おすすめ小説・絵本集

【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!

大人におすすめの絵本

大人におすすめ絵本特集

学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作・・・などをピックアップしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私が読んだ中から厳選してご紹介します。
ひつじくん。
ひつじくん。
プレゼントにもおすすめだよ。

学べる絵本

まずは 学べる絵本を3冊ピックアップしました。

「ことばのかたち」 おーなり由子

もしも話すことばが目に見えたら?

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

もしも言葉にかたちがあったら、それはどんな形をしているのだろう。見えて嬉しいものと、見たくないものがありました。嬉しい言葉の形は見たいけど、人を傷つける形は見たくないです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
言葉のカタチを考えたくなる絵本でした。
『ことばのかたち』(絵本)おーなり由子/ことばの向こうの風景おーなり由子さんの絵本『ことばのかたち』あらすじと感想です。恋人がささやく愛のことば、誰かを傷つける針、ことばのむこうの風景について書いています。...

「たいせつなこと」

モノと向き合いたくなる絵本

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

自分の周りにあふれているモノ。それにはちゃんと役割があって私の生活を豊かにしてくれます。モノとの関わり、そしてヒトとの関わりを通して 「たいせつなこと」 が優しく描かれていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
シンプルな言葉だけに心に響きます。
『たいせつなこと』心に響く絵本のあらすじと感想 / それぞれの大切なこと絵本『たいせつなこと』紹介と感想です。モノの存在意義、スプーン、いつもそこにある空、あなたにとって大切なことについて書いています。大人にも子どもにもオススメの絵本。...

「星の王子さま」 サン=テグジュペリ

いちばん大切なこと

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

いちばん大切なことを教えてくれる絵本です。大人になるにつれて目に見えることが真実と思いがちですが、そうではないんですよね。忘れていた子ども心を思い出しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
また歳を重ねたときに、改めて読みなおしたいな。
『星の王子さま』サン=テグジュペリ【あらすじと感想】心の目で見る一輪の薔薇サン=テグジュペリ『星の王子さま』絵本のあらすじと感想です。大切なものと忘れかけていた子供心、大人になるということについて書いています。...

シルヴァスタインの絵本

シェル・シルヴァスタインの絵本がほっこりと深い!シンプルなイラストにシンプルな言葉。

心に刺さる絵本を2冊ご紹介します。

「おおきな木」

無償の愛に心が奪われる

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

いつまでも変わらぬ愛をそそぎ続ける木と身勝手な少年。無償の愛を描いた絵本です。少年に与える木の愛は、母が子どもに注ぐ愛情のようでした。原題は『The Giving Tree』。直訳すると 「与える木」 です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
シンプルな絵と文が心に響きます。
『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン【あらすじと感想】無償の愛を描いた絵本シルヴァスタインの絵本『おおきな木』あらすじと感想です。村上春樹さんの訳。変わらぬ愛、与え続ける木、無償の愛について書いています。...

「ぼくを探しに」

完璧じゃないからこそ 幸せなときがある!!

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

『ぼくを探しに』は 自分に欠けたものを探しに旅に出るお話です。完璧じゃないからこそ感じる喜びがあるということに気づきました。欠けたままでも良いんだと思うと、気が楽になりますね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
あるがままの自分を認めてあげたくなる絵本です。
『ぼくを探しに』(絵本) シルヴァスタイン【あらすじと感想】欠けたカケラシルヴァスタインの絵本『ぼくを探しに』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。欠けているものの大切さ、楽しい旅路、理想と現実、完璧じゃないからこそ見えるものについて書いています。学べる絵本でした。...

刀根里衣さんの絵本

思わず部屋に飾っておきたくなる素敵な本。刀根里衣さんの絵本を2冊ピックアップしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
刀根さんの絵本はどれも素晴らしいのでオススメです。

「ぴっぽのたび」

一緒に旅をしよう!

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

カエルのぴっぽとひつじが夢の中を旅するお話です。カラフルなイラストが素敵でした。ぴっぽもひつじも楽しそうで、読んでいる私まで楽しくなる絵本です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
刀根さんのイラストが好き。
『ぴっぽのたび』(絵本) 刀根里衣【あらすじと感想】かけがえのない友情刀根里衣さんの絵本『ぴっぽのたび』あらすじと感想です。ひとりぼっちのぴっぽひつじの出会い、季節の旅、大切なともだち、夢を見ることについて書いています。...

「なんにもできなかったとり」

自己犠牲の愛を描いた絵本

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

何をやってもうまくできない鳥を見ていると、自分を見ているようで切なくなりました。でも頑張っている姿はステキですね。ほんとうの幸せって何だろうと考えたくなる絵本です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
鳥が幸せになった最後の絵がとても好きです。
『なんにもできなかったとり』(絵本) 刀根里衣【あらすじと感想】幸せを求めて刀根里衣さんの絵本『なんにもできなかったとり』あらすじと感想です。刀根さんの思い、不器用な鳥と私、チャレンジする気持ち、ほんとうの幸せ、自己犠牲の愛について書いています。...

刀根里衣の絵本をもっと見る

幸せな気分になれる癒しの絵本

ほっこり幸せな気分を味わえる絵本。佐野洋子さんとレオ=レオニの絵本、楽しい写真集をご紹介します。

「100万回生きたねこ」 佐野洋子

100万回死んで、100万回生きた猫

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

言わずと知れた名作。じんわりと心が温まる絵本です。自分しか愛せなかった猫が初めて他者を愛することを知ったとき、生きるのをやめました。猫の気持ちを考えたくなります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
きっと愛を知れて幸せだったよね。
『100万回生きたねこ』(絵本) 佐野洋子【あらすじと感想】生きるのをやめた理由佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』あらすじと感想です。猫が生きるのをやめた理由についても書いています。...

「じぶんだけのいろ」 レオ=レオニ×谷川俊太郎

自分の色がほしいカメレオンの話

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

自分の色を持てないカメレオン。保護色に染まるカメレオンのイラストが可愛くてほっこりしました。レオ=レオニのイラストです。絵本を読みながら 私の個性って何だろうと考えてしまいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
自分の個性、大切にしたいです。
『じぶんだけの いろ』レオ=レオニ×谷川俊太郎【あらすじと感想】鮮やかな絵本の世界レオ=レオニの絵本『じぶんだけの いろ』あらすじと感想です。谷川俊太郎さん訳。あざやかな色彩の世界、自分の色がほしいカメレオンについて書いています。...

「もしも せかいが たべもので できていたら」 カール・ワーナー

もしも世界が食べ物でできていたら・・・

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

チョコレートの汽車に、かぼちゃの家、ブロッコリーの森。本を開くと夢の世界が広がっていました。食べ物で作った風景です。カール・ワーナーの絵本 (写真集) 。ヘンゼルとグレーテルを連想しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
かぼちゃの家が気になる!
『もしも せかいが たべもので できていたら』カール・ワーナー/夢の絵本カール・ワーナー『もしも せかいが たべもので できていたら』あらすじと感想です。パプリカが可愛い砂漠、哀愁ただようカボチャの家、不思議な風景写真について書いています。...

クリスマスに読みたい絵本

クリスマスシーズンに読みたいサンタクロースの絵本を2冊ご紹介します。

「サンタクロースっているんでしょうか?」

実話を元にした絵本

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

サンタクロースは存在するかしないか。その質問に答えてくれるのがこの絵本です。大人になってなんでも知っているような気になっているけれど、本当は何も知らないんだということに気づきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
素朴な質問に優しく答えてくれる1冊。
『サンタクロースっているんでしょうか?』あらすじと感想 / 語り継がれる絵本絵本『サンタクロースっているんでしょうか?』あらすじと感想です。サン新聞社に届いた一通の手紙、サンタさんは存在する!目に見えないものについて書いています。...

「サンタのおばさん」 東野圭吾

ほっこりと癒される絵本

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

知る人ぞ知る 東野圭吾さんの絵本です。アメリカ・サンタの後任に立候補したのは前代未聞の女性のサンタでした。サンタクロース会議は大騒ぎ。子供への愛情を感じられる絵本でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
女性サンタ、いてもいいと思うよ。
『サンタのおばさん』東野圭吾【あらすじと感想】ほっこりと愛情に溢れた絵本東野圭吾さんの絵本『サンタのおばさん』あらすじと感想です。ほっこりと癒されました。大人にオススメの絵本です。女性サンタと反対派の意見についても書いています。...

東野圭吾の小説を見る

他にもあります

クリスマスに読みたい絵本&小説

切なくて泣ける絵本

じわりと切なくて泣ける絵本です。かなり良かったので、ぜひ手に取ってほしい2冊。

「つみきのいえ」

きっと切なさに涙する

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

12分の短編アニメーションの絵本版『つみきのいえ』です。お爺さんとお婆さんの思い出がたくさんつまっている家。切なくてとめどなく涙が溢れました。でも最後は温かな気持ちになります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『つみきのいえ』はアニメーションもおすすめです。
『つみきのいえ』切なく心温まる絵本【あらすじと感想】思い出を探しに・・・絵本『つみきのいえ』あらすじと感想です。海の上の不思議な家、おじいさんの回想、お爺さんが住み続ける理由、アニメ版『つみきのいえ』について書いています。...

「緑色のうさぎの話」 道尾秀介

切なく心温まる絵本

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

直木賞作家・道尾秀介さんの絵本です。1匹だけ違う色のうさぎの話。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。ずっとそのままでいたいのに叶わないんですね。過ぎゆく「時の儚さ」を感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
道尾さんが17歳の時に書いた絵本です。
絵本『緑色のうさぎの話』道尾秀介【あらすじと感想】それでも生きてゆく道尾秀介さんの絵本『緑色のうさぎの話』あらすじと感想です。仲間はずれにされた緑色のうさぎのお話でした。大事なのは言葉にすること、読んだ後に残る切なさについて書いています。...

道尾秀介の小説を見る

アートな絵本

もはや芸術。アートを感じる絵本2冊です。

「アライバル」 ショーン・タン

想像で読む絵本

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

1文字もない絵本。でもストーリーが次々と頭の中をかけめぐりました。絵自体は色がなくモノトーンですが温かさを感じます。言葉がない分、とらわれずに自由に読むことができました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とても心に染みる絵本。
『アライバル』ショーン・タン【感想】文字のない絵本 / 想像の世界へ・・・ショーン・タン『アライバル』感想です。1文字もない想像で読む絵本。新天地を求めて旅に出た男、ファンタジックな世界観、絵本のテーマ 「移民」、新たな出会いについて書いています。...

「銀河鉄道の夜」 宮沢賢治×藤城清治

光と影の幻想的な世界