学び

『ことばのかたち』(絵本)おーなり由子/ことばの向こうの風景

その言葉はどんなカタチ?

おーなり由子さん『ことばのかたち』
今日レビューとともに紹介するのは、おーなり由子さんの絵本『ことばのかたち』です。最近読んだ『図書館の魔女』の影響で、ことばについて興味を覚えて・・・。この絵本を見たときにピンときちゃいました。

『ことばのかたち』あらすじ

もしも話すことばが目に見えたら?

『ことばのかたち』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
もしも、ことばが見えたら? それはどんなカタチをしているのだろう。

『ことばのかたち』感想

言葉によって救われることがあります。そういう時って、形はないけれどそのむこうにある気持ちを敏感に感じ取っているんでしょうね。色鮮やかな絵と詩のような文章。素敵な本を読みました。

もしも、目に見えたら

もしも言葉にかたちがあったら、それはどんな形をしているのだろう。

言葉の向こう側にある気持ちを読みとれたら楽なのかもしれません。自分の心をちゃんと伝えたいのに 言葉にするとなんか違う。・・・もどかしい気持ちになることがあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「言葉は、たっぷりとある心の、ほんのちょびっと」なんですね。

そのむこうには言い表せない心がたくさんあるかもしれません。そんな時、この絵本で描かれているように言葉に形があったら・・・。目で見ることができたら、その何倍も伝えるのが楽になるんだろうな。

恋人がささやく 愛のことば

本書を読んで素敵だなと思ったところと、ちょっぴり怖いなと思ったところがあります。

素敵なところ

恋人がささやく愛のことば。もしも、かたちがあるのなら見てみたい。

花束やくだものだったら、心がとても満たされそうです。つなぎとめる金色の鍵、こちらは少し不安な気持ちも混じっているのかな? 想像が広がります。

誰かを傷つける針

怖いところ

誰かを傷つけることばが針の形をしていたら? その針が口から発射されて、相手に刺さるのがみえたとしたら・・・?

ひつじくん。
ひつじくん。
これは見たくないね。

「ことばの使い方は 変わるだろうか」という文章にドキッとしました。知らず知らずのうちに相手を傷つけたりすることもあるから。そんな時は、私の言葉も針のように相手に刺さっているのかなと思うとちょっぴり怖くなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
針、飛ばさないように気をつけよう。

ことばのむこうの風景

見えて嬉しい形と、見たくない形

ことばのむこうの風景にはその両方があるんだなと気づきました。

はっきりと見えないから救われることもあります。嬉しい言葉の形は見たいけど、針の形が見えてしまうと立ち直れないかもしれません・・・。言葉って曖昧な部分があるから相手も自分も傷つかずにすむのかな。想像が広がる面白い絵本でした。

こちらもオススメ

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA