学び

『ハンカチの上の花畑』安房直子【あらすじと感想】小人の世界と魔法のハンカチ

ハンカチの上の幻想世界。

安房直子さん『ハンカチの上の花畑』
一枚のハンカチの上に広がる幻想世界。・・・実はこのお話、ファンタジーなのですがちょっぴり怖いんです。

『ハンカチの上の花畑』あらすじ

不思議な小人の世界

『ハンカチの上の花畑』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
良夫さんが、おばあさんから預かった古い壺。その中には、小人の家族が住んでいました。1枚のハンカチの上にくりひろげられる小人の世界。

『ハンカチの上の花畑』感想

私が読んだ安房さんの作品の中では一番ゾッとしました。それだけに印象の強い物語です。

つぼの中の住人

良夫さんが、おばあさんから預かった古い壺。その中には5人の小人がいました。

お母さん、お父さん、3人の子供たちです。

青いハートの刺繍が隅に入った白いハンカチを広げてその上に壺を置きます。そして、歌を歌うと小人たちが出てくるのです。

小人たちは菊の苗を植えはじめます。菊からできる菊酒を作っていました。その光景を想像すると ほのぼのします。

私が小さい頃はシルバニアファミリーが家にあって、それを眺めてほんのりしていました。

小さい家があって、その中にシルバニアファミリーがいて・・・。小さな家の中では、一つの物語があり一つの世界がある。『ハンカチの上の花畑』を読んでいると、懐かしいシルバニアファミリーを思い出しました。

ハンカチの上に広がった菊畑からできる菊のお酒はとても美味しいものでした。おばあさんは良夫に壺を預けるのですが、ある二つの約束をします。

小人のことは秘密にすること。
菊酒で金儲けをしてはいけないこと。

それを破ると良くないことが起こるのですが、約束を破ってしまうのです。

小人の世界

良夫さんとその奥さんは、おばあさんとの約束を破った罪悪感からビクビクして暮らすようになりました。そんなとき、ある広告を目にします。

『郊外の緑の中の家。あしたから住めます』

彼らは逃げるように移り住みます。電車に乗ってトンネルを抜けて。異世界への入口です。

安房さんの描く異世界。
二人が住む家の隣はもう一軒家があり、そこに住んでいたのは・・・・・なんと小人たちでした。

約束を破った二人を待ち受けていたのは小人の世界です。そこにはその家族以外、誰もいませんでした。

小人の国の空は、まっ青でした。ちぎれちぎれの白い雲が、とんでいました。けれども、ああ、これは、ほんものの空なのでしょうか。今もし、この土地を、上から見おろしている人がいたら・・・・・

ここの部分を読んだ時ゾッとしました。

私が今いる世界も誰かが見おろしている世界かもしれない。私が小さい頃、シルバニアファミリーを上から見おろしていたように・・・。思わず天井を見上げてしまいました。

もしや、このまま現実世界に戻れずに終わるのでは!?

ゾッとしながらもドキドキしながら読んでいました。安房直子さんの物語は、時たまそんなことがあるんです。それでもやっぱりファンタジーで、幻想的な異世界に憧れを抱くのですが。

ハンカチの上の幻想

この本は、約束を破った奥さんのえみ子さんの欲深さが描かれています。

欲張り過ぎてはいけないと教えられているようでした。

現実世界に戻ってきたのか来れなかったのか。
ここでは書きませんが、一度でも安房直子さんの幻想世界に足を踏み入れるとその虜になります。私みたいに (*^_^*)

一枚の魔法のハンカチの上で繰り広げられる幻想世界。安房さんの文章は魔法のような力があります。とても不思議で憧れを抱いてしまうような世界でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA