絵本・児童文学

『ぼくを探しに』(絵本) シルヴァスタイン【あらすじと感想】欠けたカケラ

この記事に書かれていること
  • シルヴァスタインの絵本『ぼくを探しに』あらすじと感想
  • 欠けているもの
  • 楽しい旅路
  • 理想と現実
  • もし丸かったら?
  • 完璧じゃないからこそ見えるもの

少しだけネタバレあります。

絵本『ぼくを探しに』―the missing piece―

シルヴァスタイン (作)
倉橋由美子 (訳)

自分には何かが足りない。

そう思ったこと ありませんか?
絵本『ぼくを探しに』は 自分に欠けたものを探しに旅に出るお話です。完璧じゃないからこそ分かる喜びがあることに気づきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
なかなか深い絵本です。

『ぼくを探しに』あらすじ

完璧じゃないからこそ幸せなときがある!!

あらすじ

主人公「ぼく」は、自分の欠けたカケラを探しに旅に出る。道中さまざまなものに出会う。・・・やがて 「ぼく」 は、欠片を見つけるが・・・。

『ぼくを探しに』感想

絵本を読んで思ったこと

「欠けたままでも良いんだ!」ということ。そして「欠けているからこそ楽しいこともある」ということ。

自分の欠点が欠点ではなくなるかもしれません。ほっこりすると同時に学べる本でした。

そういえば以前よんだ絵本、とねさんの『なんにもできなかったとり』でも似たようなことを思ったっけ。

『なんにもできなかったとり』(絵本) 刀根里衣【あらすじと感想】幸せを求めて刀根里衣さんの絵本『なんにもできなかったとり』あらすじと感想です。刀根さんの思い、不器用な鳥と私、チャレンジする気持ち、ほんとうの幸せ、自己犠牲の愛について書いています。...

何をやっても完璧にできない鳥のお話です。私も不器用なのでとても共感しました。

欠けているもの

単純でシンプルな絵にほっこりします。

イラストを見た時に、ゲームの「パックマン」を思い出しました。あの黄色いやつ。

迷路の中でお化けに追いかけられながらドットを食べるゲームです。昔よくやっていたので懐かしいです。

ゲームの話をしましたが、この絵本にはまったく関係がありません (笑) 。主人公の「ぼく」は 欠けたカケラを探しにいきます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本当はまんまるのはずの僕。だからパックマンのように欠けているんですね。

もしどこも欠けていなくて丸かったらスムーズにコロコロ転がっていけるのに・・・。僕は立ち止まりながらゆっくり転がっていきます。

楽しい旅路

旅の途中に様々なものと出会います。

みみず、お花、カブト虫、蝶々・・・。楽しそうな様子に私もほっこりしました。

絵本の割にけっこうな厚さなんです。でも書いてある文字数が少ないので すぐ読めてしまいました。可愛いイラストから楽しさが伝わってきて、この旅路の部分が1番好きです。

カブトムシを追い越したり追い越されたり。お花の甘い香りを嗅いだり。思わず微笑んでしまいました。丸くないから坂道とかを登ったり下ったりが大変そうです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
丸かったらこんなに苦労することなかったのかな?

理想と現実

不器用な私は つい夢をみてしまします。もし○○が完璧にできていたら・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
完璧な人ってそんなにいない。みんな理想と現実のギャップに悩みながら生きているんだよね。

欠けている何かを求めている。器用に理想どおりに何でもできたら素敵な毎日になる。少しでもそれに近づけるように努力することは もちろん大切なことです。

でも読み終わったときに気づいたことがありました。先程も書きましたが、欠けているからこそ楽しいこともあるということです。

もし丸かったら・・・?

「ぼく」は旅の終わりにカケラを見つけるんです。そしてまん丸になります。でも完璧になって初めて気づくことがありました。

気づいたこと
  • 速く転がることができたけど、スピードが出すぎてみみずとお話するために止まることができない。
  • お花の匂いをかぐこともできない。
  • 蝶々にとまってもらうこともできない。
  • 歌も上手く歌えなくなってしまった。

理想を求めて でも失ってしまったものは大きかったんです。

もし自分がこの本の主人公だったら、丸い僕と欠けている僕、どちらを選びますか?

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私だったら欠けたままでいる方を選ぶかも。

この本の主人公がどうするのか、それは書きません。ぜひ手に取ってみてください。

完璧じゃないからこそ見えるもの

きっと私は今幸せである。

理想とはぜんぜん違うけど、不器用な私だから感じることができる幸せってあると思うんです。それはほんの小さな小さな幸せなのかもしれません。

例えば
  • 人から言われる「ありがとう」のひとこと。
  • 平和な仕事場。
  • 健康でいられること。
  • のんびりとした休日を送れること。

何でもつつがなくこなせるようになれば良いなとも思いますが、もしかしたらそれによって自分の時間や余裕が無くなってしまうかもしれません。

頑張ることは大切ですが、完璧でない自分も認めてあげたいですね。

『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン【あらすじと感想】無償の愛を描いた絵本シルヴァスタインの絵本『おおきな木』あらすじと感想です。村上春樹さんの訳。変わらぬ愛、与え続ける木、無償の愛について書いています。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...