ほっこり

『ぴっぽのたび』(絵本) 刀根里衣【あらすじと感想】かけがえのない友情

ぴっぽと一緒に夢の世界へ

刀根里衣さん『ぴっぽのたび』
本を開くとそこに広がっているのは夢の世界でした。赤、青、黄色・・・。たくさんの色使いがとても綺麗で楽しくなってきます。

『ぴっぽのたび』あらすじ

一緒に旅をしよう!

『ぴっぽのたび』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ぴっぽは、孤独なカエルでした。でも旅の途中でたくさんの素敵な夢と出会い・・・。

『ぴっぽのたび』感想

今日レビューとともに紹介するのは、刀根さんの絵本『ぴっぽのたび』です。小さなかえるのぴっぽ。一人ぼっちだった彼が出会ったのは、小さな羊でした。

悲しいことばかりで夢を見ることを忘れてしまっていた孤独なカエル。

彼の心がほぐれていくうちに私の心も穏やかになっていきました。寝る前に読んだこの絵本。今日はとても素敵な夢がみれそうです。

ひとりぼっちの ぴっぽ

ぴっぽは一人ぼっちでした。

そんな時、羊と出会います。ひつじさんがまた可愛い。ふわふわで綿あめみたいです。

夢の中を旅することができる、ひつじ。彼らは旅に出ます。

季節の旅へ

美しいポピーの花が咲く5月のゆめ。そして6月、7月へ・・・。2人は季節の移ろいとともに1年をかけめぐる。

私が好きなのは8月です。

海と夜空が一体になって溶けた深い青。クラゲが星と一緒に踊っています。

これはクラゲの夢の中?

とても綺麗な絵に見とれてしまいました。どの挿絵も素敵なんですよね。色とりどりで四季の素晴らしさを実感できます。

そして、ふわふわと温かな気持ちになりました。私も彼らと一緒に旅をしているかのような心地よさ。

大切な大切なともだち

この絵本を読んでいるととても心が温まります。どうしてかというと、ぴっぽも羊も楽しそうだから。気持ちって伝染するんでしょうね。

ぴっぽが寂しいときは私も寂しい。でも楽しいときは私も楽しい。

そして主人公が羊を大切に思う気持ちが伝わってきました。私の心にも温かな感情がわき上がってきます。大切な誰かと一緒に見る風景。一緒に過ごす日々は、かけがえのないものです。

きっと2人だからこんなに楽しくて幸せで。今まで一人ぼっちだった彼だからこそ、実感できる喜びなんじゃないかな。

2人は大切な大切なともだちです。

あなたの夢は?

12ヶ月を一気に旅する2人は、様々な動植物と出会います。彼らたちにはみんな夢がありました。ポピーの花も、クラゲも、トンボも・・・。

叶わないかもしれないけど、夢を抱くことって大切なのかなと思ってみたり。

あなたの夢は?刀根さんにそう問いかけられているようです。

・・・やっぱり今回も最後の絵が一番好きです。お互いがお互いを大切だと思った瞬間。もう、ぴっぽは一人ぼっちじゃない。そのイラストからかけがえのない友情を感じました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 雨降りさん より:

    こんにちは<(_ _)>
    私も、最後の絵が一番好きです☆
    人間は勝手だから「ひとりでも平気」って思う時ありますよね。
    でも、どんどん歩いていくぴっぽを見て、やっぱり一人は寂しいよなぁって心配でした。
    だから、最後の絵は嬉しかったしほっとしました(笑)
    ひだまりさん。のおっしゃるとおり、気持ちって伝染しますね。
    私ももう一度、『ぴっぽのたび』を読んで、良い夢を見たいと思います(笑)
    今回も素敵なレビューをありがとうございました!

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちは(*^^*)
    温かいコメントありがとうございます。
    私も最後の絵でホッとしました。
    はぐれちゃって、どうなることかと思いましたが良かったです。
    2人の友情を感じられるイラストに、ジーンとしますよね。
    とても素敵な絵本です。
    私もぴっぽと一緒に旅をした気分で、楽しみながら読んでいました。
    そして、今回もほっこりと癒されました(^^♪

    雨降りさんも素敵な夢が見れますように!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA