絵本・児童文学

『夕日の国』安房直子【あらすじと感想】縄跳びとオレンジ色の世界

この記事に書かれていること
  • 安房直子さん『夕日の国』あらすじと感想
  • 縄跳びと夕日の国について
  • 孤独なラクダについて

なわとび百とべる?

安房直子さん『夕日の国』感想です。安房さんの童話の中でも好きな物語。『夕日の国』というタイトルも素敵でお気に入りの1話です。

『夕日の国』あらすじ

なわとび飛んだら夕日の国へ。

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
なわとび50回とんだら、夕日の国が見えてきて、70回で夕日の国に行ける。そして100回で、こっちの世界に戻って来れる。咲子が言っていた通りに、なわとびを飛んでみたら・・・。

『夕日の国』感想

子供の頃は縄跳びをしてよく遊びました。その時を思い出します。・・・と言っても100回も飛べませんでしたが。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
夕日の国に行けるんだったら私も必死に縄跳びをするんだろうな。

縄跳びと夕日の国

縄跳びをすると夕日の国が見えてくる。

50回で夕日の国が見えてくる。70回で夕日の国に行ける。100回で戻ってこれる。

安房さんは日常のどこにでもあるものを不思議に変えてしまいますね。

男の子は 不思議な少女・咲子から縄跳びで「夕日の国」に行けると教えてもらいました。咲子の言うとおり五十とんだら辺りはオレンジ色に包まれる。そこには一匹のラクダがいました。

孤独なラクダ

夕日の国にはラクダが一匹います。

砂漠には他に誰もいなくて、ぼくは縄跳びをしながらそれを眺めるだけ。ラクダに触ることもできない。一人ぽっちのラクダ。

読んでいると 男の子のラクダに触れないもどかしさや、一人ぽっちのラクダを想う優しい気持ちが伝わってきました。

咲子は夕日の国の住人になる方法を教えてくれるのですが・・・。一度住人になってしまうともう戻って来られないのです。

オレンジ色の異世界

「夕日の国」は安房さんが描く異世界です。オレンジ色の幻想的な砂漠の世界が広がり、一匹のラクダがいます。そしてオレンジ色の住人・咲子もいる世界。

どんな場所なんだろう? 素敵なところですが一度住人になるともう戻れない怖さもあります。童話ながらにピリっとしますよね。

安房さんの描く世界はありえないけど ありえそうで、一度読むと深く印象に残る。その世界の住人になったかのような不思議な感覚に陥るんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
読んだ後に目を瞑ると、夕日の国が見えてくるようです。

こちらもオススメ

『きつねの窓』安房直子【教科書のあらすじと感想】桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...
『空にうかんだエレベーター』安房直子【あらすじと感想】幻想エレベーターとうさぎ安房直子さんの童話『空にうかんだエレベーター』あらすじと感想です。幻想的なエレベーター、空想の世界、ともちゃんの夢と約束について書いています。...
『ハンカチの上の花畑』安房直子【あらすじと感想】小人の世界と魔法のハンカチ/作者が伝えたかったこと安房直子さん『ハンカチの上の花畑』あらすじと感想です。つぼの中の住人と約束、シルバニアファミリーを連想したこと、小人の世界、安房直子さんが伝えたかったことについて書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA