スキマ時間に・・・

『けしゴム』まど・みちお (詩集)【感想】広がる想像の世界

言葉から膨らむイメージの世界

まど・みちおさん&美智子さま『けしゴム』
素敵な詩集でした。まど・みちおさん&美智子さま『けしゴム』です。

『けしゴム』本の紹介

まど・みちおさんの詩集

『けしゴム』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

皇后美智子さまが英訳した、まど・みちおさんの21篇。

『けしゴム』感想

短いもので一行の詩。
この本を読むと、ことばって少なくても良いんだなと思います。たった一言で限りなく広い意味が想像できる。・・・深いですね。

消しゴムの魔力

「オウム」

くちの なかの
けしゴムは
いいまちがえたら
けす つもり

思わずいいなっと思いました。言ってしまった後に後悔する・・・。たまにあることです。そんな時に消しゴムで消してしまえれば楽なのに。

子供のころ、可愛い消しゴムを集めていました。

キャラクターを型どったもの。良い香りがするもの。いま家にあるものは「ぱっちりくん」というものです。その名の通り匂いを嗅ぐと、ぱっちり目が覚めるけしゴム。同じメーカーさんので「まとまるくん」や「かおりちゃん」などもありますよね。

安房直子さんの童話に出てくる「何でも消せる消しゴム」という文房具をチラっと思い出しました。消したい過去があるわけではないけれど魅力的なものですね。

誰かの辛い過去を消してあげたい。

もう なんまんねんも・・・

「キリン」

いすは まっています
とおい ほしからの
きょじんの おきゃくを
もう なんまんねんも・・・

読んだ後に椅子を見るとキリンに見える。ほっこりしました。「きょじんのおきゃく」は私か (*^_^*) まどさんの観点は凄いですね。私も想像力ゆたかになりたいです。

「もう なんまんねんも・・・」の言葉に切なさと愛おしさで、いっぱいになりました。

キャベツに咲くバラ

「キャベツ」

どんな バラが さくのか
この おおきな つぼみから

いつも美味しく食べているキャベツ。確かに つぼみ のようですね。「どんな バラが さくのか」と問われると、つい想像してみたくなります。黄色いバラが似合いそう。冷蔵庫から出して眺めてしまいました。今日はキャベツと豚肉の鍋にしよう。

楽しいという気持ち

「かいだん」

この うつくしい いすに
いつも 空気が
こしかけて います
そして たのしそうに
算数を
かんがえて います

普段はエスカレーターを使ってしまう ひだまりさん。でも家の近くの地下鉄駅での上り下りだけは、階段を使うようにしています。改札口から地下鉄乗り場までと、外に出る出口までの階段。結構あるのですが、それがいつからか私の決まり事になっていて。

まどさんの詩を読むと好きになってしまいそう。

「そして たのしそうに 算数を かんがえて います」この部分の「たのしそうに」がミソですね。階段を登るとき、1、2、3 ・・・と数えながら登っています。楽しくという発想は、今までなかったので新鮮でした。私も楽しく登ってみようかな。

言葉の宇宙

この本を読んで一番に感じたことは、言葉の持つイメージの広さです。

キャベツを蕾にたとえたり、椅子をキリンに見立てたり・・・。そして消しゴムから広がるイメージ。モノに対する愛情も伝わってきます。どんなことを想像するのかは人によって違いますね。そう考えると言葉がもつイメージは無限にあるのではないかと思います。

まるで広大な宇宙みたい。

同じことを三浦しをんさんの『舟を編む』を読んだ時にも感じました。そう感じられることを、これからも大切にしていきたいなと思います。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    とてもいいですね~、ここにあげられた詩。

    詩って、作者の感情が入りすぎていて、ちょっと苦手だったんですが、まど・みちおさんの詩は、柔らかで本当に、楽しい妄想を広げてくれます。
    この短さがいいですね。やっぱり。

    「オウム」と「キャベツ」は特に好き^^

    言葉の言い間違いを消してくれる消しゴム、欲しいです。

  2. ひだまりさん。 より:

    ありがとうございます(*^_^*)
    まどさんの詩、良いですよね~。
    あっさりしているけれど、そこからいくらでも想像できる。
    きっと、十人十色、その詩に抱くイメージは違うんだろうなと思います。

    「オウム」と「キャベツ」は、私も好きです。
    魅力的な消しゴムですよね。

    他にも好きだなと思うものが多く、全部紹介したいくらいでした。
    そのうちに、もう一冊読みたいなと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA