学び

『たいせつなこと』心に響く絵本のあらすじと感想 / それぞれの大切なこと

『たいせつなこと』絵本
The Important Book

マーガレット・ワイズ・ブラウン (作)
レナード・ワイスガード (絵)
内田 也哉子 (訳)

自分の周りに溢れているモノ。当たり前に存在しているから、そのありがたみをついつい忘れがちです。でもちゃんとそれぞれ役割があるんです。

『たいせつなこと』本の紹介

モノと向き合いたくなる絵本。

『たいせつなこと』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【内容紹介】
「大切なこと」 は何かを、教えてくれる絵本。

『たいせつなこと』感想

スプーン、花、雨、りんご、靴・・・・・。

絵本『たいせつなこと』は、そんなモノの役割や人との関わりについてわかりやすく語りかけています。その中から、私が好きだなと思ったものをレビューを交えて紹介したいと思います。

モノの存在意義

ページをめくると、「もの」ひとつひとつの役割が詩のように書かれています。その中に 「スプーン」 についての詩がありました。

スプーンは私たちが食べ物を食べるためにあるものです。上手に美味しく食べられる。

この詩面白いなと思うのは、「スプーンにとって」と、物を人間のように主人公として描いているところです。

物の立場になるとその存在意義が見えてきます。そしてありがたみがわかる。当たり前にそこにあるものだけど、ちゃんと人との関わりがあって。美味しく食べさせてくれて、ありがとうと言いたくなってきます。

いつもそこにある空

空について書かれた言葉が好きです。

私の部屋には座椅子があって (たいてい私はそこにいるのですが) 隣に窓があります。座椅子に寝っ転がってると気持ち良くて眠くなるんですよね。

昼にウトウトと眠ってしまって夕方に目が覚めた時、窓から見える空が綺麗でハッとする時があります。そのまま、しばらくボーッとしているのが心地よい。空って毎日違う表情をしていますよね。

いつもそこにあるということ。

ただそれだけのことなのですが、それがとても重要なことだと気づきます。見上げるだけで心穏やかでいられる。私にとってはとても大きな存在です。

大切なものと向き合う

自分の周りに溢れているものと向き合いたくなります。

私が寝っ転がっている座椅子。私の手に収まっているスマホ。癒しを与えてくれる紅茶そして感動をくれる本たち。( ←私はこれがないと生きていけません)

私の周りに存在しているものは、毎日私と何かしら関わっていて。そのおかげで豊かに生きていけます。大切に使おうと思いました。役割が終わって捨てる時も、ありがとうと言って捨ててあげよう。

あなたにとって 大切なこと

最初の方は、物や自然との関わりについての詩でした。それが絵本の最後のページには、グッとくる言葉が書かれています。それは、あなたにとってたいせつなことです。

・・・グッときました。私は私で良いんだと思う。シンプルだけど力強い言葉に自分の存在意義を感じました。

『たいせつなこと』は 子供にも大人にもオススメ

絵本の中から3つ素敵なことばを紹介しました。他にもいくつかの「たいせつなこと」が書かれています。グラス、ひなぎく、雨、草、雪、りんご・・・・・などなど。どれもシンプルで明確な言葉で描かれていて、心を打たれました。

昔より豊かになりモノがあふれている今。その生活に慣れてないがしろにしがちですが、改めて大切に使っていきたいなと思いました。子供にも大人にもオススメの絵本です。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    絵本って、文字で書いていない部分に、本当に大事なものが隠れていたりするのでしょうね。
    自分は自分でいい。
    人と比べてしまって、ついつい凹みがちな私ですが、何だか少し気が楽になりました。

  2. ひだまりさん。 より:

    ありがとうございます (*^_^*)
    絵本を読んでいると時々ドキッとすることがあって、大切なことに気付かされるんです。
    たぶん、少ない言葉からいろんなことを想像するからでしょうね。

    私も最後の「あなたが あなたで あること」に、ホッとする自分がいました。
    人は人、自分は自分・・・・・と、マイペースでありたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA