おすすめ本特集

【安房直子】絵本・童話おすすめ|教科書掲載&切なくてほっこりする作品

安房直子おすすめ絵本と童話

安房直子おすすめ絵本&童話

安房直子(あわなおこ)さんの童話が好きです。ほっこりするものや、切なくて物悲しさがのこるもの、ちょっぴり怖いもの・・・。

私がよんだ童話の中から、とても好き&印象強く残った物語をピックアップしました。

  • 教科書の名作
  • ほっこりと癒やされる幻想的な異世界
  • ちょっぴり怖い異世界
  • 切なくて物悲しさが残る作品
ひだまりさん。
ひだまりさん。
安房さんが描く異世界に憧れる。

【心にのこる教科書の名作】安房直子の絵本&童話

まずは、学校の教科書に掲載されていた物語を3つ紹介します。今現在は掲載されていないかもしれないけど、間違いなく心にのこる名作。

ひつじくん。
ひつじくん。
教科書で安房さんの物語に初めてふれた人、多いんじゃないかな。

『きつねの窓』

指で窓を作ると?

あらすじ

山で道に迷った男は、キツネの「そめもの ききょうや」にたどり着く。指をききょうの花で青色にそめてもらい、その指で窓をつくってみたら・・・。

『きつねの窓』は、私が初めてよんだ安房さんの作品です。だから思い入れが強いんですよね。ききょうの花で染めた指で窓をつくってみたら・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
不思議なことがおこるんだ。

安房さんが描く不思議は、どこか懐かしく心がほんのりと温かくなります。私も指を青くそめてもらいたくなりました。

『きつねの窓』安房直子【教科書掲載】あらすじ・感想文|桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...

『鳥』

不思議な恋の物語

あらすじ

ある日、耳のお医者さんの元に駆け込んできた一人の少女。少女の耳の中には、ある「ひみつ」が入ってしまったようで・・・。

耳の中に広がった不思議な世界。『鳥』は、ひとりの少女が恋をするお話です。一途な想いに胸を打たれ、幼かった頃に人を好きになった気持ちを思い出しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
心が温まったよ。

『鳥』からは、果てしない「空の青」を感じました。目を閉じると私にも海と砂浜が見えてくる。安房さんの世界に引き込まれます。

『鳥』安房直子【教科書掲載】あらすじと感想文|一途な恋と素敵な秘密安房直子さん『鳥』あらすじと感想です。国語の教科書に掲載されていた物語。耳の中のひみつ、心に浸透する恋心についても書いています。素敵な結末でした。...

『初雪のふる日』

ちょっぴり怖い異世界

著:安房 直子, イラスト:ゆら, こみね
あらすじ

少女が石けりをして遊んでいた秋の終わりの日。雪が降り始めたと思ったら、後ろから不思議な声が聞こえてきました。

『初雪のふる日』は、小さな女の子が異世界に連れて行かれそうになる物語。ちょっぴり怖さもあってインパクトが強いお話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
うさぎの白は、雪の白。片足、両足、とんとんとん。

うさぎの言葉は、楽しさとともにヒヤリともしました。異世界へ行ってみたいような、でも戻って来れなかったらと思うと・・・。

『初雪のふる日』あらすじと感想文|教科書・安房直子が伝えたいこと安房直子さん『初雪のふる日』あらすじと感想です。小学校の国語の教科書に掲載されていました。『初雪のふる日』で 安房直子さんが伝えたかったことについても書いています。...

【ほっこりと癒やされる】安房直子の絵本&童話|幻想的な異世界

続きまして、安房直子さんの絵本&童話より、ほっこりと癒やされる物語です。思わず行ってみたい(体験したい)憧れの異世界が描かれた作品をご紹介。

ひつじくん。
ひつじくん。
幻想的な世界に行ってみたくなった。

『空にうかんだエレベーター』

8つの短編集

あらすじ

子ども服のショーウィンドウに飾られた可愛いうさぎ。ともちゃんは、このうさぎが大好きでした。ある日、ショーウィンドウを見ていると、うさぎの声が聞こえてきたのです。

『空にうかんだエレベーター』は、ほっこりと癒やされるお話。文庫本『夢の果て』に収められている1話です。エレベーターという身近にあるものを幻想的なものに変えてしまう。安房さんの世界観が素敵なんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
きっとそこから見える景色は素晴らしいんだろうな。

私も空にうかぶエレベーターに乗りたくなりました。ウサギさんと一緒に・・・。

『空にうかんだエレベーター』あらすじ・感想文|幻想エレベーターとうさぎ|安房直子安房直子さんの童話『空にうかんだエレベーター』あらすじと感想です。幻想的なエレベーター、空想の世界、ともちゃんの夢と約束について書いています。...

『夕日の国』

なわとび飛んだら夕日の国へ

あらすじ

なわとび50回とんだら、夕日の国が見えてきて、70回で夕日の国に行ける。そして100回で、こっちの世界に戻って来れる。咲子が言っていた通りに、なわとびを飛んでみたら・・・。

短編集『風と木の歌』に収められている『夕日の国』は、ちょっぴり哀愁を感じる物語です。縄跳びをすると夕日の国が見えてくる。50回で夕日の国が見えて、70回で夕日の国に行けて、100回飛んだら戻ってこれる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
夕日の国にはラクダがいるんだよね。

でもラクダはいつもひとりぼっち。オレンジ色に染まった砂漠の世界が、幻想的で美しく感じます。

『夕日の国』あらすじ・感想文|縄跳びとオレンジ色の世界|安房直子安房直子さん『夕日の国』あらすじと感想です。縄跳びと夕日の国、孤独なラクダについても書いています。...

【ちょっぴり怖い】安房直子の絵本&童話|ヒヤリとする異世界

安房直子さんの絵本や童話の中には、ちょっぴり怖くてヒヤリとする物語もあります。憧れるんだけど、異世界に行ったままになるとか・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
ヒヤリとするけど、怖さが魅力でもある作品をピックアップしたよ。

『ハンカチの上の花畑』

不思議な小人の世界

あらすじ

良夫さんが、おばあさんから預かった古い壺。その中には小人の家族が住んでいました。1枚のハンカチの上にくりひろげられる小人の世界。

安房さんの作品の中では1番ゾッとした『ハンカチの上の花畑』は、小人の世界が描かれています。1枚の魔法のハンカチの上でくり広げられる幻想世界。憧れるけど、ちょっぴり怖いんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私が今いる世界は、誰かが見おろしている世界かもしれない・・・。

怖くて不思議で憧れを抱いてしまう魅力がある世界でした。

『ハンカチの上の花畑』あらすじ・感想文|作者が伝えたかったこと|安房直子安房直子さん『ハンカチの上の花畑』あらすじと感想です。つぼの中の住人と約束、シルバニアファミリーを連想したこと、小人の世界、安房直子さんが伝えたかったことについて書いています。...

『夢の果て』

夢の果てにいるのは・・・?

あらすじ

あるところに、とても美しい目をした娘がいました。彼女はやっと13歳でしたが、大人に褒められるたびに、誰が見ても自分は美しいんだと思うようになりました。ところが、ある日のこと。彼女は電車の中で これまで見たことがないほど素敵な目の人に出会ったのです。

表題作『夢の果て』は、異世界に飲まれてしまう少女を描いた物語です。安房さんの作品では、ちょっぴり怖い方のストーリー。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でもとても好きな1話なんだ。

はじめて読んだとき、「青いアイシャドウ」 がとても魅力的なアイテムに感じたのを覚えています。今でも青いアイシャドウをつけると『夢の果て』を思い出すくらいに・・・。インパクトある物語でした

『夢の果て』あらすじ・感想文|青いアイシャドウの幻想|安房直子安房直子さんの童話『夢の果て』あらすじと感想文です。青いアイシャドウの魅力と比喩、夢で出会う若者、アイリスと花言葉、ヒヤリとするラストについて書いています。...

ちなみに『夢の果て』はこちらにも収められています。

【切なさがあとをひく】安房直子の絵本&童話

最後は、切なさがあとをひく安房直子さんの絵本と童話です。読後に物悲しさがただようけど、それが美しく感じるのも魅力なんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
安房さんの物語、ほんと好きだなと思う。

『ひめねずみとガラスのストーブ』

大人には行けない世界

あらすじ

暖かいガラスのストーブを手にいれた風の子・フー。やがて、そこに ひめねずみがやってきて・・・。

大人には行けない世界、というものがあります。行けないからこそ憧れる世界が『ひめねずみとガラスのストーブ』に描かれていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
切なくなったけど、温かな気持ちにもなるよ。

安房直子さんが描く世界は、子どもが見ることの出来るネバーランドやドラクエの妖精たちに似通ったところがありますね。・・・憧れます。

絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』あらすじ・感想文|大人には行けない世界|安房直子安房直子さんの絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』あらすじと感想です。閉じてしまった扉、ガラスのストーブ、大人になるということ、憧れの不思議な世界について書いています。...

『みどりのスキップ』

みみずくの恋物語

あらすじ

だれかすきな子はいますか?あこがれの子はいますか?みみずくは、であってしまいました。あの子に。つたわらなくたって、いいのです。わらわれたって、いいのです。みみずくはきめたのです。あの子をまもるって。トット、トット、トット、トット。そんなとき、きこえてきたのは不思議な音でした。

『みどりのスキップ』は、みみずくの恋を描いた物語です。出会ってしまったんですよね、あの子に。切なさと淋しさ、儚さを感じたストーリーです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
一途なミミズクが愛おしくなった。

未来がすぐそこにあるのに、心をどこかに置き忘れてきたような寂しさが心に染みました。

『みどりのスキップ』あらすじ・感想文|みみずくの一途な恋|安房直子安房直子さん『みどりのスキップ』あらすじと感想です。みみずくの恋と 花かげちゃん、儚いひととき、印象に残ったラストについて書いています。...

『だれも知らない時間』

だれも知らない秘密の時間

あらすじ

ある時、漁師の良太は 200年も生きている大きなカメに時間をわけてもらいます。1日に1時間ずつ。その時間で彼がやったのは・・・。

『だれも知らない時間』はちょっぴり切ない物語。自己犠牲の愛が描かれています。しんみりと心に響きました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
秘密の時間はとても魅力的だけどね。

みんなの本当の幸いのために自分を犠牲にして、他人の幸せをねがう精神は真似ができません。切なくて美しい余韻がのこるお話でした。

『だれも知らない時間』あらすじ・感想文|秘密の時間と夢の世界|安房直子安房直子さん『だれも知らない時間』あらすじと感想です。秘密の時間や切なさについても書いています。宮沢賢治さん『銀河鉄道の夜』の「さそりの火」を連想しました。...

【安房直子】おすすめ絵本&童話まとめ

安房直子さんのおすすめ絵本&童話でした。切なくてほっこりするもの、憧れの異世界・・・。安房さんが描く物語は美しくて哀愁がありますね。

紹介した本
  • 『きつねの窓』
  • 『鳥』
  • 『初雪のふる日』
  • 『空にうかんだエレベーター』
  • 『夕日の国』
  • 『ハンカチの上の花畑』
  • 『夢の果て』
  • 『ひめねずみとガラスのストーブ』
  • 『みどりのスキップ』
  • 『だれも知らない時間』
ひつじくん。
ひつじくん。
ぜひ読んでみて。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

【短編小説】おすすめ|ミステリーからファンタジー・童話まで面白かった本を厳選面白くてハマった短編小説を集めました。短時間でよめるので、通勤などのスキマ時間にもおすすめ。ミステリー&ホラーファンタジー、ショートショート、児童文学・童話を紹介しています。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
ハマる!一度は読むべきSF・ファンタジー、恋愛小説
【ハマる面白さ】一度は読むべき本|SF・ファンタジー、恋愛小説おすすめ私を読書沼に落とした名作(SF・ファンタジー、お仕事、恋愛)小説を厳選しました。一度は読むべき本です。...
こちらは読んだ?