ほっこり

『青い花』安房直子【絵本のあらすじと感想】青い傘の奇跡

この記事に書かれていること
  • 安房直子さん絵本『青い花』あらすじと感想
  • 安房さんが描く本の魅力、色の表現について
  • まごころを込めて作るということ
  • 絵本から学ぶこと

ふしぎな青い傘。

安房直子さん『青い花』です。図書館で借りてきました。安房直子さんの絵本のレビューです。

絵本『青い花』あらすじと感想

あらすじ

傘屋の主人は、ある日、小さな女の子に出会います。彼女に青い傘を作りました。それから不思議なことが・・・。

安房さん『青い花』。絵は南塚直子さんが描かれています。ホンワカした優しいタッチに癒されますね。

文字で描く色彩

安房さんが描く本の魅力に色の表現があります。

青い空や雨あがりの青い空に似た青。

・・・思わず目を瞑って 海の色や雨上がりの青い空の色を思い浮かべました。色の表現が上手いんですよね。好きな色は人それぞれあると思います。私は青い色がとても好きです。安房さんの本の影響かもしれません。

今まで読んだ本にはよく「青」が登場します。『きつねの窓』や『空色のゆりいす』『夢の果て』そして『青い花』。安房さんの物語を心に思い浮かべると色彩も同時に思い浮かんでくるんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
空の色だったり、海の色だったり、お花の色だったり・・・。

自分の身近にある色なのですんなりと浸透します。本で描かれている情景も見えてきて、それが心地よい。不思議な感覚です。

大切なこころ

『青い花』は 最後に物悲しさが残る物語でした。

少女に青い傘を作ってあげた日から青い傘は流行りだします。彼は忙しさに追われて一番大切なことを忘れていました。

まごころを込めて作るということ。

一番大切なこと。それもまた少女が気付かせてくれました。若者と少女の出会いは必然だったのですね。ひとつひとつ真心を込めて丁寧に・・・。

絵本から学ぶこと

本を読むと様々な気持ちを体験できて想像することの楽しさが味わえます。

安房さんが描く不思議な世界では 戻って来るときに楽しさがあったり、切なさがあったり、悲しさがあったりします。ほんの短時間の旅行ですが、後に引く想いは思いのほか大きいものです。

絵本から学ぶこともたくさんあるんですよね。人として大切なことに気付いて、時々はっとしたりします。たまには絵本を読んで、自分の過去の行いを振り返ってみるのも良いかもしれません。

こちらもオススメ

『みどりのスキップ』安房直子【あらすじと感想】みみずくの一途な恋安房直子さん『みどりのスキップ』あらすじと感想です。みみずくの恋と 花かげちゃん、儚いひととき、印象に残ったラストについて書いています。...
『鳥』安房直子【教科書のあらすじと感想】一途な恋と素敵な秘密安房直子さん『鳥』あらすじと感想です。国語の教科書に掲載されていた物語。耳の中のひみつ、心に浸透する恋心についても書いています。素敵な結末でした。...
『初雪のふる日』安房直子【あらすじと感想】白い雪うさぎと教科書の教え安房直子さん『初雪のふる日』あらすじと感想です。小学校の国語の教科書に掲載されていました。『初雪のふる日』で 安房直子さんが伝えたかったことについても書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA