学び

『宇宙のみなしご』森絵都【あらすじと感想・解説】ぼくたちは宇宙のみなしご

この記事に書かれていること
  • 森絵都さんの小説『宇宙のみなしご』あらすじと感想・解説
  • すみれちゃんと不登校の理由
  • 子どもと大人のちがい
  • 屋根のぼり
  • 七瀬さんの気持ちとキオスクの飛び降り騒動
  • 『宇宙のみなしご』名言と解釈

少しだけネタバレあります

ぼくたちは宇宙のみなしご

森絵都さんの小説『宇宙のみなしご』感想です。児童文学なので読みやすいですね。心に響く。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
タイトルが素敵です。

『宇宙のみなしご』あらすじ

思春期の中学生を描いた物語

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
中学2年生の陽子と1つ歳下の弟・リンは いつも2人で自己流の遊びを生み出してきた。新しく見つけた遊び。それは真夜中に近所の家に忍び込んで屋根にのぼること。同じクラスの七瀬さんも加わり、3人で屋根にのぼっていたら、いじめられっ子・キオスクに見られてしまい・・・。第33回野間児童文芸新人賞。

『宇宙のみなしご』感想

森さんの本を読むと学生時代を思い出します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
くすぐったくて懐かしい。

『宇宙のみなしご』に出てくる中学生・陽子は大人びた女の子でした。

不在の担任・すみれちゃんと不登校の理由

中学校の時って 担任の先生が誰になるのかソワソワしていました。『宇宙のみなしご』の主人公・陽子の担任の先生は変わったばかり。

前の担任・すみれちゃんのいない学校が描かれています。いないのに 陽子の中に占める割合は大きくて存在感がありました。

子どもと大人のちがい

思春期の子どもたちって 些細なことでも傷ついたりします。不登校になったら大人は理由づけをしたくなる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
子どもにしてみれば 理由が分からなかったりもするんですよね。理由なんてなかったり。

不登校になった陽子やキオスクを見ていると 子どもと大人の違いは こういうことなのかなと思いました。

陽子とリンが見つけたあそび 「屋根のぼり」

陽子の両親は仕事で忙しく夜も帰らないことが度々でした。寂しさを紛らわせるために、陽子と弟のリンは たくさんの遊びを実践します。

その中の1つ 「屋根のぼり」。真夜中に 他所の家の屋根にこっそりのぼる遊びです。

自力でのぼった屋根にひざを抱えて座るとき、すーっと息を吸いこみながら見上げるその空を、月を、星ぼしを、雲のかけらを、まるごと自分たちのものにしたような気分にひたれるのだ。

小さいころ憧れました。屋根の上に。でも実際に登る勇気はなかったですが。

初めは陽子とリンだけの遊びでしたが、七瀬さんも加わりました。そしてクラスのいじめられっ子・キオスクも・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
彼ら4人は 「屋根のぼりに」 何を求めていたんだろう?

七瀬さんの気持ち

陽子のクラスメイトでリンと同じ陸上部の七瀬さん。彼女はひとりでは走りませんでした。必ずリンと一緒。

人の目が気になって ひとりでは走れない。

彼女は陽子に憧れ、一緒に屋根にのぼります。でも七瀬さんは七瀬さんのまま。陽子にはなれません。

私も学生のころと社会人に成り立てのころは背伸びをしていました。ひとの目も気にしていたし、自分のことが嫌いになったりも・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
だから七瀬さんの気持ちが少しだけわかってしまいます。

でも結局 私は私のままなんです。憧れの人と同じにはなれません。

歳を重ねた今は これが私なんだとあきらめ半分。あとの半分は 自分の個性をつぶさないようにしようと思えるようになりました。

「屋根のぼり」 をした七瀬さんは 陽子のようにはなれないと絶望しますが、ラストは吹っ切れたようです。安心しました。

キオスクの自殺騒動

「屋根のぼり」 の日から不登校になったキオスク。彼は屋根に登ることができなかったんです。

不登校から3週間近くたったある日、彼は自殺騒動を起こします。真夜中に自分の部屋の窓から飛び降りて・・・。

周りから自殺だと思われていたけど、実はそうじゃなかった。

ひつじくん。
ひつじくん。
「屋根のぼり」 をきっかけにして、自分を変えたかったんだね。

変わりたいと思う気持ちと きっかけ

陽子とリンと七瀬さんとキオスク。森さんが描く中学生たちは それぞれ悩みを抱えていました。

七瀬さんとキオスクは 自分が好きになれずに変わりたいと思う気持ち。

きっかけがないと なかなか難しいかもしれません。「屋根のぼり」 は 2人にとって きっかけの1つだったのですね。

屋根に登れば きっと自分が変われる。

気持ちの問題です。でも きっかけって大切。

陽子とリンにとって 「屋根のぼり」 は 寂しさを紛らわせるための遊びの1つです。仲の良い姉弟。2人いて良かったねと思います。

『宇宙のみなしご』名言と解釈

キオスクの言葉で語られた、元担任・すみれちゃんが言ったことが心に染みました。

『宇宙のみなしご』名言

ぼくたちはみんな宇宙のみなしごだから。ばらばらに生まれてばらばらに死んでいくみなしごだから。自分の力できらきら輝いてないと、宇宙の闇にのみこまれて消えちゃうんだよ

簡単な解釈

僕たちはみんなひとり。宇宙に浮かぶ星のように自分の力で輝かないと 気づいてもらえない。

大人も子どもも 1番しんどいときは ひとりで切りぬけるしかないということ。でもつらい時は手と手を取りあって休憩することも大切。

最後の 「屋根のぼり」 をした4人が手を繋ぐシーンが好きです。心がほんのりと温まりました。

大人にもおすすめ!森絵都さんの児童文学

森絵都さんの小説は やっぱり心に響く。

『カラフル』『つきのふね』『リズム』『宇宙のみなしご』と4冊読みましたが、どれも素敵な物語でした。

ホンワカしているようで鋭くリアルな子どもの気持ちを描いています。それもキレイごとだけじゃなくて。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
だから懐かしさとともに共感できるのかも。

こちらもオススメ

『カラフル』森絵都【あらすじと感想】世界は想像以上に愛があふれていてカラフル森絵都さん『カラフル』のあらすじと感想です。世界は愛で溢れていてカラフル。いつも人の優しさや愛を感じれる人間でいたいなと思いました。結末は心が温かくなりました。...
『つきのふね』森絵都【あらすじと感想】みんな必死に生きている!森絵都さんの小説『つきのふね』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。みんな必死に生きていること、宇宙船を設計する智さん、月の船、グサリとくるリアル感、素敵なラストについて書いています。...
『リズム』森絵都【あらすじと感想】何気ない日常と自分のリズム森絵都さん『リズム』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。小説を読んで、自分のリズムが大切だと思いました。他人と自分を比べてしまいがちですが、人は人、自分は自分です。そう思うと心が軽くなりました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA