絵本・児童文学

『はれ ときどき ぶた』矢玉四郎(絵本 あらすじ&読書感想文)えんぴつの天ぷらと消しゴムの大根おろし

はれときどきぶた
この記事に書かれていること
  • 矢玉四郎さん『はれ ときどき ぶた』絵本のあらすじと読書感想文
  • あしたの日記
  • 「えんぴつの天ぷら」 と 「消しゴムの大根おろし」
  • 空からぶたが降ってくる!?
  • じゃがいもに毛がはえた
  • 絵本『はれ ときどき ぶた』の魅力

少しだけネタバレあります

明日は ぶたが降る!?

矢玉四郎さん『はれ ときどき ぶた』絵本の感想です。小さいときにハマった絵本。当時はアニメも放送されて大好きでした。インパクト強い絵本です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
今読んでも 可笑しくて好き。

絵本『はれ ときどき ぶた』あらすじ

バカバカしいけど面白い!

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ぼくは 畠山則安。3年3組。あだ名は 十円やす。ぼくが毎日つけている日記を 母さんがこっそり見ているらしい。だから 「あしたの日記」 を書くことにした。うんと、めちゃくちゃなことを書いて、母さんをびっくりさせようと思ったんだ・・・。

絵本『はれ ときどき ぶた』感想

『はれ ときどき ぶた』。

内容もインパクトありながら、タイトルが面白い。天気予報と思いきや、ときどき ぶた。

ひつじくん。
ひつじくん。
ブタが降るの!?
ひだまりさん。
ひだまりさん。
たくさんのブタが空に現れるんだよ。

あしたの日記

視点は 十円やす、畠山則安くんです。則安くんは日記をつけ始めるも、お母さんに見られていました。

でも日記にウソのことは書けない。だから 「あしたの日記」 を書くことにします。めちゃくちゃなことを書いて お母さんを驚かせようと・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
則安くん、純粋で可愛いね。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
あしたの日記。まだ起こってないことだから、ウソではないんだよね。

日記の内容がインパクトありすぎて面白い。ときどき ぶたが降るのもビックリですが、「えんぴつの天ぷら」 が強烈でした。

「えんぴつの天ぷら」 と 「消しゴムの大根おろし」

今でも記憶に残って消えないシーンがあります。それは 「えんぴつの天ぷら」。

則安くんが 「あしたの日記」 に書いた内容は、お母さんが鉛筆を天ぷらにするというものでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
むちゃくちゃな・・・。

お母さんは 則安くんの日記の通りに えんぴつの天ぷらを作る。衝撃ですが、もっとインパクト大だったのは お父さんが それを食べるシーンです。

「いただきます」 父さんが、いきなり、えんぴつの天ぷらをかじった。ぱりっと、ひとくちかじって、「うん、いけるぞ」 よろこんでいる。

ひつじくん。
ひつじくん。
お父さん、食べちゃったよ・・・。

パリパリと 美味しそうに。

このシーンが強烈。小さいときに見て以来、大人になっても忘れられない絵本として記憶に焼き付いた瞬間でした。

お父さんは 後ほど、お腹を壊すんです。・・・そうですよね。鉛筆をたべたワケだから。

そこに登場するのは 「消しゴムの大根おろし」。

鉛筆と言ったら 消しゴムです。お母さんが大根をおろすように 消しゴムをおろし始めました。それを食べたお父さんは事なきを得ます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
お父さんのお腹が治って ホッとしました。

空からぶたが降ってくる!?

則安くんは あしたの日記に、午後からぶたが降ると書きました。そうしたらテレビの天気予報は・・・

「南よりの風が、いちじ強く吹くでしょう。お天気は晴 ですが、午後から所により、ときどき、ぶたがふるでしょう」

午後から ときどき ぶた・・・のようです。

ひつじくん。
ひつじくん。
天ぷらのえんぴつも衝撃だったけど、これも面白いね。ほんとに降るの?
ひだまりさん。
ひだまりさん。
それは 内緒。でも空にぶたが現れるんだよ。

空がたくさんのブタであふれているイラストが好きです。

じゃがいもに毛がはえた

ぶた以外にも、お母さんの首が伸びたり、金魚が部屋を飛び回ったり。ユーモアいっぱいの絵本でした。

極めつけは じゃがいもに毛がはえる。

でも 則安くんは そんなこと日記に書いた覚えはないんです。・・・なのに不思議なことが起こりました。

なぜかは 絵本を読んでみてくださいね。

バカバカしいけど面白い!絵本『はれ ときどき ぶた』の魅力

絵本『はれ ときどき ぶた』は 子どもも大人も引きつける魅力があります。

バカバカしいけど面白い。

日記を見たお母さんをビックリさせてやろうと書き始めた あしたの日記。えんぴつを天ぷらにするとか、空からぶたが降るとか。

ひつじくん。
ひつじくん。
1つ1つのエピソードに ユーモアがあるね。

矢玉さんは あとがきでこんなことを書いていました。

ばかなことを考えるのは、あんがいむつかしいことなんだ。

この言葉を読んで、東野圭吾さんの『超たぬき理論』を連想しました。

『超たぬき理論』(怪笑小説) 東野圭吾【あらすじと感想】タヌキに情熱を捧げた男東野圭吾さんの短編『超たぬき理論』(怪笑小説より) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。くだらないけど笑える『超たぬき理論』、超能力説と文福茶釜、UFO説、常識が覆される瞬間、バカに出来ない理論について書いています。...

東野さんの小説で 群れを抜いて面白い短編。バカバカしいことが書かれていますが 面白い。東野圭吾=天才と思った1話です。

矢玉さんも東野さんも バカバカしいことを面白さに変えているところが すごいです。

『はれ ときどき ぶた』の魅力は 「バカバカしさ=面白さ」 が成り立つこと。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
バカバカしさは正義!

面白くて 最後までワクワクが止まりません。おすすめの絵本です。

こちらもオススメ

大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA