懐かしの教科書・古典

『スーホの白い馬』あらすじ&感想【教科書の名作】いつも一緒だよ。モンゴル民謡 「馬頭琴」 より

いつも一緒だよ・・・

教科書の名作『スーホの白いうま』です。
たぶん私の習った教科書には載ってなかったと思うのですが (忘れているだけかな) 読んでみてとても悲しくなりました。・・・けど、それと同時に温かな気持ちにもなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
スーホはどんな想いで琴を奏でたんだろう。

じんわりと切なさと温かさを感じます。

少しだけネタバレあります。

『スーホの白い馬』あらすじ

教科書の泣ける名作!!

『スーホの白いうま』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
モンゴルの草原で1頭の白い馬と出会った、羊飼いのスーホ。彼らはいつも一緒に過ごしました。ある時、王さまの競馬に参加して・・・。

『スーホの白い馬』元はモンゴル民話「馬頭琴」

お話の元になっているのはモンゴル民話「馬頭琴」(ばとうきん) です。

モリンホール (別名、馬頭琴) は モンゴルの代表的な弦楽器。先端が馬の形をした棹と、四角い共鳴箱、2本の弦からなっています。柔らかで奥行きのある音質、ノイズが特徴的で「草原のチェロ」とも呼ばれているのだとか。

バイオリンなどの音とはまた違うのですね。馬頭琴、初めて知りました。そのモンゴル民話を子供にもわかりやすく描いたのが『スーホのしろいうま』なんです。

『スーホの白い馬』感想

私が読んだのは「もう一度読みたい 教科書の泣ける名作 再び」という本に収められているものです。それだけ人の心に響くお話なんですよね。納得でした。

大人になった今よみたい物語

スーホの白い馬は最後に死んでしまいますが、スーホと一緒に過ごした時間はかけがえのないものでした。深く感動します。

小さい頃に読んでもたくさんの人たちの記憶に残っている物語なだけに、大人になってから読むのも悪くないですね。

いつも一緒

モンゴルの草原で出会ったスーホと白い馬。彼らはどんなときにも一緒でした。

人間と馬だけど彼らは心が通じあっていたんです。だから王さまが開いた競馬にも、1等になれたんですよね。でも結果的に、その競馬が運命の分かれ道になってしまいました。白い馬は王様に奪われてしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ひどい。この展開には胸が痛みました。

スーホと別れ別れになってしまった白い馬。必死で王さまの元から逃げてくるシーンは感動します。矢がささり瀕死になりながらもスーホの元に戻ってきたんです。

ひつじくん。
ひつじくん。
離れていても心は通っていたんだね。

・・・でも馬は死んでしまいます。せっかくスーホの元に帰ってきたのに。

スーホの想い

しろうまの願いを受け入れ、その亡骸で琴を作ったスーホ。彼はいつも琴を持ち歩いていました。

琴を奏でるスーホの気持ちを想像してみます。殺された悔しい思いはもちろんですが、それだけではないんだと思いました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
白い馬と一緒に過ごした楽しい時の方が、たくさんあったんじゃないかな。

しろうまの琴を奏でることで、その思い出がよみがえってくる。・・・じんわりと温かい気持ちになります。

心がこもった音は美しいものです。きっと様々な想いが琴の音に表れているから聞く人の心にも響くのでしょうね。そして しろうまがすぐ傍にいるから。彼らはこれからもずっと一緒。

『スーホの白い馬』は 心が温まる物語

悲しい物語だけど最後は心が温かくなりました。

白い馬は琴になっていつもスーホの傍にいます。そしてその音は人々の心に響く。

音楽というものは不思議なもので、聴いているだけで心が和んだりします。そんな音を白い馬と一緒に人々に届けられるのは、スーホにとっても安らぐことなのかもしれません。馬頭琴の音、聴いてみたくなりました。

こちらもオススメ

切ないけどほっこりする絵本。

『つみきのいえ』切なく心温まる絵本【あらすじと感想】思い出を探しに・・・絵本『つみきのいえ』あらすじと感想です。海の上の不思議な家、おじいさんの回想、お爺さんが住み続ける理由、アニメ版『つみきのいえ』について書いています。...
絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』安房直子 / 大人には行けない世界大人には行けない世界 絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』ちょっぴり切なくて素敵な絵本を読みました。ガラスのストーブが暖かそうで、...

他にもあります

教科書の名作
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA