懐かしの教科書・古典

「ちいちゃんのかげおくり」 あらすじと感想【教科書作品】あまんきみこが伝えたかったこと

あまんきみこさんが描く戦争の悲惨さ。

あまんきみこさん『ちいちゃんのかげおくり』のあらすじと感想です。小学校3年の教科書に掲載されている物語をもう1度よみました。

ちいちゃんを通して 「戦争の悲惨さ」 が描かれています。

絵本も出版されていますが、私が読んだのは『もう一度読みたい 教科書の泣ける名作』に収められている1話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
戦争は何も残らない。全てを奪うのみですね・・・。
ひつじくん。
ひつじくん。
やり切れない思いがジワジワとわきあがってきたよ。

この本を読むと・・・

  • 戦争の悲惨さがわかる
  • どうしようもないほどの悲しみに包まれる

『ちいちゃんのかげおくり』あらすじ

教科書の名作!

『ちいちゃんのかげおくり』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
夏の夜に空襲警報が鳴りひびき、ちいちゃん一家は外へとびだしました。でも逃げる途中で、ちいちゃんは家族とはぐれてしまうのです。

『ちいちゃんのかげおくり』感想

切ない・・・と一言で片付けてしまえない 深い悲しみがあとをひきました。とてもとても悲しい物語です。

戦争の悲惨さが描かれた『ちいちゃんのかげおくり』

『ちいちゃんのかげおくり』は 第2次世界大戦の悲惨さが描かれたお話でした。

児童文学ですが大人が読んでも心に響く。忘れている人には、ぜひもう一度読んでもらいたい物語です。

幼い ちいちゃんが戦争によって家族を亡くし、自らも死んでしまいます。戦争がなければ家族もバラバラにならず、きっと幸せに生きたんだろうなと思いました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
きっと現実には戦争を経験して辛い思いを背負って生きてきた人たちもいるんだよね。
ひつじくん。
ひつじくん。
戦争は奪うだけ奪って、何も生まれないし何も残らないんだ。

そんな悲惨な戦争を、あまんきみこさんは優しく淡々と綴っていました。決して声を荒らげて叫んではいません。

ふんわりと悲しみを包み込んでくれる描き方に心が静まります。

ちいちゃんは なぜ死んでしまったの?

空襲でお母さんとお兄ちゃんとはぐれて、知らないおじさんに避難場所まで連れられた ちいちゃん。家の焼け跡に戻ったときも近所のおばさんに助けを求めることもできたはずです。

でも ちいちゃんはそうしませんでした。お母さんに会えることを信じて待ち続けます。最後は願いが叶い、空の上で家族と一緒になれたのですが・・・。

ちいちゃんにとって家族はかけがえのないものだったんだなと しみじみしました。

独りで生きることよりも、家族と一緒になる道 (死) を選んだんですね。仲の良い家族だったから、悲しいけど妙に納得してしまいました。

2つの 「かげおくり」 の違いが悲しさを誘う

印象に残ったところ

『ちいちゃんのかげおくり』は、 「かげおくり」 の描写が2箇所でてきます。そのシーンが強く印象に残りました。

同じように見えても明らかに違う1つ目と2つ目の描写。悲しくて泣けてきます。

「かげおくり」 とは

「かげおくり」 とは、漢字で 「影送り」 と書きます。

とお、かぞえるあいだ、かげぼうしを じっと 見つめるのさ。とお、といったら 空を 見上げる。すると、かげぼうしが そっくり 空に うつってみえる。

10秒間 瞬きせずに影をみつめてから空を見上げると、空に影がうつって見えるというものです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
影の残像が空に反映されるのですね。

ちいちゃんは 影送りの遊びをお父さんから教えてもらいます。お父さんが戦争に招集される前、空襲でお母さんとはぐれる前のことです。

お父さんと お母さんと お兄ちゃんと。4人そろって影送りをしました。幸せな思い出だったのでしょうね。

「かげおくり」 に込めた願い

1つ目と2つ目の かげおくり。

  • 1つ目は、家族みんなそろっての かげおくりでした。
  • 2つ目は、家族とはぐれたあとの かげおくりです。

ほんの少しの月日しかたってないのに、あまりにも変わってしまった環境。戦争で家族が犠牲になり、1人残された ちいちゃんは どんな気持ちで かげおくりをしたのか・・・。

家族4人でやった かげおくりの時のことを思い描きながら、きっとあの時のように空に4人が映るはずだと。そう願っていたに違いありません。

ひつじくん。
ひつじくん。
最後は 願いが叶って、ちいちゃんも空に登っていったよ。

ちいちゃんの目線で描かれた戦争

あまんきみこさんは、ちいちゃんの目線で戦争の悲惨さを訴えていました。ポイントをまとめました。

戦争の悲惨さ
  • 1番大切な家族が奪われてしまったこと。
  • まだ幼い ちいちゃんは、現状を理解できずに お母さんを待ち続けたこと。
  • 最後は ちいちゃんも死んでしまったこと。

「悲しい」 とか 「理不尽」 などといった悲観的な言葉は一切 書かれていないんです。それでも戦争の爪痕がどんなものなのかが伝わってきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
優しい描写だから より一層 胸に響く。もう一度よんで良かった物語です。

こちらもオススメ

同じく 「戦争」 の悲惨さを描いた小説です。

『暗幕のゲルニカ』原田マハ【あらすじと感想】パブロ・ピカソの訴えと戦争 ゲルニカを消したのは誰? 原田マハさんの小説『暗幕のゲルニカ』感想です。 モダンアートを扱った『暗幕のゲルニカ』。前...
『三月十三日の夜』今江祥智/100万分の1回のねこ/空に想いをのせて『100万分の1回のねこ』7話目は、今は亡き今江祥智さんの短編『三月十三日の夜』のレビューです。 最後には死んでしまう猫。でもそこ...

他にもあります

教科書の名作
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 雨降りさん より:

    こんばんは
    「ちいちゃんのかげおくり」は、良い意味でトラウマです。
    戦争は怖い、いやだ、起きてほしくない、と子供心ながら真剣に思いましたから。
    ひだまりさん。のレビューを読ませていただいて、やっぱりどんな理由があろうと戦争はいやだな、と思いました。
    教科書にずっと載せ続けてほしいお話です。
    今も載っているのかしら?

  2. 雨降りさん、こんばんは。
    コメントをありがとうございます (^O^)

    「ちいちゃんのかげおくり」 もう一度よんで、私も戦争イヤだーと思いました。あまんきみこさんの描き方は優しいけど、悲しみでいっぱいになります。

    今も教科書に載っているみたいです (^^)
    ずーっと載せ続けてほしいお話ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA