教科書・古典

『朝のリレー』谷川俊太郎【教科書の解説と感想】いつもどこかで朝がはじまっている『マボロシの鳥』との共通点

この記事に書かれていること
  • 『朝のリレー』全文
  • 『朝のリレー』簡単な解説と感想
  • 『朝のリレー』と『マボロシの鳥』共通点

いつもどこかで朝がはじまっている。

谷川俊太郎さん『朝のリレー』感想文です。『朝のリレー』は中学校1年の教科書に掲載されていました。ずっと前にネスカフェのコーヒーのCMにもなっていましたね。

実は、絵本『マボロシの鳥』を読んでいたら『朝のリレー』を連想したのです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
小さな頃から好きだった詩だよ。

『朝のリレー』全文

『朝のリレー』全文

カムチャツカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

『朝のリレー』解説と感想文

『朝のリレー』を読むと世界って広いんだと感じます。そしてつながっている。・・・安心感があるんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
簡単な解説と感想を書いたよ。

繋がっている朝

この地球では いつもどこかで朝がはじまっている

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『朝のリレー』のこの部分がとても好き。

カムチャツカの若者が きりんの夢を見ているとき メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている

小さい頃は、カムチャツカという聞き慣れない単語が印象に残りました。きりんの夢という可愛らしい表現にほっこり。

おなじ時間に存在する自分とは違う人の朝。

不思議な感覚を抱いたのを覚えています。そして、いつもどこかで朝がはじまる。

当時は、この詩の言わんとしていることを理解するのは難しかったのだけど・・・。大人になった今読むと、その表現の素晴らしさに感嘆します。

ぼくらは朝をリレーするのだ 経度から経度へと そうしていわば交替で地球を守る

時差があるからリレーのようになるのですね。素敵な表現です。どこかで夜を迎えたとしても同じ時刻にどこかで朝がはじまっている。

『朝のリレー』と『マボロシの鳥』共通点

谷川俊太郎さんの『朝のリレー』と、絵本『マボロシの鳥』から連想したのは世界の繋がりです。

『マボロシの鳥』は「この世界は、きっとどこかとつながっている」という人との繋がりをテーマにした絵本でした。谷川俊太郎さんの『朝のリレー』からも世界の繋がりを連想します。

それぞれ全く違うものだけど、読んだあとに感じる想いは一緒でした。

一人じゃないということ。

眠る前のひととき耳をすますと どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる それはあなたの送った朝を 誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

この表現からも感じる人との繋がり。『朝のリレー』を読むと、自分は一人じゃないんだと実感するんですよね。今でもずっと心に残っている詩です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
誰かが送ってくれた朝なら、目覚まし時計の音も嫌いにならずにすみそう。

こちらもおすすめ!

『マボロシの鳥』絵本の感想とあらすじ/この世界は、きっとどこかとつながっている藤城さん × 爆笑問題・太田さんコラボ絵本『マボロシの鳥』あらすじと感想です。生命力あふれた力強い影絵、同時に存在する2つの世界、『マボロシの鳥』と『朝のリレー』の共通点について書いています。...

谷川俊太郎さんの本

『二十億光年の孤独』谷川俊太郎【教科書の解釈と感想文】宇宙と孤独とくしゃみについて谷川俊太郎さん『二十億光年の孤独』全文と簡単な解釈、感想文です。小学校の教科書に掲載されていた詩です。この詩を読むと広大な宇宙について考えてしまいます。「くしゃみ」 について感じたことも書いています。...
『クレーの絵本』谷川俊太郎×パウル・クレー【詩の感想】黄金の魚と黄色い鳥のいる風景谷川俊太郎 × パウル・クレー『クレーの絵本』感想です。「黄金の魚」と「黄色い鳥のいる風景」 詩の全文と感想も書いています。物悲しさがあとを引く不思議な絵でした。...
『スイミー』あらすじと感想文|教科書・絵本から学んだこと|レオ=レオニレオ=レオニの絵本『スイミー』の感想とあらすじを書いています。国語の教科書にも掲載されている『スイミー』。大人になって絵本を読むと、子どもの頃には気づかなかったことが見えてきました。『スイミー』には大切なことが書かれています。協調性と一人の時間です。一人になって初めて見えたものがありました。...

他にもあります

教科書の名作
こちらは読んだ?