懐かしの教科書・古典

『木を植えた男』(絵本)ジャン・ジオノ【あらすじと感想】ブフィエ氏に学んだこと

絵本『木を植えた男』

ジャン・ジオノ (原作)
フレデリック・バック (絵)
寺岡 襄 (訳)

ブフィエ氏に学ぶ成功の秘訣

このお話は読んだことがなくてもタイトルくらいは知っているというくらい有名な本ですね。私も知っていたけど読んだことがなかった絵本でした。

黙々と木を植えていく男のお話。・・・そう聞くと地味に聞こえそうですが、読んでみてびっくり!!とても存在感のあるドッシリとした物語でした。

『木を植えた男』あらすじ

ブフィエ氏に学ぶ成功の秘訣。

『木を植えた男』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
フランスの山岳地帯。荒地を緑豊かな地に生まれ変わらせた男の半生。

『木を植えた男』感想

男が持つ力強い精神力。成功する人がよく持っているものです。それはどのようにして培われたのでしょうか。

孤独な羊飼い

フランスプロヴァンス地方の廃墟で一人の羊飼いと出会います。

彼が木を植え続ける男。名前をエルゼアール・ブフィエといいました。

ずっと一人で黙々と木を植え続けます。第一次世界大戦の時も、第二次世界大戦の時も変わらず・・・。その精神力は凄いですね。

でも疑問に思ってしまいました。・・・私に限らず、このお話を読んだことがある人たちはみんな疑問に思うはずです。

なぜ木を植え続けるのか? その精神力はどこからくるのか?

不屈の精神と、無償の愛

エルゼアール・ブフィエは、主人公と出会った当時で55歳でした。

愛する家族を失い独りになってしまいます。

そこから彼の孤独な人生は始まりました。でも読んでいて不思議なくらい寂しさは感じませんでした。逆に力強さを感じます。かつて家族に抱いたであろう無償の愛が木に注がれていました。

・・・木だけじゃなく廃墟で暮らす人々にも、それは向けられていたんだろうな。

長い年月の末、廃墟は木でいっぱいになり豊かな大地になります。そこで暮らす人々はみんな幸せそうに描かれていました。

彼はなぜ木を植え続けるのか。
そこには全ての人への無償の愛があったのだと思います。

成功の秘訣とは

ただ木を植え続ける・・・と言っても、それは恐ろしく大変な作業です。しかも長い年月がかかり気の遠くなるもの。そこには絶望があり、時には虚しさがありました。

ブフィエ氏の凄いところは、決して諦めないことです。

カエデを植えてみてダメだった。私ならそこで諦めそうですが、彼はそれを教訓にしてブナを植えます。成功する人というのは、不屈の精神を持っている人ではないでしょうか。

失敗しても諦めず、それを乗りこえられる人。
ブフィエ氏は孤独の中で逆境にもめげずに立ち向かいます。試行錯誤を繰り返して。強い精神力はそんな過程で養われたのですね。私も身につけたいなと思いました。

ゴビ砂漠にポプラを植えた日本人

ネットで素敵な記事を発見しました。

木を植えた男、日本人バージョンです。
以前NHKで放映されていたようですが、中国のゴビ砂漠にポプラを300万本植えた日本人がいたようです。遠山正瑛さん。

遠山さんがその時に言っていた言葉が素敵でした。

「やればできる、やらなきゃできない」

挫けそうな時に元気が出てくる言葉ですね。何度も挫折をしながらも決して諦めなかった。ブフィエ氏と同じく、そこに成功の秘訣が隠れているのだと思います。・・・この番組、見たかったです。

『木を植えた男』は 世界中で愛されている物語

原作者のジャン・ジオノさんは、この絵本の地、プロヴァンス地方の出身です。彼の作品のほとんどがその地を舞台にして描かれているようです。

『木を植えた男』も、そんな彼の体験をもとにして書かれたとのこと。今から60年以上も前の1953年の作品です。それだけ長い間、世界中の人に読み継がれてきたのですね。読んで納得の一冊でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA