おすすめ本特集

元気が出る、気持ちが明るくなる小説おすすめ|スカッと爽快!落ち込んだときに読みたい本

元気が出る&気持ちが明るくなる小説

スカッと爽快!落ち込んだときに読みたい本

本を読むだけでスカッと爽快!元気いっぱい!明るい気持ちになれる小説を厳選しました。どれも読みやすい本ばかりです。

  • スカッと爽快な本
  • 元気になれる本
  • 笑えて気持ちが明るくなる本
ひだまりさん。
ひだまりさん。
明日も頑張ろう!と勇気をもらえたよ。

イヤなことがあって落ち込んだとき、元気になりたいときにオススメです。

スカッと爽快!気分が晴れる小説

スカッと爽快

まずは、結末がスカッと爽快な小説を紹介。読後感が良くて読み応えもあるものばかりです。

『下町ロケット』池井戸潤

夢とプライドを賭けた戦い!

あらすじ

主人公・佃航平が経営する佃製作所は、倒産の危機に立たされていた。身に覚えはないが、特許侵害の疑いで訴えられたのだ・・・。

働くこと、夢、仲間。たくさんの想いがあふれていて胸が熱くなりました。仕事は、決してお金だけのためじゃない!ということを実感した小説です。・・・夢って大切。今働いている人にも、これから社会に出る人にも読んでもらいたい1冊。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストはスカッと爽快!!

『アキラとあきら』池井戸潤

試練を乗り越えろ!

あらすじ

山崎瑛と階堂彬。名前は同じだが、生まれも育ちも違うアキラ。彼らは様々な試練に立ち向かうが・・・。

池井戸潤さん『アキラとあきら』。池井戸さんの本は、働くことで得られる熱い気持ちを一緒に感じられます。イヤな登場人物も出てきますが、読み終わったときの満足感が半端なく良い。読後感が良いんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ボリュームたっぷりで面白かった。

『カラスの親指』道尾秀介

驚愕の逆転劇!!

あらすじ

詐欺を生業として生きる中年男2人組。ある日、彼らの生活に1人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?

『カラスの親指』は詐欺師のお話です。悪いことをしているのに、登場人物に魅力を感じてしまうのが道尾小説の良いところ。二重、三重のペテンが描かれていて、騙され感が半端ないけど結末は感動します。そして爽快でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
続編に『カエルの小指』もあるよ。2冊ともタイトルの意味にも注目してみてね。

『太陽は動かない』吉田修一

ドキドキの産業スパイ小説

あらすじ

新油田開発利権争いの渦中で射殺事件がおきた。AN通信の鷹野一彦は、部下の田岡と共に背後関係を探っていた。ウイグルの反政府組織による爆破計画の噂もあるなか、田岡が何者かに拉致された・・・。陰で糸引く黒幕の正体は?

『太陽は動かない』は 産業スパイ小説。ハードボイルドな展開でスピード感がありました。敵に捕まって助け出したりと、ドキドキが止まりません。ほどよいミステリー感もあり、スリル満点で爽快。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは、映画向きな小説だ。

『引き抜き屋 鹿子小穂の冒険』雫井脩介

新米ヘッドハンター・鹿子早穂

あらすじ

父の会社・アウトドア用品メーカーに勤める鹿子小穂は 若くして本部長、取締役となった。しかし 大槻と意見が合わず、会社を追い出されてしまう。ヘッドハンティング会社の経営者・並木の元で、新米ヘッドハンターとして働き始めるが・・・。

『引き抜き屋 鹿子小穂の冒険』は、ヘッドハンターのお話です。駆け引きや騙し合いなどもありますが、ユーモアたっぷりに描かれていました。小穂の頑張る姿をみていると、応援したくなるんです。後味が良くて読みやすい小説でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
新しい道がひらけて、頑張るぞ!という気になれる。

元気になれる・ほっこり心も温まる小説

ほっこり心が温まる

続きまして、元気をもらえる小説です。読みやすくて心も温まるので、落ち込んだときにおすすめ。

『東京すみっこごはん』成田名璃子

食べる・・・って大切!

あらすじ

東京にある古ぼけたご飯屋さん。そこは、様々な人が集まる 「共同の台所」 だった。美味しいご飯に、心も体も元気になる1冊。

シリーズ化されている『東京すみっこごはん』。物語に出てくるご飯が美味しそうなんですよね。すべての料理に愛情が詰まっていて優しさに泣きました。明日の自分は今日の自分よりマシなんじゃないかと、前向きになれます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
手作りご飯を通して、愛情を実感できたよ。

『ランチのアッコちゃん』柚木麻子

楽しいランチの時間。

あらすじ

屈託を抱えるOLの三智子。彼女のランチタイムは一週間、有能な上司「アッコ女史」の指令のもとに置かれた。大手町までジョギングで行き、移動販売車の弁当を買ったり、美味しいカレー屋を急遽手伝うことになったり。そのうち、なんだか元気が湧いている自分に気付いて……。

短編集『ランチのアッコちゃん』は読み終わったあとに元気になれる、ほっこりと優しい物語。どのお話も自分に自信が持てなかったりして、しょげてる人がでてきます。最後は食べることを通じて前向きに生きていく。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
食べることって大切。誰かと一緒に食べるご飯は美味しいよね。

『映画 ドラえもん のび太の月面探査記』辻村深月

月世界での大冒険!!

あらすじ

月にはうさぎがいる!と信じているのび太は、みんなから笑われてしまう。見かねたドラえもんは〈異説クラブメンバーズバッジ〉を使って、のび太と月の裏側にウサギ王国を作ることに・・・。

映画の脚本を手掛けた辻村深月さんが書いた小説版です。ドラえもんのひみつ道具がたくさんでてきてワクワクしました。辻村さんのドラえもん愛がたっぷり詰まった1冊。友情や愛情が実感できて、誰かのために頑張ろうと思えます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ほっこりと癒やされた。

『宇宙百貨活劇 ペンシルロケット・オペラ』長野まゆみ

不思議で幻想的な世界。

あらすじ

双子のミケシュとロビンが織り成す、愛おしく美しい物語。ファンタジックな短編集。

双子 (ツイン) を主人公とした短編集。どちらが兄で、どちらが弟か?・・・ということで揉める彼らが微笑ましくて癒やされました。長野さんの文章に美しさも感じて、ほっこりと元気になれる1冊です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
幻想的な物語だった。

『きまぐれロボット』星新一

ユーモア溢れるショートショート

あらすじ

裕福なエヌ氏は 便利なロボットを連れて別荘にでかけた。でもそのうちロボットは おかしな行動をし始めて・・・。

星新一さんのショートショートは、夢と優しさがつまっていました。宇宙と未来を想像できるお話は、読んでいるだけでも楽しくて元気になれます。オチが面白くて上手いなぁ・・・と思いました。スキマ時間にもおすすめ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
発想が素晴らしいんだよね。

笑えて明るく楽しい気持ちになる小説

明るく楽しい気持ち

最後に、笑えて楽しい気持ちになれる小説を厳選しました。ちょっぴり可笑しくて、ユーモアたっぷりの本。登場人物に愛着がわきます。

『きんぴか 三人の悪党』浅田次郎

世の中の悪党をこらしめる!?

あらすじ

殺人罪で服役をした元ヤクザに、我を通すために自殺未遂をした元自衛官、収賄罪で逮捕された元国会議員の秘書。彼ら3人が悪をこらしめる!?

一癖も二癖もある悪党 (?) 3人組が世の中の悪をこらしめるストーリーです。登場人物が面白くて、笑いながら読んでいました。保身などは一切考えずに、自分が良かれと思った通りに生きる3人を見ていると元気になれる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私も彼らのように自由に生きたい。

『命売ります』三島由紀夫

ユーモアあり、驚きあり!?

あらすじ

「命売ります」 新聞の広告を見た人たちが、羽仁男の元を訪れる。彼らは羽仁男の命を買おうとするのだが・・・。三島の皮肉とユーモア溢れた物語。

意外と読みやすかった三島由紀夫さんの小説。彼が描く死生観と皮肉が面白かったです。主人公の羽仁男に愛着がわいて、クスッと笑ってしまう。人生は終わりがあるから輝かしい・・・とよく言いますが、全くその通りだと感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
終わりを考えたとき、生きていることが幸せに思えるんだよね。

『バイバイ、ブラックバード』伊坂幸太郎

ユーモアたっぷりのサヨナラ・ストーリー

あらすじ

主人公・星野一彦が5人の恋人たちに別れを告げるバイバイ・ストーリー。監視役の繭美と共に「大切な人にさよならを告げる」日々がスタートするが・・・。

5股をかけていた主人公が ひとりひとりにサヨナラを言っていく物語。伊坂さんのユーモアたっぷりで、面白かったです。キャラが良くて元気をもらえました。ラストは想像が膨らみます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ジャンボラーメンの下りが好き。

『怪笑小説』東野圭吾

クスッと笑える短編集

あらすじ

東野圭吾が贈る、ブラック・ユーモアな9編の短編集。

東野圭吾さんのブラック・ユーモアな短編集です。『超たぬき理論』と『あるジーサンに線香を』が面白くて好きでした。作者の手腕と発想力、頭の良さを感じた作品。これは面白い!!

ひだまりさん。
ひだまりさん。
クスッと笑えるんだ。

『恋のゴンドラ』東野圭吾

東野圭吾が描く恋愛ミステリー!!

あらすじ

合コンで知り合った桃美とスノボ旅行を楽しむ広太。ところが ゴンドラに同乗してきた女性グループの1人は、なんと同棲中の婚約者だった・・・。この恋は天国か地獄か?真冬のゲレンデで繰り広げられる男女8人の運命は?

コメディタッチで描かれていて、途中でクスっと笑っちゃう連作短編集。えー、こんな展開になっちゃう!?・・・と良い意味で裏切られました。東野圭吾さんは、物語のつなげ方が上手いんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白くて一気に読んだよ。

落ち込んだときに読みたい本一覧

元気が出て気持ちが明るくなる小説でした。落ち込んだときにもオススメです。

紹介した本
  • 『下町ロケット』
  • 『アキラとあきら』
  • 『カラスの親指』
  • 『太陽は動かない』
  • 『引き抜き屋 鹿子小穂の冒険』
  • 『東京すみっこごはん』
  • 『ランチのアッコちゃん』
  • 『映画 ドラえもん のび太の月面探査記』
  • 『宇宙百貨活劇 ペンシルロケット・オペラ』
  • 『きまぐれロボット』
  • 『きんぴか 三人の悪党』
  • 『命売ります』
  • 『バイバイ、ブラックバード』
  • 『怪笑小説』
  • 『恋のゴンドラ』

無料で本を聴いちゃお

Audible

読むのが疲れたら、本を聴くAudible(オーディブル)がおすすめです。Audibleは、Amazonが運営するオーディオブック。「読む」のも良いけど「聴く」読書も良い感じなんです♪

  • プロの朗読だから聴きやすい(サンプルも聴ける)
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)
  • 毎月1冊好きな本+月替りのボーナスタイトル→合計2冊聴ける
  • 購入した本は、Audible退会後も聴ける

特典を詳しくみる

Audible公式サイト

ひだまりさん。
ひだまりさん。
専用のアプリ、またはAmazon Echo(アレクサ)でも聴けるよ。
Audible
本を聴くAudible(オーディブル)メリット・デメリット|ボイスブックの特典と魅力ボイス(オーディオ)ブック本を聴くAudible会員特典、メリットとデメリット、休会、便利な使い方について書いています。...