懐かしの教科書・古典

『朝のリレー』谷川俊太郎【教科書の解説と感想】いつもどこかで朝がはじまっている。『マボロシの鳥』との共通点

この記事に書かれていること
  • 『朝のリレー』全文
  • 『朝のリレー』簡単な解説と感想
  • 『朝のリレー』と『マボロシの鳥』共通点

いつもどこかで朝がはじまっている。

谷川俊太郎さん『朝のリレー』感想です。『朝のリレー』は 中学校1年の教科書にも載っていて、ずっと前にネスカフェのコーヒーのCMにもなっていましたよね。素敵なCMでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
実は 絵本『マボロシの鳥』を読んでいたらこの詩が思い浮かびました。私が小さな頃から好きだった詩です。

『朝のリレー』全文

『朝のリレー』全文

カムチャツカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

『朝のリレー』解説と感想

『朝のリレー』を読むと世界って広いんだなと思います。そしてつながっている。・・・安心感を感じました。

ひつじくん。
ひつじくん。
少しだけ簡単な解説と感想を書いたよ。

繋がっている朝

この地球では いつもどこかで朝がはじまっている

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『朝のリレー』のこの部分がとても好きです。

カムチャツカの若者が きりんの夢を見ているとき メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている

小さい頃の私は、カムチャツカという聞き慣れない単語が印象に残り、きりんの夢という可愛らしい表現にほっこりしました。

おなじ時間に存在する自分とは違う人の朝。

不思議な感覚を抱いたのを覚えています。そして、いつもどこかで朝がはじまる。
当時の私には、この詩の言わんとしていることを理解するのは難しかったです。大人になった今読むとその表現の素晴らしさに感嘆しました。

ぼくらは朝をリレーするのだ 経度から経度へと そうしていわば交替で地球を守る

時差があるからリレーのようになる。とても素敵な表現ですよね。どこかで夜を迎えたとしても同じ時刻にどこかで朝がはじまっている。

『朝のリレー』と『マボロシの鳥』共通点

2つの共通点

谷川俊太郎さんの『朝のリレー』と 絵本『マボロシの鳥』から連想したのは世界の繋がりです。

『マボロシの鳥』は「この世界は、きっとどこかとつながっている」という人との繋がりをテーマにした本でした。谷川俊太郎さんの『朝のリレー』からも世界の繋がりを連想します。

それぞれ全く違うものですが読んだあとに感じる想いは一緒でした。それは一人じゃないということ。

眠る前のひととき耳をすますと どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる それはあなたの送った朝を 誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

この表現からも感じる人との繋がり。『朝のリレー』を読むと自分は一人じゃないんだと実感するんです。今でもずっと心に残っている詩です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
誰かが送ってくれた朝なら、目覚まし時計の音も嫌いにならずにすみそうです。

こちらもおすすめ!

『マボロシの鳥』絵本の感想とあらすじ/この世界は、きっとどこかとつながっているこの世界は、きっとどこかとつながっている〈影絵〉藤城 清治〈原作・文〉太田 光『マボロシの鳥』絵本今日 紹介するのは藤城さん ✕ 爆笑問...

こちらもオススメ

『二十億光年の孤独』谷川俊太郎【教科書の解釈と感想】宇宙と孤独とくしゃみについて谷川俊太郎さん『二十億光年の孤独』全文と簡単な解釈、感想です。小学校の教科書に掲載されていた詩です。この詩を読むと広大な宇宙について考えてしまいます。「くしゃみ」 について感じたことも書いています。...
『クレーの絵本』谷川俊太郎×パウル・クレー【詩の感想】黄金の魚と黄色い鳥のいる風景谷川俊太郎 × パウル・クレー『クレーの絵本』感想です。「黄金の魚」と「黄色い鳥のいる風景」 詩の全文と感想も書いています。物悲しさがあとを引く不思議な絵でした。...
教科書の名作『スイミー』の絵本を読んだ感想。レオ=レオニが描いた壮大な海の世界レオ=レオニの絵本『スイミー』を読んだ感想とあらすじを書いています。国語の教科書にも掲載されている『スイミー』。大人になって絵本を読むと、子どもの頃には気づかなかったことが見えてきました。『スイミー』には大切なことが書かれています。協調性と一人の時間です。一人になって初めて見えたものがありました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    この詩は、とても印象に残っています。
    教科書に載っていて、読んですぐに、賑やかな楽しい地球が頭の中で絵になりました。
    言葉のリズムとテンポと遊び心と、谷川さんの温かさと。
    何年生の教科書だったんでしょう。
    大きくて遠くて想像もつかないよそよそしい外国が、小さな地球儀サイズになって、身近に感じられた詩でした。

  2. ひだまりさん。 より:

    こんばんは (*^_^*)
    ありがとうございます♪
    私も何年生の教科書だったか、記憶にないのですが、一度読むと忘れないほど印象的な詩でした。
    谷川俊太郎さん、というと真っ先に『朝のリレー』が思い浮かぶほどです。

    本当に、広くて遠い世界が身近に感じられますね。
    谷川さんの優しい言葉が心地よくて、読んでいて楽しくなっちゃいます。
    短い言葉で、こんなに気持ちを伝えられる。
    憧れちゃいますね(*´︶`*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA