書いています。...

もっと見てみる

他にもあります

教科書の名作
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA