切ない

『つみきのいえ』切なく心温まる絵本【あらすじと感想】思い出を探しに・・・

この記事に書かれていること
  • 絵本『つみきのいえ』あらすじと感想
  • 海の上の不思議な家
  • おじいさんの回想
  • 思い出がつまった家
  • アニメ『つみきのいえ』

うみのなかにわすれものをとりに。

La maison en petits cubes

『つみきのいえ』絵本
絵・加藤久仁生
文・平田研也

『つみきのいえ』は 2008年に発表された12分の短編アニメーションです。

私が目にしたのは絵本バージョン。ほのぼのとした絵が可愛く 切なさがこみ上げてきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
泣けます。

『つみきのいえ』あらすじ

きっと切なさに涙する。

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
水没しかけている街に、おじいさんは1人で住んでいました。ある日、彼は物を下に落としてしまい・・・。

評価を★でつけていたら 満点になりました! 感動もしたし、ほっこりもしたし、切なくもあり、おすすめの1冊です。

『つみきのいえ』感想

海の上に建つ不思議な家。お爺さんは たったひとりで住んでいました。なぜ今もそこに住み続けるの? 絵本を読みながら不思議に思いました。

海の上の不思議な家

おじいさんの家は海の上にあります。

水没しかけている街。淡く優しいタッチの絵ですが少しもの悲しさを感じます。他の住人は ほとんど出ていってしまったようですね。

積み木のように上へ上へと建てていく。想像すると、とても不便なんです。なぜおじいさんは、こうまでして住み続けるのでしょうか? しかも、ちっとも寂しそうではないんですよね。

おじいさんの回想

切なくて泣いてしまいました。

ある時、お爺さんは下の階に物を落としてしまいます。(映像ではお気に入りのパイプですが、絵本では大工道具になっていました) 潜水服を着て探しに行くのですが・・・。

落し物は3つ下の家にありました。その時にふと過去の出来事を思い出します。

お婆さんが亡くなった日のこと。

お爺さんはさらに下の階へと潜っていきます。最愛のおばあさんとの思い出がつまった家。下の階へ、下の階へ・・・。たくさんの出来事を回想します。

町でカーニバルがあったこと。子供たちが孫を連れて遊びに来たこと。お婆さんが美味しいパイを焼いたこと・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
過去を回想していく場面が切なく温かい気持ちになりました。

心の奥に仕舞われていたものが次々と溢れ出てきたんです。

家にはたくさんの思い出がつまっていますよね。たまに実家に帰るとホッとする自分がいて。そこには 私の部屋があり、小さい頃使っていた机があります。思い出とともに。

ひつじくん。
ひつじくん。
家だったり物だったり、きっとそれにも気持ちは宿るんだろうね。

懐かしさを感じました。おじいさんもそうなんじゃないかな。

思い出がつまった家

「つみきのいえ」には お爺さんとお婆さんの思い出がたくさんつまっていました。

悲しいことばかりではなくて、楽しかった出来事や嬉しかったこと。むしろそっちの方がたくさんあるのでしょうね。だからお爺さんはひとりでも楽しそうにしているんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
お爺さんがここに住み続ける理由が、わかるような気がします。

思い出とともに、おばあさんと一緒に生きている。過ぎ去った日を思いながら強く生きていこうとするお爺さんの生き方に勇気を貰えました。

心の中にはいつも最愛の人がいて。海の中に忘れ物をとりにいくように、ふとした瞬間に思い出す。

この家は不便かもしれないけど、おじいさんにとっては宝物。これからもずっと積み木の家で暮らしていくんだろうな。

アニメ『つみきのいえ』心に染みる12分間の映像

12分間のアニメーションは、絵本よりもさらに寂しさ倍増ですが心に染みます。

YouTubeでも見れてしまうんですよね。でも感動してDVDを買ってしまいました。

お爺さんの失った時間。もう決して戻ることのない日々の回想シーンは泣けます。その後に現実にお爺さんがひとり佇む姿が切ない。

セリフがなく映像とBGMだけで展開されるストーリーですが、主人公の気持ちや人生が十分に伝わってきました。鉛筆で描いたような絵のタッチは 力強さと儚さが感じられて好きです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
DVDには 長澤まさみさんのナレーションありとなしの映像が2つ収められています。

物語を深く理解するためにはナレーションありのタイプも良いと思いますが、映像だけのタイプの方がしっくりくるんですよね。余計な言葉はいらない。

最愛の人を亡くした方が見ると大泣きしてしまうかもしれません。とても素敵なアニメーションでした。

こちらもオススメ

大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
心に響いた絵本10選 / この1年で読んだ絵本より心に響いた絵本を10冊紹介しています。大切なことを教えてくれる本、切なくて泣ける、楽しくなる、想像で読む絵本です。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA