懐かしの教科書・古典

『おじさんのかさ』(絵本) 佐野洋子 / 雨が降ったらポンポロロン

雨の日が楽しくなる絵本。

佐野洋子さん絵本『おじさんのかさ』
昔読んだことがありました。懐かしくなって借りてきました。確か学校の教科書か何かに掲載されていたんだったかな?記憶は定かではありません。

少しだけネタバレあります。

『おじさんのかさ』あらすじ

雨が降ったら・・・。

『おじさんのかさ』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
おじさんは雨の日でも傘をさしませんでした。お気に入りの傘がぬれるのがイヤだったからです。そんな彼が雨の日に素敵なできごとに出会います。

『おじさんのかさ』感想

当時、この絵本のあるフレーズが私は大好きでした。そして今読んでもやはり好きだなと思いました。佐野洋子さんのイラストも可愛いですね。おじさんが主人公の絵本です。

いつもピカピカの傘

可愛いおじさんが好きになってしまいます。

おじさんには大切なものがありました。立派な傘です。黒くて細くてピカピカのつえのような・・・。彼は出掛ける時は、いつも傘と一緒です。とても気に入っているんですね。

でもこのおじさん、ちょっと変わっているんです。

雨が降っているのに傘をさしません。なぜかと言うと・・・大事なカサが濡れるから。

あらら。よっぽど大切なんですね。雨がやまない時は知らない人の傘にいれてもらい、大雨の時はどこにも出掛けないという徹底ぶりです。・・・カサはさしてなんぼのものなのに。

そんなおじさんが、ある時とうとう傘をさすんです。その理由が可愛くて微笑んでしまいました。

可愛いおじさん

おじさんが傘をさした理由は、子供たちの言葉を聞いたからです。

あめが ふったら ポンポロロン
あめが ふったら ピッチャンチャン

私が大好きなフレーズです。なんだか楽しくなってきますよね。そうそう、こんなフレーズだった!と小さい頃読んだ絵本に懐かしさを感じました。これを聞いたおじさんは、本当にこんな音がするのかどうかと傘をさします。

ここの部分が可愛い (*´`) おじさんなのに子供みたいで微笑ましくなります。傘もきっと喜んでいるはず。

そんな彼を見て、びっくりした奥さんが言った言葉も面白くて好きです。・・・それは書かないでおくことにします。

雨の日には耳を澄まして

雨の日は嫌いだけどこの本を読んだあとは、すぐにでもカサをさして音を確かめたい衝動に駆られます。

ポンポロロン、ピッチャンチャン。

お気に入りの傘で。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 雨降りさん より:

    こんにちは<(_ _)>
    私も大好きな1冊です。
    この本の影響で、雨が好きになり、名前も「雨降りさん」になりました(笑)
    今は熊本地方では降ってほしくないですが、穏やかな日ならば、わたしもおじさんのように傘を広げて、雨音にずっと耳をすませていたいです。
    ミステリーなどのレビューも楽しく読ませていただいてますが、ひだまりさん。の絵本のレビューは、私にとってはご褒美です、ごちそうです(笑)
    これからも時々も良いので、素敵な絵本の紹介、宜しくお願い致します!

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちは♪♪
    コメントありがとうございます☆

    雨降りさんも読んでいたんですね!
    しかも、この本の影響で「雨降りさん」になったとは(*^_^*)
    素敵な絵本ですよね。
    フレーズも心地良いし、好きになる気持ちがわかります。
    雨音、聞いてみたくなりました。
    地震で大変な被害が出ていますね。
    私に出来ることといえば募金くらいです。
    早く揺れが収まってくれると良いのですが・・・。

    絵本のレビュー、気に入ってくださって嬉しいです。
    ありがとうございます(*^_^*)
    私自身、絵本の感想を書くのがとても楽しいんです。
    優しい文章にふれると心が温まって。
    雨降りさんが紹介して下さる本も参考にさせて頂きますね(o^-^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA